こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

グレーゾーン金利について

こんにちは。
クレジットカードを持っています。
買い物はあまり使用しないですが お給料日前とか臨時出費の時に
キャッシングを利用したりしています。
普通に毎月の支払日に一度の延滞もなく返済しているのですが
利息が高いなあといつも感じていました。
今 2社のカードを持っていますが 昨日あたりグレーゾーン金利と
いうのを知って 今持っているカードは消費者金融とかではなくて
大手デパート系のカードなのですが 調べたところ金利が年利24%と
もう1つは27%でした。(グレーゾーン金利に当たるのですか?)
今 払いすぎた利息の返還を求めている人が多いと聞いたのですが
返してもらえるものなら返してほしいと思うのですが簡単に手続きは
できるものなのですか?

投稿日時 - 2006-12-07 16:34:06

QNo.2585963

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

過払い金の返還請求をする場合、貸金業者に取引履歴の開示を求め、貸付元本および、利払い総額計算し、取引期間に対して、年何%の利息になっているかを計算するところから始まります。
ですが、クレジットカードのキャッシングはたいてい翌月には返済されますので、実際の利払いは27%÷12=2%強といったところです。これを合計して年利に換算しても、年20%ないし年15%を超えることはなく、過払いにはなりません。
実際に過払いになるケースというのは、分割払いで何年も返し続けている人に限られます。

取引期間1ヶ月での利息の引き直しなどは聞いたことがありません。
実際問題として、取引履歴の開示などは個人で交渉しても応じてもらえないことが多く、また弁護士に依頼するとしても普通は成功報酬ですので、何百万単位で過払いがある案件なら弁護士も喜んで引き受けますが、数百円、数千円の利息のために引き受ける弁護士がいるはずはなく、現実的ではないと思います。

投稿日時 - 2006-12-07 16:50:29

お礼

早速のご回答ありがとうございました。

>何百万単位で過払いがある案件なら弁護士も喜んで引き受けますが、数百円、数千円の利息のために引き受ける弁護士がいるはずはなく

なるほどそうですよね。。中には分割払いにしている分もあるので
その分は1ヶ月でも利息が高いなあと感じたりすることが
よくあったので 大手デパート系でこんなに利息が高くて
いいの?ってすごく思っていましたが。。

ご回答ありがとうございます。
弁護士さんにお願いしたらその方がとんでもなく高くなりそうだと
いうことがわかりました。

投稿日時 - 2006-12-07 16:58:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

クレジットカードの機能には大別して
(1)ショッピング(2)キャッシングです。
グレーゾーン問題は(2)のキャッシング(貸金)の金利問題です。
(1)にはグレーゾーン問題は存在しません。

別の言い方をすれば、(1)は立替金(2)は貸付金です。
(1)と(2)では、それぞれの監督官庁も違えば関係法律も異なります、
出資法上の金利や利息制限法は貸金上の問題であくまで(1)です。
混同されやすい事例です。

投稿日時 - 2006-12-07 22:23:22

お礼

回答ありがとうございました。

↓あっ そうなんですね!混同していました・・。
>出資法上の金利や利息制限法は貸金上の問題であくまで(1)です。
混同されやすい事例です。

いずれにしても カードは使わないほうが
「納得できないなー。(←高い利息)」という思いもなくて
一番いいんですよね。。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-08 10:34:41

ANo.2

 グレーゾーン金利とは、利息制限法に規定されている金利を上回るものの出資法により禁じられている金利を上回らない金利のことを言います。
 利息制限法の規定を上回る金利ですから違法な金利なのですが、罰則を伴う出資法の制限を超えていないため、罰されることのない範囲の金利なのです。
 ただし違法ではありますが、特定の条件を満たせば受けとってもいい金利でもあるのです。
 債権者にとっては利息制限法に定める以上の金利を支払う”義務”はありませんが、合意の下”任意で”支払った金利の返還の請求はできません。
 おそらくカードの約款に金利について、利息制限法の規定を上回っている旨の記載があると思います。つまりそれを知ってお金を借り、契約どおりの金利を”任意で”支払ったのであれば、違法ではないのです。
 過去に裁判で払いすぎた利息の返還を勝ち取った例がありますので、弁護士をたてれば返還される可能性は高いでしょうが、おそらく返還される金額よりも弁護士に払う報酬のほうが高くつくのではないのでしょうか。
 10万円未満の借金であれば、利息制限法で定める上限金利は20%(10万円以上100万円未満の場合は18%)ですし、毎月の支払日に遅滞なく返しているとのことですから、気にするほど払いすぎてはいないと思います。
 どうしても気になるのであれば、今後はもう少し金利の低い会社でキャッシングをされることをお薦めします。

投稿日時 - 2006-12-07 17:00:04

お礼

回答ありがとうございます。
詳しい内容でよくわかりました。

>おそらく返還される金額よりも弁護士に払う報酬のほうが高くつくのではないのでしょうか。

・・・そうだと思います。(--;)・・・。
利息がなんだか高いなあと・・いつも払うたびに思っていたので
返してもらえるなら返してほしいなと思ったのですが
そんなものなんですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-08 10:31:39

あなたにオススメの質問