こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

文の構造

In addition, where words are formed which can be understand from
the meanings of their parts, these have also been used.

この文は文法的にどのような構造なのでしょうか?
whereは接続詞でしょうか?
文全体の意味もなんとなくわかるもののはっきりとは訳せません。
(前後の文から判断すると難しい言葉もable,ibleなどの接尾語接頭語から推測できるから
この本に載っていると言いたいだと思います。)

一応わからないまでも訳したのが以下の文章です

それらのパーツの意味から理解できる言葉が形成される場所でこれらはまた使われている。

投稿日時 - 2006-11-19 15:38:30

QNo.2549151

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 補足ありがとうございます。
 ご質問者の試訳通り,which can be understood from the meanings of their parts の部分は words を修飾していると思います。

 ただ,この場合,「~する場所で」よりも,日本語の「~するところで」のようにさまざまな意味合いに受け取られると思います。 
 前後の内容にもよりますが,「~する場合に」の方が適切かもしれません。

投稿日時 - 2006-11-19 19:38:58

お礼

再度のご回答ありがとうございます。
~する場合にという訳に当てはめるとうまく訳すこと
ができそうです。

投稿日時 - 2006-11-21 07:26:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

 「~するとき(に)」という意味の接続詞 when も,もとは,at the time when ~という関係副詞の when を用いた表現で,先行詞 the time の意味を when に含ませ,さらに,at の意味まで含ませたものです。

 同様に,関係副詞 where も,at the place where ~「~するところでは」の意味で用いることが可能です。
 多くの辞書で,接続詞として扱われていると思います。where と言えば,疑問副詞,関係副詞の文法的な用法に目がいき,辞書を調べることが少ないので,気がつかない人が多いのだと思います。 

 この文でも,where に関しては,この接続詞の用法の可能性がありますが,原文をあらためて見ていただけないでしょうか。be understand のところだけでも明らかにおかしいと思いますので。

投稿日時 - 2006-11-19 17:28:48

補足

訂正はこっちに書くべきでしたね。
can be understand from→can be understood from
に訂正させていただきます。

それにしても質問自体を間違えてしまうとは
本当に申し訳ないです。完全に私のミスでした。
それにもかかわらず回答をしてくださってありがとう
ございました。

投稿日時 - 2006-11-19 17:49:02

お礼

ご回答ありがとうございます。
なるほどやっぱり接続詞だったんですね。
わかりやすいご説明ありがとうございました。

すいませんおっしゃる通り原文を写し間違えていました・・・。
投稿する前に確認して間違いがいくつかあって訂正したのですがそれでも見逃してしまいました。

正しくはunderstoodです。他に間違いはありませんでした。

投稿日時 - 2006-11-19 17:48:14

あなたにオススメの質問