こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住居用として貸す場合と事業用とでは税金が

自分の持ち家を、一般の人に住居用として貸す場合と
法人とかに事業用(事務所)として貸す場合とでは
税金の額が違うと過去の質問事例で判ったのですが
大体、どれくらいの差があるのでしょうか?

年間所得が329万以下で、必要経費を差し引いた額の10%
というのは住宅・住居用に貸した場合の話しですか?

事務所として貸したら20%・もしくは30%くらい取られるのでしょうか?

教えて下さい。

投稿日時 - 2006-11-05 20:40:43

QNo.2519940

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>必要経費を差し引いた額の10%…

これは所得税の話ですね。
所得税は住宅用に貸そうが事務所用に貸そうが同じです。

>年間所得が329万以下で…

もし、あなたが他に仕事を持っているなら、他の所得も含めて 330万で税率が変わるということですよ。

>法人とかに事業用(事務所)として貸す場合とでは…

違ってくるのは消費税。
住宅用に貸すなら消費税は非課税。
事務所用に貸すなら、借り手が法人か個人かは問わず、消費税は課税。
店子から預かった消費税のうち、経費分を除いた残りを国に納めることになります。

もっとも、事務所用として貸しても、あなたが免税事業者であれば、もらった消費税を国に納める必要はありません。
いわゆる益税として、所得のうちに含まれますから、結果として所得税が 5%の 10%で、0.5%だけ多くなるという計算になります。

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

投稿日時 - 2006-11-05 21:05:09

お礼

とても参考になりました!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-11-05 21:37:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問