こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

球のプリアンプ

真空管のパワーアンプは数多く有るのにプリアンプは種類は少ないし雑誌等にもあまり取り上げられません。
トランジスタから真空管に入替え中ですがトランジスタはパワー、プリは同程度に扱われていたように思います。
真空管はパワーアンプに依存する事が大きいのでしょうか?

投稿日時 - 2006-11-24 23:03:46

QNo.2560325

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

確かに私も真空管パワーアンプに比較し真空管プリアンプの選択の幅が少ない印象を受けます。
キットメーカーでもパワーアンプは10機種程あってもプリアンプは1~2機種程度だと思います。
また、完成品として販売されているメーカーでもプリアンプは数機種であり購入する際に選択の幅がないのは事実だと思っています。

最近は真空管パワーアンプは比較的安価で購入できる機種も多くなっていることもあり(中国などで製造された真空管が安定的に安く手に入る
ことが大きいと思います)使用している人も増加しているのではないかと思いますが、トランジスタと比較するとまだまだ販売台数が低いのが現状だと思います。

そのような現状の中でパワーとプリを考えた場合、出力管によって音の傾向がある程度、決まるということがあるためメーカーでもパワーアンプに重点を置いているということではないかと思います。

また、CDプレーヤーのみでパワーアンプと直結している人もあると思いますが、そのような人にはプリは必要と感じていない人もあるのではないでしょうか。

そう考えるとプリよりパワーが必要とされているということではないかと思います。

実際、音づくりとしても私は、まず個人が気にいたスピーカーを選びそれに合ったパワーアンプの選択その次にプリという順番で装置を固めていくというのが本来のあり方ではないかと思っています。

投稿日時 - 2006-11-25 23:07:48

お礼

いつも有難う御座います。
今までにプリアンプはマランツのプ#3300と最近手に入れたラックスのCL35IIしか使った事は有りませんが、音の純度が落ちる様な気がしてバランスやトーンコントロール、フィルター類を使った事は有りません。
パワーアンプに直結出来る条件は入力感度がどの程度なら可能なのでしょうか?

投稿日時 - 2006-11-26 06:34:09

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私はタマ使いではないので、あくまでも想像になってしまうのですが…

作っても、ほとんど買ってもらえないから
ではないでしょうか。

バンバン売れるのであれば、もっと種類も多く作られると思います。

投稿日時 - 2006-11-27 16:23:34

ANo.3

あまり宣伝してはいませんが
昔から管球アンプとしては欧米での評価は高い
メーカーも数々あります
例えばオーディオ・リサーチ社などは有名です
価格が高いか安いかはその人の価値判断に委ねるところが
大ですので敢えて書きません(^_^)
http://www.audioresearch.com/
こちらはプリメインですが・・
http://www.rogershifi.com/ENG/products.php

参考URL:http://www.rogershifi.com/ENG/products.php

投稿日時 - 2006-11-26 01:40:49

ANo.1

とくにオーディオが趣味というわけではありませんが、このカテゴリーは興味をもって読んでいます。

真空管とトランジスタですが、トランジスタという素子の開発経緯を思いだしますと、当初から大パワーを扱える素子でなかったようですから、「できる範囲」で真空管からトランジスタへのシフトが起こったと記憶しています。その意味で、大電力を扱うパワーアンプの領域は「後まわしになった」のではないでしょうか。

生産の側面からみると、真空管を使った製品はトランジスタのそれに比較して大量生産には向きとはいえません。したがってトランジスタによって「できる範囲」が出現すれば、そこを「トランジスタ化」したのだろうと考えます。オーディオという領域で考えると、プリアンプのほうが圧倒的に「できる範囲」でしょう。

それにパワーアンプの部分は、プリアンプに比較すると、回路はシンプルでしょうし、「手作業」で製造するときの負荷は軽いように思います(自作を考えると、どちらも大きな差異はないでしょうが)。また、プリアンプの部分は増幅率がひじょうに大きいですから、真空管で実装するときの気のつかいようは大きな問題にもなるでしょう。

いずれにしましても、このような経緯(素子の能力や生産における課題など)の存在が、今日の状況をもたらした一要因ではないかと考えています。

投稿日時 - 2006-11-25 20:26:48

あなたにオススメの質問