こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

AFPについて

2級FP技能士の資格を取得し、AFP認定を受けたとします。
AFP認定は2年ごとに更新が必要となり、そのためには15単位必要です。
更新をしなかった場合について
1、2級FP技能士の合格も取り消されるのでしょうか?
2、それとも、もう一度定められた教育機関でAFPの講義を受ければ  AFPに認定されるのでしょうか?

どなたか回答お願いします

投稿日時 - 2006-09-18 09:27:15

QNo.2414257

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

AFPになるメリットは
1.箔がつく(最近ではさほどでもないですが)
2.継続的に教育を受けるので、最新動向についていける(受験したときから社会状況はどんどん変わっていくので、結構重要)
3.提案書を作成する技能がつく
4.会員向けイベントに参加できる(トップレベルの専門家の話を聞ける、最新情報に触れられる、FP同士が親睦・交流を深める絶好の機会になる)
思いつくままに書いてみましたが…

投稿日時 - 2006-09-21 18:51:59

お礼

AFPは単にFPとしての知識習得だけではなく、実務的な能力を作り上げるのに役立つとともに、継続的に単位をとらなければならないので最新の経済動向や知識を更新していくことに役立つのですね
お話を聞くと、AFPとなっても損はなさそうですし、とっておいた方が良いような気もします

回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2006-09-22 06:43:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

「AFP資格を取ろうとする者は、2級FP技能士の資格を取ってから、何ヶ月以内に単位を取得しなければならない」ということはないようですが、AFP認定研修の修了には、
 (1) FP基礎
 (2) 金融資産運用設計
 (3) 不動産運用設計
 (4) ライフプランニング・リタイアメントプランニング
 (5) リスクと保険
 (6) タックスプランニング
 (7) 相続・事業承継設計
 (8) 提案書の作成
8課目(68単位以上)履修し、提案書を提出し、一定水準以上の得点を得なければならないので、あんまり間を置くと、忘れてしまいますよ。

ちなみに「AFP」にこだわらないのであれば(FPとしての技能を維持したいというのであれば)、ファイナンシャル・プランニング技能士センターの認定会員になるという手もあります。

参考URL:http://www.kinzai.or.jp/fpginou/pdf/annai.pdf

投稿日時 - 2006-09-18 19:10:26

お礼

回答ありがとうございます

まだ三級を勉強している段階なので、先の話なのですが気になったので質問してみました
68単位分の内容はFP2級技能士の内容と、また違うことをするのでしょうか、AFPとなる利点がいまいちピンときません、、

投稿日時 - 2006-09-21 07:10:04

ANo.1

2級FP技能士の資格は取り消されません。

更新期限の2ヵ月後までは「不備解消期間」として手続を行うことが可能です。ただし、これ以降、更新期限の延長等は一切認められず、AFP資格を失効し、「一般会員」への移行措置が行われることとなります。「一般会員」へ移行後であっても、AFP再認定の条件を満たすことにより、AFP資格の再認定を受けることは可能です。
AFP再認定ルールについては参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.jafp.or.jp/sainin/

投稿日時 - 2006-09-18 16:06:30

お礼

さっそくの回答ありがとうございます

「AFP資格を取ろうとする者は、2級FP技能士の資格を取ってから、何ヶ月以内に単位を取得しなければならない」
みたいなものはあるのでしょうか?

投稿日時 - 2006-09-18 18:24:53

あなたにオススメの質問