こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

訂正印の押し方

訂正印の押し方についてお聞きしたいのですが、
二重線で消して、その上に重ねて押すものなのでしょうか?
訂正前の文字が見づらくなるので、右横に押すというような
ことも聞いたことがあるのですが、どちらが正しいのでしょうか?

投稿日時 - 2006-09-10 07:35:10

QNo.2396236

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#3です。
口座開設書類は、多分、そこまで配慮しなくてもいいと思いますよ。
要は、受入側(銀行)の判断の問題です。

投稿日時 - 2006-09-10 09:05:05

お礼

ありがとうこざいます。

投稿日時 - 2006-09-11 00:37:10

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

60人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

正式には、間違った文字を二重線で消します。
そしてそのページの上段の空白に印を押して、○字削除、○字加入(加筆)と書き入れます。

それが正しい修正の方法です。
そうすれば訂正文字も見づらくありません。
正式文書はそのようにしないと認めてもらえない場合があります。

投稿日時 - 2006-09-10 08:18:43

お礼

ありがとうございます。正式文書とは公的なものことですよね?
例えば何か銀行などの口座開設書類でもそうするものなのでしょうか?

投稿日時 - 2006-09-10 08:49:51

ANo.2

>二重線で消して、その上に重ねて押すものなのでしょうか?

そうですよ。間違った文字の上に重ねて押してください。スペースがあればその上に文字訂正すればいいです。なければ間違った文字の横に正しい文字を書いてください。

投稿日時 - 2006-09-10 07:46:20

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-09-10 08:51:51

ANo.1

どんな場合での訂正印でしょうか?
公文書関係では二重線で消して、欄外に「何字訂正」押印・・・と言う場合もありますが。

簿記関係一般の場合は、元の字(数字)が見えなくても良いので、その上に重ねて押す場合が多いです。(訂正前の文字が見づらくなっても良い場合)

投稿日時 - 2006-09-10 07:43:06

お礼

ありがとうございます。証券会社に提出する口座廃止書です。書類によって違ってくるものなのでしょうか。

投稿日時 - 2006-09-10 08:42:25

あなたにオススメの質問