こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

副業の確定申告の必要経費について

全くの素人なので、どなたか教えてください。

昨年より、カウンセラーとセラピストの勉強をはじめ、今年から副業として仕事をしております。本業は、OLで、平日夜や土日に副業の仕事をしております。

順調に顧客が増え、また、自ら企画したセミナーなどもおこない、今年の副業での収入は、100万を超えそうです。
その分の確定申告なのですが、収入―必要経費が20万を超えた場合に必要と確認しました。
質問は以下の項目です。
白色申告で確定申告する場合・・

(1)カウンセリングやセラピーの勉強のために参加したセミナーや講座は、必要経費になりますか?また、経費で計上できる場合、そのための交通費や宿泊費等も含まれますか?
(2)副業は家で電話や対面が主なのですが、その場合、家賃収入や、水光熱費は、何%くらい必要経費として計上できますか?
(3)コーチを雇っているのですが、その分も必要経費になりますか?

素人で申し訳ありません。HPや本などをいくつか調べたのですが、いまいちよくわかりませんでした。どなたか教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2006-09-15 11:13:40

QNo.2407870

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

総て必要経費として申告します.家は事務所として使っている部分が1/6とすればこの按分で,電気代,ガス代水道代,税金などを算出します.所得を得るために使ったもの9総てです.携帯電話も必要品ですね.電話は折半なりします.自動車に関連するものも総てです.交通費は全部記録しておきます.火災保険,税金等々も按分します.
税務署の申告用紙を利用すれば,自動計算してくれます.

http://www.nta.go.jp/

http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm

投稿日時 - 2006-09-15 20:25:55

ANo.1

>(1) カウンセリングやセラピーの勉強のために参加した…

原則として経費になりますが、一般教養と専門教育との線引きがむつかしいですね。
その講座を受講する人が全員プロを目指すようなものであればだいじょうぶですが、趣味の範疇で参加する人もいるような講座なら無理かと思います。
いずれにせよ、白色申告ではあまり期待しない方が無難です。

>(2) 副業は家で電話や対面が主なのですが、その場合、家賃収入…

家賃収入が経費とは、ちょっと意味が分かりません。
支払った家賃なら、合理的な方法で按分すれば、経費となります。
仕事用の部屋面積を全床面積で割り、さらに仕事の時間なども加味します。

>水光熱費は、何%くらい必要経費として計上…

何%と決められるのではありません。実際に使った分だけです。
使用量を正確に把握するのは困難ですから、第三者が聞いても納得するような按分率を自分で決めましょう。
ただ、これも青色でないと否認されるかも。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2210.htm

>(3) コーチを雇っているのですが、その分も…

これはだいじょうぶです。
ただ、給与として支払っているなら、給与支払者としての届けを出し、源泉徴収なども行っていますか。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2502.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2792.htm
また、他人を雇うほどなら個人事業主としての開業届などは出してありますか。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2090.htm

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

投稿日時 - 2006-09-15 17:38:53

あなたにオススメの質問