こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

効率の良い勉強の方法って。。。

僕は現在高校2年生でして、国公立の歯学部を目指しております。
国公立歯学部ですので、当然現代文・古文・漢文・数学・生物・化学・地理・英語を勉強してるのですが、定期考査ではほぼ9割近くとれます。でも模擬試験になると全くです。例えば進研模試では英語は70。他が60前後です。とても不満です。目標はオール70以上です。それなりの勉強はしてるはずです。例えば化学は”セミナー化学”を、毎日3問ずつ。生物は”生物1・2の点数がおもしろいほどとれる”本を一日2回分程度。地理は授業のノートの見直し。数学はニューアクション1.2.A.Bを復習がてら3問ずつ。古文はアシスト古文単語345を2ページずつ程度。現代文はセンターの過去問を1問。英語は得に何もやってません。おかしな話です。確かに英語は中学の時からすきだったので、勉強してるうちに今ではメッセンジャーで海外の友達と辞書なしでベラベラしゃべれるほどです。ちなみに一日の生活ですが、朝は7:30分に起きて学校に行き、午後5時には家に着いてます。学校で自習中や、英語の授業レベルが低いのでその時間に古文をやってます。5時30分ごろから6時半ごろまで現代文。9時頃から1時頃まで(一日のノルマが終わるまでですね。)その他をこなし、そこから寝るのは3時です。(睡眠時間が少ないと思われるかもしれませんが、それが一番ベストで、それ以上・以下だと眠たくなります。)勉強中にテレビをみたり音楽を聴いたりという事は全くありません。なぜ点数がとれないのでしょうか?特に現代文は中学の時から採れません。どうしたら現代文は点数が採れるのでしょう?新聞は毎日みてます。その他の教科もなぜあがらないのでしょうか?数学も基礎はできてるけれでも応用になったらコロリという感じです。僕はなぜ点数が採れないのでしょうか?睡眠時間も関係してくるのでしょうか?よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-12-09 04:17:07

QNo.2589326

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

私は50年前に大学受験を経験し、10数年前に娘を国立大学の医学部に送った者です。

定期試験が大変良く出来ています。 これを模擬試験の成績に反映させる極意があります。 実に簡単なことです。 是非やってみてください。

『過去の定期試験用紙を取り出して、もう一度徹底的に復習するのです。』 これ以上に優れた受験勉強はありません。 

東京に開成という高校があります。 毎年、200人近い学生を東京大学に送っています。 『試験の前に100点満点は期待しない。 しかし、試験が終わったら、誰もが満点でなくてはならない。』 これが教えです。 参考にしてください。

投稿日時 - 2006-12-11 11:16:36

お礼

ご回答ありがとうございます。確かにテスト問題のやり直しがとても重要なようですね。僕も一応してるのですが。。。。んー。でも今回予備校に行ったのですが、そのときに何となく分かった気がします。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-20 22:58:12

ANo.5

No.4の続きじゃ。

N0.4でわしが最も言いたいことは
「生まれつき頭のよい人間の勉強方法」を真似してはいけない、ということじゃ。では、生まれつき頭がよい人間の勉強方法とは一体どういう勉強方法なのか・・・?

それは

1、暗記は極力しないでじっくり理解するまで考える
2、とにかく参考書などの説明をじっくり読み、頭に詰め込む
3、コツコツとじっくりゆっくり問題集を解く

といった勉強方法である。
普通の人間がこのような勉強をしても「絶対に」生まれつき頭がよい人間には勝つことができないんじゃ。

とりあえず時間がないので、ここまでじゃ。
また時間ができたら続きを書くとしよう。

投稿日時 - 2006-12-10 18:52:26

ANo.4

ふぉふぉふぉ・・・
No.1じゃ。

>よろしくないと言いますと具体的にどの部分を改善すべきでしょうか?

ではこれからわしが「何がよろしくないのか」について述べていくとしよう・・・

・・じゃが、その前におぬしに「勉強というもの」について説明しなければならん。これを説明しなければ、おぬし自身が自分の勉強法の誤りについて深く理解することができんじゃろうからな・・・

よいか。まずは「生まれつき頭のよい人間」と「そうではない人間」という話じゃ。この世の中には生まれつき頭がよく、物事に対する理解力が高く、また、あらゆる事柄に対して応用力を働かせることができる人間がおる。おぬしはどうかわからんが、わしは「生まれつきの頭がよくない」方に属する人間じゃ。

ここで考えてみてほしい。たとえ話じゃが、もしネズミと馬が1500メートル走で本気で勝負したらどっちが勝つと思うかのう?

当然じゃが、いかにネズミがすばしっこいといっても馬のスピードには勝てないじゃろう。つまり、ネズミは馬と同じことをやっても勝てないということじゃ。これは「生まれつき頭がよい人間」と「そうではない人間」に対しても同じことが言える。すなわち、「生まれつき頭がよくない人間」はなんとかして「生まれつき頭のよい」人間に勝つ方法を考えなければならないわけじゃ。

とりあえず、ここまで話したわけじゃが、何か気になる点があればわしに話すがよい。もしこの話に納得できたのであれば続きを述べよう。

投稿日時 - 2006-12-09 20:00:05

ANo.3

こんにちは。

komaributoさんの答案などを拝見していないので確証はありませんが、
サボることなく毎日がんばっているのに成績が上がらない理由、
質問文を読むとわかる気がしますねえ……。

> 定期考査ではほぼ9割近くとれます。でも模擬試験になると全くです。
> それなりの勉強はしてるはずです。
> 現代文はセンターの過去問を1問。新聞は毎日みてます。
> 数学も基礎はできてるけれでも応用になったらコロリという感じです。
> 睡眠時間も関係してくるのでしょうか?

主にここらへん。

コツコツと毎日勉強を積み重ねていけば報われる、というのは間違ってはいないとは思うのですが、とりあえず数をこなしていけばよい、というわけでもないのです。

勉強には「コツコツ頑張ってこなしていく部分」と「勉強内容を正しく理解して、それを適切に使って問題を解決する部分」があって、komaributoさんは後者のほうができていないと考えられます。

「コツコツ頑張ってこなしていく部分」には、たとえば英単語や古文単語や歴史用語を覚えたり、文法や活用を理解したり、数式を当てはめて基本問題を解いたり、といったところですね。また、先生が授業中に説明してくれた話をもとに定期試験の問題を解く、というのもこの部分にあたります。

でも、学校外の模擬試験や大学入試などは、学校の先生が事前に説明してくれているような類の問題ではなく、解決方法が事前にわかっているものではない。その場で問題を読んで、問題の構造を理解して、自分のもっている解決手段(知識や数式等)を使って考えて、問題を解けるかどうかが勝負なのです。

それができないということは、数式等の本質が実はわかっていないか(式を当てはめて基本問題が解けることは、必ずしも「わかっている」ということではありません)、知識が無い/身についていないか、それが適切に使えていないか、のどれかじゃないかと思います。そしてこれができるようになる手段は、ノルマや義務のように基本問題を数多くこなしていくことではない。

数学の応用問題ができなかったのなら、まず解説が丁寧に書かれている参考書や問題集で復習をして、こういう問題を解決するためにはどんな考え方をしていけばいいのか、数式をどんなふうに応用していけばいいのか、というのを理解して身につけていくことが重要です(「その問題の答え」や「その問題の解決手順」を覚えることではないですよ)。


次に現代文ですが、書かれている文章が現代の日本語、私たちは日本語を母語とする日本人なのですから(違ったらごめんなさいです)、論説文でも小説でも「意味を理解して読めているだろう」という意識があると思われます。

しかし実際に問題を解いてみると、「なんとなく読めて思い込みで解答しているだけで、実は正しく読めていない」「文章の論理構造を正しく理解できていない」ということがあり得るのです。文章中の単語の正確な意味、言葉と言葉のつながり関係、そして文章同士の論理的な関係などを読み取れていないのではないでしょうか?特に論説文はかなり厳密に文章を分析していかないと、正しい答を出すのは難しいです。

正しい読解力を養うのに、今の時期からセンター試験の問題をやってもほとんど意味は無いです。センター試験の現代文の問題は、解答形式に慣れるために3年生の2学期ぐらいからやっていけば良いもので、それまでは解説が非常に詳しい記述問題集などのほうが学習のお供には適切です。

良質の問題を解き、もし間違っていたなら解説をじっくり読んでいくことで「どんな思考の過程を経て、文章を読み解いて問題を解いているのだろう?」という文章の読解の過程を身につけていく、解答が合っていたとしても「合ってた。良かった良かった」で終了するのではなく、「自分は解説を書いた人のように考えて正しい解答にたどり着けたんだろうか?」ということを解説を読んでじっくり確かめてみることが重要です。

勉強内容の本質や正しい思考過程が身についていれば、1日数時間の勉強ノルマを義務として修行僧のようにこなさなくても、目の前の問題解決に対処できると思われます。

投稿日時 - 2006-12-09 14:04:29

ANo.2

ただ、闇雲に勉強すれば良いというのではないと思います。
「数学も基礎はできてるけれでも応用になったらコロリという感じです。」ってご自身も言っているではありませんか。
つまり、記憶が主で、自信で考えることによって応用する力が身に付いていないと思われます。
英語に関しては、ベラベラしゃべれるくらいですから、試験で出題されるような文法的な問題は解けるのでしょう。ただ、レベルが低いから授業放棄はどうかと・・・
現代文は英語の出題と違い、文法的な出題ではないからとれないのです。全般をとおして言えることですが、意味を理解することです。

投稿日時 - 2006-12-09 05:50:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに記憶が主という部分が有るのかもしれません。でもできなかった数学の問題を何度も解いていくうちに覚えてしまったりするのですが。。。それはやはりいけない事なのでしょうか?(やり方だけだったらまだしも答えまで覚えてしまうので、それに合うようにやっていったりしている部分はあります。)
現代文は意味を理解してるはずなのですがなかなか採れません。それは小学校の時も同じでした。努力が報われずに嫌になりかける事だってあります。好きこそ物の上手なれではないですが、国語自体をどうにも好きになる事ができません。どのように現代文の点数を上げたら良いのか全くわからずとても困っております。

投稿日時 - 2006-12-09 10:19:19

ANo.1

ふぉふぉふぉ・・・
お困りのようじゃな・・

なぜ点数が取れないのか・・・その決定的な要因がおぬしの質問文の内容から見て取れる。

「それなりの勉強はしてるはずです。例えば化学は”セミナー化学”を、毎日3問ずつ。」

この一部分だけでも実によろしくない。
まずは何がいけないのか、ちょっと考えてみるとよいじゃろう。

投稿日時 - 2006-12-09 05:12:14

お礼

ご回答ありがとうございます。よろしくないと言いますと具体的にどの部分を改善すべきでしょうか?(人に聞きっぱなしはよろしくないと思うのですが、全くいけない点が見えてこないので。。。)といいますのも、それらを1日のノルマとして毎日積み重ねる事で点数が伸びると考えるからです。この考え方自体間違ってるのでしょうか?

投稿日時 - 2006-12-09 10:15:06

あなたにオススメの質問