こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自動車事故の過失割合と示談交渉について

信号機の有る片側2斜線の交差点で私が右折で相手が直進の事故です。お互い青で通常であれば8:2の割合だと思うのですが、信号待ちで青になり反対車線も右折車両が数台いたため交差店内に進入し安全に曲がれると判断し右折を開始しました。しかし私の車の左後方に直進車が接触し相手の車の左前が私の車の後ろのバンパーをかすめるかたちです。私の方が過失が有るかと思うのですが、8:2は納得がいきません。向こうはブレーキを踏まなかったと証言し危険回避をしなかったと思われます。多少減速するかブレーキを踏めば防げたのではと思ってしまいます。しかし相手は私に対し早回り右折、大回り右折、直近右折のどれかがあったのではと言います。早回りと大回りについては信号待ちで停止状態から青になり発進し中央によって安全確認のためさらにもう一度停止し通常の速度で右折を開始しました。直近右折は大きな交差点なので相手の車は停止線よりもっと手前にいました。私は既右折、著しい前方不注意、速度違反を主張し6:4が妥当と思っています。この道路の法定速度が50か60だと思うのでそれ以上出ていたかは不明です。ただ時速50K~60Kなら一秒間に15M前後進むと聞いたのでたとえ法定速度内だとしても安全に交差点を渡れると判断し前方を見ていたのか?なぜ前方を見ていたならブレーキを踏まなかったのか?本当に前を見ていたのなら防げた事故では?この事故の場合6:4の主張は難しいでしょうか?保険会社さん同士の話し合いでは進歩が見込めず相手の保険会社の担当は私の話を聞くどころか9:1を8:2に譲ってやったと話し合いにも応じてくれません。時間だけが過ぎていくばかりです。誰かこのような私をたすけていただけませんでしょうか、本当に困っています。どうか宜しくお願いします。

投稿日時 - 2006-10-03 02:11:40

QNo.2447516

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回答3です。

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/4099/e0.html#a0も、http://www.tamatebako.ne.jp/LPY/kashitu.htmも、http://homepage2.nifty.com/ak-kogami/kasitu-kousatennutyoku.htmlも、「出会い頭」の場合を指し示しているため、8:2を基本とすることは少なくありません。(各要素により10%程度の過失割合の増減があるうえ、事故形態によって適用される修正要素が異なります)
「出会い頭」とは、読んで字のごとく双方の車両の前部が接触することを指します。

しかし、車両の舷側や後部に接触することは、「出会い頭」ではなく「側面衝突」となります。
右折車両の後部に直進車が接触した「側面衝突」を右折車80:直進車2とすることは多くありません。(各要素により10%程度の過失割合の増減があるうえ、事故形態によって適用される修正要素が異なります)

右折車は、青信号でも「安全」なら進むことが出来ることが道路交通法ですから、接触した事実がある以上は「安全」ではなかったのに進んだこととなります。
右折車は、右折車の舷側や後部に接触するほど突っ込んでいたこととなり、かなり強引に発進したこととなります。

直進車が片側1車線の停止線の後方より交差点へ進行する場合なら、制限速度も実勢速度も高くないため直近ではないと云えるでしょう。
しかし、片側2車線以上の場合は、片側1車線の直進車に比べて、制限速度も実勢速度も高くなるため直近とは云えません。

投稿日時 - 2006-10-03 17:23:27

補足

本当に有難うございます。これほど親身に回答して頂き感謝しております。最後の質問になるかと思いますのでお答え頂けますか?宜しくお願いします。私は強引な右折ではなく通常の右折をしたと断言します。その上で通常の右折をしたことを証明する方法は無いと言うことですか?皆さん私が強引に右折をしたと思っているようですが、決してそうではありません。第三者の方からみれば事実とは違う方向に進んでしまうのですか?事故をした相手が正直に話をしてくれないと事実は証明出来ないのでしょうか?(絶対に話すわけないですけど)正直に本当のことを話せばわかってもらえると思っていた私が甘かったみたいで相手の求償センターの担当は弁護士を入れると脅迫(私にはそう思えたので)してきました。ただ75:25で考えてあげてもいいようなことも言われました。この条件で妥協すべきでしょうか?教えてください。

投稿日時 - 2006-10-03 18:18:36

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-04 16:34:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

右折車と直進車の場合は、基本的には右折車の過失が大です。右折車の方からみれば「強引な右折ではなく通常の右折」と言っても、結果的に衝突している訳で、もっと安全確認と余裕のある運転が要求されます。右折車の気持ちと直進車の気持ちは一致しません。事故というのはそういうもので、お互いの意思の疎通が無いので事故が発生す訳ですから、より確実で基本的な安全運転をすることが事故を起こさないことになります。質問者の立場で「通常の右折をした」と言うのはあくまでも質問者の立場の考え方になると思います。「私が強引に右折をしたと思っている」と言うのではなく、質問者の運転方法から見て余裕があったと言うことになり、一般的には右折の余裕も人それぞれの運転技術ではなく、事故が絶対起きないとの余裕と安心感を持った運転をすることになると思います。立場を逆にすればわかりやすいと思います。

投稿日時 - 2006-10-04 00:20:39

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-04 16:33:54

ANo.3

信号機の有る片側2車線の交差点で右折車と直進車の場合、双方青であれば通常右折車90:直進車10または、右折車95:直進車05の割合になります。
保険会社担当者も自社より支出する保険金を節約したいと考えることが通常でありながら、相手に譲歩して寛大な対応をすると会社に対する背信となります。
保険会社担当者が8:2に譲ってあげたとなると、社内ではかなりの決定権を持っている人物なのでしょう。
たいした力量の保険会社担当者とお見受けします。

双方の車の前部が接触したのではなく、右折車の後方に直進車が接触したということは、右折車がかなり強引に発進したこととなります。
直進車優先であり、且つ、右折車がかなり強引に発進したとなると、私が示談担当者だったら右折車95:直進車05で交渉を始めて、右折車90:直進車10で妥結出来るよう努めることでしょう。

保険会社同士の示談交渉はサービスで行っていることに過ぎませんので、保険契約者が気に召さない場合は、自己の保険会社に示談交渉を降りてもらうことも可能です。
自己の保険会社に示談交渉を降りてもらったら、あとは自己が直接相手の保険会社と示談交渉するか、弁護士に依頼することとなります。

投稿日時 - 2006-10-03 10:30:59

補足

大変貴重な意見有難うございます。基本割合が9:1は本当ですか?今回の事故の双方の保険会社は基本が8:2と言ってました。あと判例タイムズの資料を請求しましたが(NO16の132P、133P記載)も8:2でもネットも8:2とありました。
http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/4099/e0.html#a0
http://www.tamatebako.ne.jp/LPY/kashitu.htm
http://homepage2.nifty.com/ak-kogami/kasitu-kousatennutyoku.html
直進車優先はもちろんですが、青信号でも安全なら進むことが出来るが道路交通法ですよね。私が強引な右折をしたということなのですが、停止線より後方に直進車がいた時は直近ではないですし強引に曲がったとも思っていません。右折終了時での事故と考えています。

投稿日時 - 2006-10-03 11:01:37

ANo.2

残念ながら交差点では直進車優先ですので、最大の原因は
貴方が右折できるとしたことの判断誤りにありますので、
保険会社の主張に従うしかないでしょう。

直進車と右折車の事故で6(右折車):4(直進車)は無いと思います。

貴方が車両保険に加入していればどっちに転んでも、問題はないのですが、加入していなかったのでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-03 08:58:34

補足

ご回答頂き本当に有難うございます。直進車優先で私の判断ミスと言えばそうかもしれません。

投稿日時 - 2006-10-03 11:29:04

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-04 16:35:34

ANo.1

質問の状況が事実であれば、質問者さんの側の過失が大きくなると考えられます。損傷場所はさほど重要ではありません。ちょっとしたブレーキの掛け具合で変わってしまいます。危険を察知してブレーキを踏むと真横を損傷し、ノーブレーキだと後方損傷。鬼面を察知すれば過失が大きくて、強引に走れば過失が小さくなる…そんな馬鹿げた話は無いですよね。

今回の事故の一番の原因は対向車の直進を妨げた行為にあります。まずその点を理解しましょう。

投稿日時 - 2006-10-03 06:50:58

補足

ご回答ありがとうございます。もちろん私の過失が多いのはしかたがありません。損傷場所は重要ではないのですか?相手はブレーキわ踏まなかったので踏んでいれば当たっていないと思われます。

投稿日時 - 2006-10-03 11:47:54

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-04 16:36:34

あなたにオススメの質問