こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

世界は中国やイランを中心に結束しているってのは本当のことなんでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2365193

上の質問の解答にちょっと疑問があったんで質問させていただきます。

その解答には、世界は中国やイランを中心に地球市民の共生社会のために世界は今結束している。世界の国々の自由を人権を侵害する日本、アメリカ、イギリス、イスラエルは世界から敵視されている。とあるんですが、世界は中国やイランを中心に結束しているってのは本当のことなんでしょうか?その回答者に質問したいんですが、その術がないので質問させていただきます。

投稿日時 - 2006-10-01 00:01:36

QNo.2442760

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

中国とイランの関係ですが、
中国は石油の需要をまかなうためにイランで油田開発しています。
「イラン 中国 油田」で検索してみてください。
また、中国はイランに武器を輸出しているようで、
米国は関連企業に制裁措置をとっているようです。
「イラン 中国 武器 輸出」で検索してみてください。

直接の回答ではありませんが、
中国・イラン関係のご参考までに。

投稿日時 - 2006-10-01 13:55:11

お礼

早速検索してみます。

解答してくれてどうもありがとう

投稿日時 - 2006-10-02 00:51:26

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

「世界は中国やイランを中心に地球市民の共生社会のために世界は今結束している」
この表現にはかなり語弊がありますが、中国やイラン、ロシアなどの国家が反米という共同の価値観に基づき結束とまでは行かなくともかなりの力を持ちはじめている事は事実です。中国やロシアは大きく経済成長を遂げる一方、アメリカはイラクでの戦闘の長期化による大幅な負担で息切れ状態であり、また謝った情報に基づいていた上に強引なイラク開戦などからアメリカは世界から大きく信頼を失いました。
現在、反米国家の多くはアメリカからの貿易規制などの圧力にさらされていますが、中ロの台頭からそちらから資金が流れてくるため、アメリカからの外圧にも対抗できるような状況になって来ています。
ヨーロッパ諸国はイラク開戦を切っ掛けにアメリカと距離を起き始めています。一方で中国やロシアはエネルギー問題や巨大マーケットが存在するため距離をちじめて行っています。
これら一連の流れからアメリカの力が弱まっているという面は確かにありますが、しかし中ロ対米国などのイデオロギーの対立はありますが、経済的なつながりは強くなっており、冷戦構造になったり大規模戦争に突入するといった事は数十年単位ではまずありえません。

今の潮流で最も注目すべき事は、市場原理を取り入れ始めた社会主義というのは何なのかという事です。これが世界の脅威となるのかそれとも新たなあり方として確立されて行くのか、それともそのまま資本主義、民主主義という流れの中にあるのか、これによって世界の流れが大きく揺らいでいる事は事実です。

投稿日時 - 2006-10-01 17:28:52

お礼

回答してくれてどうもありがとう

投稿日時 - 2006-10-02 00:54:03

ANo.6

 ここの回答は、質問者の人の質問に対し素直に回答したものもあれば、質問者に対し自分の政治的考え方を、意図的に押し付けようとする回答もあります。

 これらの回答にどの程度の信頼性があるか、ある程度の評価を下すには、その回答者の名前をクリックして、過去の回答に対する良回答がどれくらいあるかを見てみれば分かります。

 ただ、政治的問題に対する回答の良回答が少なく、他のジャンルの良回答だけが多い場合もありますので、注意を要しますが。

 質問者さんの気にしておられる回答者については、ほとんど信頼性がないと判断しても良いくらい、良回答が少ないです。

 尚、中国とイランは、No5の回答者のおっしゃるように現在は、その関係を深めていますが、世界の流れの中心というようなものにはなっておらず、単に二国間の関係です。

投稿日時 - 2006-10-01 15:48:18

お礼

良回答が少なかったんですね。

回答してくれてどうもありがとう

投稿日時 - 2006-10-02 00:53:13

ANo.4

単なる反日左翼の【妄想】です。

中国とイランが手をとりあった事実はありませんし、
これら人権抑圧国家で 自由が存在した歴史もありません。

投稿日時 - 2006-10-01 08:16:04

お礼

妄想ですか・・・

解答してくれてどうもありがとう

投稿日時 - 2006-10-02 00:50:47

ANo.3

中国とイランが手を組んでる事実はないんだけどねぇ。
中国は正直、自分と同等の国家に対しては敵視
自分より上には逆らわず
自分より下は徹底的に見下す国家ですからねぇ

中国はロシア中心に軍事的・政治的結束をしますが。

正直イランは、北朝鮮くらいのものじゃないの?

投稿日時 - 2006-10-01 01:03:49

お礼

僕もそう思います。

解答してくれてどうもありがとう

投稿日時 - 2006-10-02 00:50:13

ANo.2

>NHKスペシャルは筆者が指摘する上記・前記の事実は隠蔽しているので、
>対米関係を多様な観点から認識し考察する番組ではなく、
>「反米政策」「反米国家」の世界的傾向と称する虚偽のプロパガンダをする、
>イデオロギー的・政治的に極めて偏向したプロパガンダ番組です。

私はこの意見に同意です。実際、NHKは中立的な報道をしていませんよ。奇跡の詩人問題といい、劣化ウラン弾報道といい、あまりに偏向しています。
そもそもこの問題は中立的な考察が困難であり、どうやっても個人的な(制作者などの)思想が混じります。
根深い宗教問題もあり、真実を知るのは難しいでしょう。

ただ一つ私見を述べさせていただくなら、真に人権侵害であるのは中国であり、自由を侵害しているのが日本や欧米諸国というのには首をかしげます。
今、中国でどのような事態が起きているかご存じですか?
中国国民には、中国当局にとって不利益になる情報は一切伝えられません。また、思想統制や表現規制がものすごいです(もっとも、これも真実性を保証するものではありませんが。ただ、ポジティブリスト性に関する一連の対応を見る限り、こういった思想統制がおこなわれているだろうことは想像に難くありません)。

はっきり言って、NHKに対しては憤りを覚えます。

投稿日時 - 2006-10-01 00:22:12

お礼

解答どうもありがとう

投稿日時 - 2006-10-02 00:49:16

ANo.1

何かをコピペした嫌がらせのことでしょうか。読むきがまったくしない、質問の主旨とは外れたわけのわからない貼り付けですます方が最近は多いですね。

中国が経済力を持ってくれば、世界で一番力を持っているアメリカなどの国家の発言力が下がるってことを、拡大解釈しているだけでしょう。敵の敵は味方だけど、"結束"っていうのはいかがなものでしょうか。そもそも地球市民っていう言葉が、超空想社会主義的思想ですよね。国家がなくなる未来なんて、誰も論理的に説明できる人はいないでしょう。

投稿日時 - 2006-10-01 00:20:56

お礼

解答どうもありがとう

投稿日時 - 2006-10-02 00:48:47

あなたにオススメの質問