こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

セクハラで解雇されました。訴訟を考えています。

半年ほど前、会社を解雇されました。(形式上は諭旨退職)
理由は主にセクハラとのことでした。
セクハラとされた行為は、2人の女性に対し数件あるのですが、触ったりの行為は
全くありません。非常に理不尽な処分(過程も含めて)だったため、それが
心のトラウマなっています。そのため、「女性2人、暴言を吐いた経営者、
会社からの謝罪」を求めています。魅力のある職場ではなかったため、退職は
受け入れても構わないと考えています。

最初、労働相談情報センターに相談しました。
「これがセクハラになるのなら仕事ができなくなる」との言葉も貰いました。
数ヶ月、会社の責任者と交渉してもらったのですが、労働相談情報センターは
強制力はない組織で、途中で打ち切りになりました。(2人の女性からの
一部謝罪の手紙を貰うところまでで終了)
次に数件の弁護士を探してお話したのですが、受けてくれる弁護士が見つかりません。
少額訴訟(賠償金等の考えは無い)で弁護士にとってもメリットが無いのが理由です。

そこで質問です。
【質問1】更に探せば引き受けてくれる弁護士は見つかる可能性が大きいでしょうか?
     1回の相談料も積み重なると大きな金額になり、やたらに相談したくはないのです。

【質問2】引き受けてくれる弁護士が見つからない場合は、本人訴訟しか無いのでしょうか?
     弁護士に相談しながらの本人訴訟を行っていく場合、相談を引き受けてくれる弁護士は
     多いでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-18 13:03:02

QNo.2480569

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

別に弁護士も商売なので、いくらかかってもその弁護士費用は全額質問者さんが払うと言えば、訴訟でもなんでもしてくれます。
但し、裁判を前提に物事を考ているとなると弁護士さんが引き受けない理由は訴状を提出しても裁判所で門前払いになる可能性が少なくないからではないでしょうか?
職場復帰は求めない、賠償金、慰謝料の請求も無いとなれば、裁判所としても「訴えの利益」が無いということで門前払いにすることがあります。
但し、「会社側は口頭及び文書にて謝罪を行う。質問者さんは退職の件に関して、今後一切の訴訟や損害請求をしない。」などという内容での和解を求めるのであれば、弁護士さんも対応はしてくれると思います。
当然のことながら会社が和解に応じなければ、損害賠償や慰謝料を求めて訴訟をするという気構えが必要です。

投稿日時 - 2006-10-18 17:13:43

お礼

ご回答ありがとうございます。ご返答が遅れて申し訳ありません。

> 別に弁護士も商売なので、いくらかかってもその弁護士費用は全額質問者さんが払うと言えば、訴訟でもなんでもしてくれます。
「お金は払いますが・・」と弁護士との相談の中で伝えていたつもり
だったのですが、伝わっていなかったことも原因かもしれません。
強い口調で言ってみようかと思います。

> 但し、「会社側は口頭及び文書にて謝罪を行う。質問者さんは退職の件に関して、今後一切の訴訟や損害請求をしない。」
>などという内容での和解を求めるのであれば、弁護士さんも対応はしてくれると思います。
そうですね。相談の仕方を変えてみるのも方法ですね。
賠償金、慰謝料を求めないのは、ただ単に「お金目当てでは無い」ことを徹底したいからだけなんです。ただ、謝罪をしてくれないのならば、別の形のものを求めていくしかないのかもしれません。

長い間悩んでいたのですが、いろいろな選択肢や考えを詳しく提供していただき、少し明かりが見えてきたような気がします。tsuyoshi2004様
はじめ皆さんに、本当に感謝しています。

投稿日時 - 2006-10-20 13:57:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

残念ながら「謝罪」を強制することはできません。
たとえ裁判で「謝罪」しなさいという判決が出ても、謝罪するのは本人の意思ですし、強制執行することもできません。
謝罪をしないことによう罰則のようなことも今の法律上ではできません。

つまり利益のない訴訟ということで引き受けする弁護士がいないのでしょう。
お金に換算するのを不本意かもしれませんが、受けた精神的苦痛を金銭に換算する方向で相談すれば引き受けしてくれる弁護士もいるかもしれません。

投稿日時 - 2006-10-18 13:44:43

お礼

ご回答ありがとうございます。ご返答が遅れて申し訳ありません。

そうですね。謝罪というのは、本人の意思で行うものですから法律で出来るものではないですね。
セクハラというのは「(主に)女性が不快に思ったら、それでセクハラ
になる」ようです。裁判所で「セクハラでは無いんだ」と争うにしても、女性が不快に思ったと言えば、本当に不快に思ったかどうか
は別に、セクハラという事実を覆すのは難しいような気がしています。でも一方で、何でもセクハラで通用するのなら、女性が「この男、ちょっと気に障るから消えてもらう」とセクハラで訴えて解雇させることができ、理不尽な気もします。
今回セクハラとした女性2人のうち一人の女性は、以前付き合った女性でもあったため、裏に何かあるのではないかとも思っています。
その分ショックは大きく、今だに消えません。現在未婚で付き合っている女性もいませんが、今は女性と付き合うこと自体、怖くてできないです。

投稿日時 - 2006-10-20 13:38:43

ANo.2

弁護士ではなく、司法書士にお願いすることもできます。
司法書士でも簡易裁判所であれば代理できる資格を持っていることも多いので、そういった方にお願いするということもできますよ。
本人訴訟であっても司法書士が訴状の書き方や訴訟の進め方なども相談にのってくれると思いますよ。

投稿日時 - 2006-10-18 13:20:11

お礼

ご回答ありがとうございます。ご返答が遅れて申し訳ありません。

司法書士にも相談できるのですね。
弁護士に相談すると100万円くらいは覚悟しておかないといけない
ようなので(覚悟はできているのですが)、金銭面を少しでも考えて
いくと、少しは安くなりそうで、いいですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-10-20 13:16:06

ANo.1

会社に労働組合があるのなら、まずはそちらへ相談が妥当な対応です。
会社に組合が無い、機能していないという状況でしたら、社外の他の労働者支援団体としてはこちらなど。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

--
> 次に数件の弁護士を探してお話したのですが、
> 引き受けてくれる弁護士は見つかる可能性が大きいでしょうか?

電話帳なんかで直接電話したのでしょうか?
通常は、県の弁護士会などに相談し、担当弁護士を紹介してもらいます。

--
> 強制力はない組織で、

労基署などから行政指導などを行うのなら、不当解雇であるとして扱う必要があります。
上記団体や弁護士に相談し、不当解雇である旨訴え、交渉する意思を示す内容証明郵便を会社宛てに送るあたりからかと。


> それが
> 心のトラウマなっています。

心的苦痛に対する慰謝料を請求するのなら、上記の件を心療内科などで相談し、カウンセリングを受け、診断書を出してもらうと客観性が増します。
差し当たり眠らない、イライラするなんかの症状が治まれば何よりですし。

投稿日時 - 2006-10-18 13:17:55

お礼

ご回答ありがとうございます。ご返答が遅れて申し訳ありません。

労働組合は無いです。
解雇の際に、経営者側から理由は説明されています。「就業規則の第○条に該当する(セクハラの項目)」等
そのため、会社側としては、ちゃんとした形式に則って解雇しているようです。
労働相談情報センターでの相談期間が長く、退職させられてから時間が経っているため、
《労働者を守る立場の》労働組合への《既に退職している人からの》相談は大丈夫なのか不安があります。
それでも、いろいろな選択肢が考えられることを知って、安心しました。

> 電話帳なんかで直接電話したのでしょうか?
> 通常は、県の弁護士会などに相談し、担当弁護士を紹介してもらいます。
インターネットで弁護士会を探し、専門(労働やセクハラ関係)から弁護士を
選びました。

> 労基署などから行政指導などを行うのなら、不当解雇であるとして扱う必要があります。
> 上記団体や弁護士に相談し、不当解雇である旨訴え、交渉する意思を示す内容証明郵便を会社宛てに送るあたりからかと。
労働相談情報センターでの相談の際も、経営者のトップとの交渉の段階までは
いきませんでした。やはり経営者のトップとの交渉が必要だと思っています。

> 心的苦痛に対する慰謝料を請求するのなら、上記の件を心療内科などで相談し、
> カウンセリングを受け、診断書を出してもらうと客観性が増します。
> 差し当たり眠らない、イライラするなんかの症状が治まれば何よりですし。
以前に比べ気力が無くなっているなと自分では感じますが、精神科に行くほど
ではとも思い、行っていません。何とか次の職場を見つけて働いてもいますので
大丈夫かと思っています。逆に、自分がこのような状態のため、裁判や損害賠償の
形にするのが(謝罪の形にするのも)難しいのかと感じています。
ただ、人を信用することは出来なくなりましたし、特に女性と職場等でコミュニケーションする
ことに抵抗や苦痛を感じるようになりました。恐らく他の同僚はぎこちなさを感じている
と思います。いろいろなことに懐疑的になったりして、電車でも空いている席の横が女性
(老若関係なく)だと座れません。

投稿日時 - 2006-10-20 13:10:44

あなたにオススメの質問