こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ゼロ円の請求書やマイナス金額の請求書

私の勤務する会社は立替金や未収入金の勘定がたつと、
翌日に自動的に請求書が発行されます。
通常なら全く問題がないのですが、
システム上例えば仕訳の誤りを取り消すための逆仕訳を入れた場合(貸方に立替金等が来た場合)
マイナス金額の請求書が発行されたり、プラスの金額と相殺されて結果的にゼロ金額の請求書が発行される場合があります。
会社としては、ゼロ円の請求書やマイナス金額の請求書はおかしいということで社内で破棄してしまうのですが、
時折先方から『ゼロ円の請求書を発行してほしい』とか
『マイナス金額の請求書を発行してほしい』と言われることがあります。
ゼロ円請求書やマイナス金額請求書を発行するかどうかというのは、会社のポリシー次第なのでしょうか?
それともやはり会計の目線(考え方)からするとおかしいもので、発行すべきものではないのでしょうか?
今までは上司から発行するな!と言われていたのですが、要求してくる会社もあるのでどうなのかなと思ってしまいました。
アドバイスお願いいたします。

投稿日時 - 2006-09-11 22:53:31

QNo.2400243

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

#1さんの常識が全てではないと思います。

マイナスの請求書はあまり正しい運用とも思えません。
(うちの会社では発行しますけど)

どちらかといえば、マイナスの請求書を発行する必要が
あるなら、相手に請求書をきってもらったほうが
合理的です。

また、マイナスの請求書や0円の請求書をどうしても
発行するように依頼があったら、「規定外なので
着払いでおくることになりますがよろしいですか?」
と伝えると、たいてい「ならいらない」となるとおもいます。

投稿日時 - 2006-09-11 23:48:52

お礼

アドバイスどうもありがとうございます!
yambejpさんの会社はマイナスの請求書を発行されることがあるのですね。

>相手に請求書をきってもらったほうが合理的です。
おっしゃるとおりだと思います。

>「規定外なので着払いでおくることになりますがよろしいですか?」
そういう切り替えしも手ですね(笑)

とても参考になりました、
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2006-09-13 04:17:17

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

単純に請求書という言葉だけでは、0円やマイナスの金額では、請求していないのですから発行するのがおかしいとも思えます。
しかしながら、その月になんかしらの取引が発生していて、取引先の勘定が変化しているのであれば、請求明細の中身は0では無いので、取引先との残高の突合せのためにも請求明細の送付は必要です。
もし、請求書の発行が社内で禁止されているのであれば、請求書の文字を取り消し線で消して、残高報告書などと直して送付するべきでしょう。
そうでないと取引先は前渡金などの現在の残高が照合できなくなってしまいます。

投稿日時 - 2006-09-12 10:48:45

お礼

ご回答ありがとうございます!

>請求していないのですから発行するのがおかしいとも思えます。
私の上司もそう申しておりましたし、私もその考え方には納得です。
今お礼を書いていて思ったのですが、逆にほしいという会社さんはどのような処理をするんでしょうかね・・・(汗)
あっ、請求明細はもちろん証憑として送付させて頂いています。

>残高報告書などと直して送付するべきでしょう。
なるほど、大変参考になります。

勉強になりましたし、もう一度考え直してみる良いきっかけになりました。
どうもありがとうございました!!

投稿日時 - 2006-09-13 04:40:16

ANo.3

>立替金や未収入金の勘定がたつと、翌日に自動的に請求書が発行…

いつでも取引がある度に請求書が発行され、しかもその都度送付しているのですか。
一般的な商慣習としては、継続して取引がある相手には、1ヶ月分をまとめてから請求書を発行します。
たとえ仕訳の誤りや返品があったとしても、1ヶ月というスパンで見れば、請求額がゼロやマイナスになる頻度はぐっと小さくなります。

>時折先方から『ゼロ円の請求書を発行してほしい』とか…

先方にしてみれば、買掛金等が貯まるばかりで支払額との差が広まるだけになります。
買掛金を適正な額に修正するためにも、ゼロ円やマイナスの請求書が必要なことはいうまでもありません。

>会社としては、ゼロ円の請求書やマイナス金額の請求書はおかしいと…

あなたの会社としても、売掛金と入金額とが合わなくなりますけど。

>会計の目線(考え方)からするとおかしいもので、発行すべきものではないの…

会計法としておかしいのはあなたの会社のほうです。

投稿日時 - 2006-09-12 08:06:59

お礼

ご意見ありがとうございます。

>会計法としておかしいのはあなたの会社のほうです。
私の会社は一部上場なので、会計士監査等も入っていますしそんなにおかしなことをしているとは思っていなかったのですが・・・私の勉強不足かもしれません。
会計士の先生にも機会があれば確認をしてみようと思います。

投稿日時 - 2006-09-13 04:26:25

ANo.1

継続してお取引のある会社なら普通送付しますよ

あなたの会社が普通じゃないと思います。

投稿日時 - 2006-09-11 23:13:53

お礼

ご意見ありがとうございます。
私の会社は一部上場なので、会計士監査等も入っていますしそんなにおかしなことをしているとは思っていなかったのですが・・・私の勉強不足かもしれません。
会計士の先生にも機会があれば確認をしてみようと思います。

投稿日時 - 2006-09-13 04:10:52

あなたにオススメの質問