こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ギター選びのご意見をいただきたいです。

こんばんわ。
エレキに挑戦しようと思い購入を検討中なのですが非常に悩んでいます。
ご意見をいただけたら幸いです。

現在、初めてのエレキでストラトを購入しようと思っています。ストラトを選んだ理由としては、高音のクリアさ、音の分離、音の輪郭、見た目です。

しかし、インターネットをを見てみると、「ストラトは初心者向きではない」とか「レスポールのほうが多くのジャンルに対応できる(いろいろな音が出せる)」というような意見が多いように感じます。
というかそれ以前に若い世代でレスポール派が圧倒的に多いような気がするのは気のせいでしょうか?
もしそうだとしたらそれはどうしてでしょうか?レスポールのほうが現代の音楽に合っているという話も聞きましたが…。
確かにストラトの音は軽くて細いというのは分かりますけど…。

ただハムバッカーの音がちょっと…。
以前たまたまPRS(レスポールとはまた違うとは思いますが)のイベントで上手な人の演奏を聞いたのですが、なんというか音の分離と輪郭ががはっきりしていない感じがして正直好きな音ではないです。

見た目も苦手です。
レスポールのあのキラキラな感じとかトラ模様(?)とかがなんか…。

ちなみに好きなアーティストですが…
バンプ、ACIDMAN、ポルノ、洋楽ではエリック・クラプトン
…という感じです。バンプでレスポール苦手ってのもかなり矛盾してますけど。
CDとかで聞くのは良いんですけど、目の前にアンプ置いてギターだけの音を聞くとやっぱりちょっと嫌でした。

やはり自分の意見が一番大事なのは分かっていますが、ここまでレスポールをすすめる意見が多いと少し心配です。
このままストラトでも問題ないでしょうか?
対応できるジャンルが少し不安です。たとえば少し激し目なロックなどでもOKですか?

長々とすみませんでした。

投稿日時 - 2006-10-02 01:30:08

QNo.2445205

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ストラトを選ぶことについては、なんら問題はないでしょう。 心配は要らないと思います。

ストラトが初心者向けではないという意見については、少々つっこんだ見方をしたときにはそういえる部分はあるかも知れません。 スケール長が長い分弦の張りが硬く、レスポールと比べると押さえるのにやや弦の抵抗が強いことなども、やややりにくさを感じさせる要素ではあるかも知れません(これは慣れで十分に対応できるでしょう)。 ストラトに搭載されているシンクロナイズドトレモロユニットについても、そのメンテナンスの面で少々気難しい部分があります。 また、ストラトが使っているシングルコイルピックアップはレスポンスが良いため、演奏時のピッキングの粗などが顕著に音に出やすいという性格もあり、その分しっかりとした操作をしないと雑に聞こえるという性格もあります。 こうした点だけを切り取って相対的に比較するなら、初心者向けとはいえないと結論付けることも一つの理ではあるかも知れません。
ただ、ギターのモデルを取り上げてそうしたグループ分けをするのも、少々行き過ぎた決め付けかと思います。 どんなギターでも馴染まなければ扱いにくいものですし、扱い易くメンテナンスを施したり、自分がそのギターに慣れるなど対応していけば、扱いやすいものに化ける可能性も十分にあります。 それは、初心者でも上級者でも変わらないと思います(ただし実際上は、上級者になるとある程度はギターを扱い易くなるよう調整できたり、弾き方を変えて柔軟に対応できるなどで順応するまで時間を必要としないことも多いという違いはあるでしょう)。 初心者だからといってストラトを選ぶことに尻込みすることはないと思います。

また、対応できるジャンルの件については、それぞれのモデルごとのギターの性格をきちんと消化してやれば、十分に対応の幅を広く取ることは可能です。 レスポールだけが特に対応の幅が広いということもありませんし、ストラトが取り立てて対応の幅が限られているということもないでしょう。 ストラトについては、スタンダードなモデルとして広く使われていますし、過激なロックでも十分に対応できると思います。 要は、扱い方次第だと思います。
レスポールが激し目の音楽に多用されることについては、ハムバッカーなど高出力のピックアップを使っていること、同じくハムバッカーでハムノイズに強いこと、モデルの性格上ファットな感触が強くなる傾向があることなどから、ハイゲインのディストーションサウンド(過激な歪み)を作りやすいというところが影響していると思います。 ストラトのシングルコイルの場合、線が細く繊細な音になりやすい傾向があるため、セッティングを工夫したり、きちんとピッキングしないと太い音を得にくく、ただゲインを上げただけの工夫のない半端なハイゲインセッティングでは抜けも通りも悪い耳障りでスカスカな音になること、シングルノイズ特有のノイズが混入しやすく、ハイゲインにするとそのノイズも一緒に増幅されてノイズだらけになることなどで、少々工夫を必要とする側面はあります。 そうしたところで、レスポールの方が扱いやすいということはあるでしょう。
ただ、それだからといってハイゲインのディストーションをストラトで作れないということはありませんし、機材の選択やセッティング、ピッキング方法等の弾き方などなどでの工夫次第で対応の幅は広げられると思います。

個人的な意見から言えば、ストラトを選ぶことに躊躇する理由はないと思います。 慣れれば扱いやすくなるでしょうし、いつまでも初心者のままということもないでしょうから、特に不安を感じる必要はないでしょう。 初心者であれば、どのモデルのギターを選んでも、きちんと弾きこなせるようになるまで苦労することに変わりはありません。 好きなギターを選ぶことを強くお勧めします。

参考まで。

投稿日時 - 2006-10-02 20:09:32

お礼

見方によっては「初心者向きではない」というのが正確な言い方ということですね。
スケールの長さは多分大丈夫…なはずです。一応650mmのアコギを弾いたりはしているので。
まぁその他難しい部分については、いっそのこと自分を難しい状況で鍛えるつもりで…。
ジャンルについてはアドバイスの通りセッティング等を工夫して幅を広げて生きたいと思います。
当然ですが、要は努力ですね。結局。がんばります。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-03 00:01:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

初めてのギターなら、質問者さまのお好きなギターを選ばれたらよいのではないでしょうか?
その理由が音であれルックスであれ、何でもよいと思います。
多少扱いづらかったとしても、自分が気に入った楽器だと練習する意欲もわくでしょう。


ルックス、弾きやすさ、音。楽器を選ぶ際の3大ポイントだと思います。
店頭で購入されるのであれば、どんな音かは聞かせてもらえるはずです。
店員さんはプロですので、相談してみましょう。

お気に入りの1本が見つかるとよいですね。

投稿日時 - 2006-10-02 23:05:50

お礼

練習に対する意欲を考えると、自分の好みを重視することが大事だと改めて思いました。
ありがとうございます。
やっぱり周りに流されて好きではないギターを買ってもあまり練習する気になれそうにありませんし。
がんばってお気に入りのストラトを見つけたいと思います。

投稿日時 - 2006-10-03 00:07:47

ANo.3

こんばんは、
ストラトキャスターでいいでしょ!
スタンダードタイプならピックアップ3つもついてるし!!
アームも付いてるし!
ペグが片側に付いてるからチューニングしやすいし!
ボディがコンター加工してあるから脇腹が痛くないし!
背負った時に軽いし!

以上レスポールには無いストラトの良いとこでした。

投稿日時 - 2006-10-02 19:01:03

お礼

そうですよね。
ストラトにはストラトの良さがありますよね(当然ですが…)。そうじゃないと半世紀以上も生産されたりはしない訳ですし。
やっぱストラトでいきます!!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-02 23:46:49

ANo.2

実は私もストラト派です(^^;

簡潔に言えば…
ストラトにはレスポールのような柔らかい音は出せないし、
レスポールにはストラトのシャープな音が出せない
音の軽さや細さはアンプやエフェクターの設定次第でカバーできます。
なので、気に入った1本を買えばいいと思ってます。

また、ハムバッカー搭載ストラトも多いので、色々試してみて自分に合うギターを選んでください。

投稿日時 - 2006-10-02 16:33:47

お礼

とりあえずはやはりストラトを購入したいと思います。
アドバイスをいただいた通り、音に不満が出てきたときにエフェクター等でカバーすることにしました。
ハムバッカー搭載のストラトもいいですね!!
基本的にハムの音はあまり好きではないのですが、ソロをやるときだけは太い音があるといいかな…という風には考えていたので…。

投稿日時 - 2006-10-02 23:37:29

ストラトキャスター、いいですよね。
「板にネックつけてみました」風なテレキャスターから、改良されたすばらしいデザインのギターです。
レスポールは、昔からのスパニッシュギターのデザインを踏襲しています。オーソドックスではありますが、あの形状には機能面からの必然性はあまりないと思います。
ただ、あの重いボディがレスポールの音を作り上げているのでしょう。音は演奏者の好みの問題ですし、アンプやエフェクタでも変わりますから、優越つけられるものではありません。
フェンダーはカントリー、レスポールはジャズにルーツがあるのかなと思います。
機能的な違いは、
ボディ
レスポールは裏から見ると板である。板の端は直角で身体に当たると痛い。ストラトキャスターはへこみ(コンター)があるのでフィット感がよい。レスポールのほうが重い。(個体差はある)
スケール
ストラトキャスターの方が長い(フレット間隔が大きい)、しいて言えば、左手のフィンガリングはレスポールのほうが弾きやすい。
同じゲージの弦ならレスポールのほうがテンションが弱いので、ベンディングは容易かもしれない。
セットネックかデタッチャブルネックかはあまり関係がない。
ストラトキャスターのヒールの部分は邪魔かも知れない。
シングルコイルピックアップのほうがノイズに弱い、パワーがない。
トレモロアームを使うとチューニングが狂う。
レスポールのネック側のエンドピンは上向きぎみなのでストラップが外れやすい。

投稿日時 - 2006-10-02 09:34:58

お礼

細かい特徴などを教えていただいてありがとうございます。
自分が調べてきた中では見つけることのできなかった情報が多く大変参考になりました。(ストラトのヒールやレスポールのエンドピンについてはまったく知りませんでした。)
いろいろと考えた結果、やはりストラトの方向で行きたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-02 23:26:22

あなたにオススメの質問