こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交際費か役員賞与か

総勢60人ほどの中小企業(オーナー会社)です。
名目をまだハッキリ聞かせてもらっていないのですが、
取締役会長(オーナー)が、専務取締役に、50万円分の商品券を贈ることになりました。
これを経費に入れられるなら入れたい、とのことなのですが
交際費とするか(社内交際費?)、役員賞与とするか、どちらが税務上得になるのでしょうか?
というか、この場合、交際費にすることは可能なのでしょうか?
また、もし役員賞与になるのなら、税務上の税金(法人税)には、いくらくらいの影響があるのでしょうか?

私自身が、税務上の損金不算入というのがよく解らなくて、質問内容の書き方が不十分でしたら、補足させていただきます。どうぞよろしくお願いします。
当社は、資本金は1,000万円、年間の交際費は通常400万円超です。

投稿日時 - 2006-10-14 00:32:32

QNo.2470919

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

内容的に言って、交際費ではなく、明らかに役員賞与になるものと思います。

いずれにしても、税務上損得で判断すべきものではなく、正しく処理すべきものです。

役員賞与は損金不算入となりますので、わかり易く言えば、税法上では経費とならないものですから、決算上で役員賞与として経費処理していれば、申告書上で所得に加算しなければならない事となります。
要は、その金額に税率を乗じた分が、税金の影響が出る額、という事になります。
(税率は、所得金額によっても違いますので、一概にいくらとは言えません)

しかも、役員賞与ですので、その専務取締役に対して、所得税も源泉徴収しなければならない事となります。

仮に、これが交際費に該当するものであれば、いずれにしても、交際費が限度額を超えていますので、全額が損金不算入となる事に変わりはありませんが、但し、交際費であれば、その役員について、源泉徴収されることはありません。

いずれにしても、ご質問のケースでは、役員賞与以外にあり得ませんが。

投稿日時 - 2006-10-14 00:56:51

お礼

さっそくのご回答ありがとうございます!
おっしゃるところによれば、交際費とすることは、正しくない処理になるわけですよね?
その理由というのは、給与の現物支給?、ということになるからでしょうか?(一応、会長に説明しなければならないので・・^^;)

投稿日時 - 2006-10-14 01:16:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>商品券を贈る理由は、私が想像するところでは、『昇進させてあげられなくてごめんね』的なところかな~と思ってます。(たぶん、私に事情が明かされることはないと思います。)これでは、もちろん正当な必要性ではないですよね?

そうですね、「昇進させてあげられなくて」という事は、まさに会社と従業員というか、このケースは役員との関係ですので、給与の範疇にしか入らないものと思います。
(毎月の給料は上げられないけど、特別に払いますよ、というようなものですので)

>ちなみに、会長は経費にすることが、どうしても無理なら、自分のポケットマネーでも仕方ない、と言っているのですが、この程度の金額でしたら、無理に所得に加算したりするよりも、ポケットマネー(私的なやり取りとして)で済ませてもらったほうが、会社としてはいいのでしょうか?

そうですね、役員賞与となれば、法人税と、その役員自身の所得税とでダブルパンチのようなものですので、そのようなケースでは、経営者がポケットマネーで支払う事は、結構あるケースではあります。
(もちろん、その場合は会社は通りませんので、経費にもならない事となりますが)

投稿日時 - 2006-10-14 02:12:27

お礼

たびたびご回答を感謝いたします!!
大変、助かりました。これで明日、会長に説明つけて話ができます^^;
ありがとうございました☆

投稿日時 - 2006-10-16 00:13:55

ANo.2

まず、贈るものが商品券ですので、要するにもらった方は何にでも使用できる訳で、効果としては現金を渡したのとほぼ同じと考えられますので、要するに、商品券の形で賞与を渡したに過ぎない、という事になります。

仮に、商品券でなく、物品であったとしても、50万円もする物を、その役員に送るということが、会社の事業遂行上、必要性があるのか、という問題になりますし、ただでさえ役員に対する交際費というのは、役員賞与と見られるケースが多く、今回のケースは、しかも、それが商品券で、かつ、高額のものですので、役員賞与としかなり得ないものと思います。
(もちろん、少額の物品であっても、ほとんどのケースは役員賞与に該当するものと思います)

そもそも50万円の商品券を贈る理由を聞きたいところですが。
(交際費というのであれば、他の得意先にも50万円分の商品券を贈る可能性もある、という事ですよね、仮に可能性があったとして、いずれにしても、社会通念上、交際費として認められるようなものではないと思いますが)

投稿日時 - 2006-10-14 01:37:47

お礼

たびたびのご回答、感謝いたします☆
商品券を贈る理由は、私が想像するところでは、『昇進させてあげられなくてごめんね』的なところかな~と思ってます。(たぶん、私に事情が明かされることはないと思います。)これでは、もちろん正当な必要性ではないですよね?
ちなみに、会長は経費にすることが、どうしても無理なら、自分のポケットマネーでも仕方ない、と言っているのですが、この程度の金額でしたら、無理に所得に加算したりするよりも、ポケットマネー(私的なやり取りとして)で済ませてもらったほうが、会社としてはいいのでしょうか?
たびたび質問してスミマセン。

投稿日時 - 2006-10-14 02:04:20

あなたにオススメの質問