こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

特定調停のデメリットはありますか?

訳あって、100万円の債務を5年前から約5万ずつ返済し、かつ借り入れもしている状態です。現状の債務は約100万あります。
また、将来にわたって安定した収入があります。

特定調停をしてみようと思いますが、デメリットや調停失敗して現状より返済が厳しくなるということはあるのでしょうか。
例えば、利息を制限する替わりに返済期間も決め(当然だと思いますが)、月々の約定返済額が現状よりも多くなるとか、そういう条件でないと呑めない等とこじれてしまう例などです。
もちろん、収入内で返済することを主眼に、債務者・債権者合意の上で調停となると思いますが、ネットで調停失敗した例を見ますと、返済条件の提示でも債権者側が強気で、結果的に裁判所?が出てきたり、債務者が混乱している例が何件か見受けられました。(ネットで検索してみましたが、良い例が見つかりませんでした)
何かしらご教示いただければと思います。

投稿日時 - 2006-12-07 11:32:55

QNo.2585432

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

メリットが大きいです。

調停では、利息制限法への再計算をします。
5年前からの借り入れであれば、100万から、かなり減るハズです。
それを毎月決められた金額を払います。
安定した収入があり、しかも借入額も100万以下で大きくないので、
毎月の支払額も大きくなりません。
支払額は収入から税金・年金、生活費、住宅ローンまで差し引いて、
返済に回せる額の範囲内ですので、心配する必要はありません。
他のメリットとしては、負担が少ないことです。
弁護士に債務整理を頼むと、借り入れ1社3万~5万は取られますが、
調停であれば、切手代など数千円で済みます。

デメリットとしては、支払い遅れが2回以上になると、
差押されてしまうことがあります。
債権者が合意しない可能性を心配されてますが、
それは債務額が大きく、返済可能額が少ない方です。
そういう場合、支払い期間が長く(3年以上)になってしまうので、
債権者は合意しないでしょう。ggeneloveさんの場合、その心配はなさそうです。
よって、デメリットは殆どなく、メリットがずっと大きいです。

早めに裁判所に相談されることをオススメします。

投稿日時 - 2006-12-07 12:38:33

お礼

お礼が遅れまして申し訳ございませんでした。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-01-22 11:18:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

○特定調停のデメリット
1)信用情報機関への掲載
信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)として登録されるので5~7年間は自分名義の借金やローンができなくなります
2)残元本以上の減額は見込めない
民事再生と異なり、利息制限法引き直し計算後の残元本以上の減額は見込めません
3)過払い金の返還は見込めない
特定調停の場合には過払い金の回収を行うことまではされないのが現在の一般的な扱いです。特定調停成立後の過払い金返還訴訟にも難色を示す裁判所も多いことから、過払い金が発生している場合には特定調停の申立自体を行わず(申立後に過払い金の発生が判明した場合には取下げる)、過払い金返還訴訟の提起が必要です
4)債務名義化される
特定調停の場合には、成立した調停調書は債務名義となりますので、支払を懈怠(通常2回)した場合には、調停調書に基づく強制執行が可能になります

参考:
http://www.tokuteichoutei.info/knowledge/demerit.php
http://www.syakkinhensai.com/tokuteimerit/

投稿日時 - 2006-12-07 16:59:20

お礼

お礼が遅れまして申し訳ございませんでした。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-01-22 11:18:38

あなたにオススメの質問