こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

故人に送られてくる株主総会通知について

45年前に亡くなった父がある会社の株を持っていたらしく、毎年業務報告や株主総会通知が郵送されてきます。株数はごくわずかな端株で、生前処分した株券の一部の名義が書き換えられていないようです。
商法で、株主名簿の住所へ株主総会通知を送付しても2年続けて所在不明で返送されてくる場合は、名簿から削除できるという規定があったと記憶しています。
最近商法を検索すると、5年間所在不明の株主の株は競売または自社が買い取ることができるとかになっています。
当地は名前だけでも郵便が届くような田舎なので、郵便局員に配達するなと言っても、また来年持ってきそうです。
いちいち返しに行くのも面倒なので、法令根拠を〒局長に示して幽霊宛に配達するなと言いたいので、どなたか該当条文をお教えください。

投稿日時 - 2006-12-11 17:45:30

QNo.2594527

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

郵便局のいまの手順では配達するなというものを配達することはありませんが、どういう話し(あるいは書き方)しましたか?
これはいらない(返せ)、広告郵便いらない(返せ)という言い方ではだめです。

住んでいない、行方不明、亡くなったなどの理由とその人あてのすべての郵便返送が条件です。NHKやNTTなども名義変えていなければ返ります。(ストーカーのときなどは個別事情で配慮してくれるかも)

「**あて郵便は返すよう」申し出れば来ることはなくなるでしょう。
(機械で区分する段階で取り除ける)
いまでも配達の人はなくなったのは知っていても親切で届けていそうですが
こういう行き違いはいいことじゃなくても仕方ない面もある。

差し出す側に連絡しても止まらないのですか? 出せば郵便局は届けるしかない(^^)、、
>郵便局員に配達するなと言っても、また来年持ってきそうです

郵便局に当たる前にきちんと手続きすればいいです。全部返せといったのに来たら新聞に投書します。だらしないのは送ってくる方だが、そちらとのやり取りはどうなっているんですか?

投稿日時 - 2006-12-11 18:12:42

お礼

「すげえ配当貰っているかも知れんと思とった、トドハハ。じゃあ止める。」で片付きました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-20 12:35:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 郵便局長が勝手に郵便物を配送しないようにすることは、基本的には出来ません。

 このケースの場合、亡くなられたお父さんの相続人の一人である貴方が、現に所在不明になることなく連絡が付くことから、そこに故人宛ての郵便物を配達することは、民法上も極めて自然なことで、会社側でも名義書換をしていない以上、勝手に株の宛先人を変えて処理をすることは出来ません。

 小額の端株であろうと貴方が相続関係の書類をそろえて、会社宛に放棄または相続の手続きをする必要があります。

 昔の端株の場合は、1株であっても株券が発行されているはずで、手続きは結構大変ですが・・・

 父親が幽霊にならないよう、きちんと相続を完了させることは、一種の供養で、お葬式と同じように費用や手間が掛かっても、きちんと済ませておくほうがいいと思います。

 私も、10年ほど前故人名義の端株株券が紛失して出てこなかったので、簡易裁判所に書類を持っていって、官報に告示し、株券を再発行の上会社に買い取り請求しました。当然、買い取ってもらった金額より、手数料のほうが高くつきました。

 尚、あと数年すると株券が廃止され、このような株式の処理の方法が変わるはずなので、証券会社に問い合わせして見てください。
 ひょっとすると、株券を紛失し株券がなくても故人名義でその株数が登録されるかもしれません。もしそうなら、官報に告示する必要がなくなり、手数料が安くなるかもしれません。

投稿日時 - 2006-12-11 18:11:49

あなたにオススメの質問