こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

真実のキリスト教徒の定義って何?

最近、友達の紹介であるキリスト教徒(プロテスタント)が集まる教会に招かれて週1回訪問するようになったのですが、カトリック教が正教と言われるものに対して、プロテスタントは新教と呼ばれているそうですが、プロテスタントにも数々の教派が存在しているらしいことをWikipediaで調べました。あまりにも教派がありすぎて、調べることが正直面倒くさくなってしまいました!!
実際じゃあ本当のクリスチャンと呼ばれるキリスト教徒は、どこの教会にいるの?何を最終的には求めているのでしょうか?毎日どれくらい祈っているの?プロテスタントのクリスチャンは、カトリックに対してどのようなフィーリングを持っているの?
とてもマニアックな質問ですが、答えられる方がいらっしゃったら、ぜひご回答を宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2006-12-19 01:50:11

QNo.2611551

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

本当のクリスチャンという定義が問題ですが、個々により異なりますので、なんとも言えません。
ただ、一般にクリスチャンと言った場合、大多数のキリスト教徒が含まれます。
現在異端とされる(ごく普通のキリスト教徒において)キリスト教は、
1.モルモン教
2.統一教会
3.エホバの証人
4.クリスチャンサイエンス
があります。
また、カトリックなどの中には、ペンテコステ派を異端視する人もおります。
アメリカの福音派諸派は、福音派の人達意外を異端視する傾向があります。
福音派とは、特定の宗派ではなく、聖書絶対主義者の事です。
異端視とは違いますが、アナバブテストの人達(特にメノー派)は、奇異の目で見られがちです。

プロテスタントとカトリックの関係では、プロテスタント側の考え方で大きく変わってきます。
ルーテル派や長老派、聖公会などの歴史の有るところほどトリックを敵視しませんが、新しい教派ほど敵視します。
特に福音派と自称する教派ほど敵視します。
特にペンテコステ派のアッセンブリ・オブ・ゴッドとカトリックは、特に仲が悪いように思われます。
また、カトリック内でも、ドミニコ会などは、イエズス会を異端視する場合がしばしばあり、現在中国での異端さわぎにもなっています。

キリスト教の最終目的は、最後の審判の後の死者の復活とそれに続く至福の生活です。

投稿日時 - 2006-12-19 10:22:23

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

 字義通りに言うとクリスチャンとは「キリストの足跡に従う者」という意味です。
 原理的になりますが、キリストは当時イスラエルでの戒律主義的な信仰のあり方を否定した訳ですから、毎日どれくらい祈るとかそういう形式的な事な信仰のあり方には本来否定的であると思います。ただパウロは信者同士が集まりあうように述べているので、各自が勝手に信仰するのではなく信者が組織だって信仰する事を奨励しているようには思います(万人司祭主義という各自がめいめいに信仰して良いとする感じの主張もあります)。またイエス自身も、主よ、主よという者が皆王国を受け継ぐ訳ではないと述べているので、自称クリスチャンがみな皆本物のクリスチャンとはならない事も示してもいます。
 最終的にクリスチャンが求めることは天の王国に入ることなのですが、伏線みたいなのがありまして、旧約から読んでいくと世界を支配するのは誰がふさわしいか?というサタンの出した問題に人間が自ら神の支配を望むという回答を出せるかというテーマも含まれると思います。

投稿日時 - 2006-12-19 04:52:15

ANo.2

1:本当のクリスチャン
カソリックにとっては、カソリックのみが本当のクリスチャンであり、ギリシャ正教徒にとっては、ギリシャ正教徒のみが本当のクリスチャンであり、末日聖徒教会にとっては、末日聖徒教会員のみが本当のクリスチャンです。天国への階段は、自分たちの階段のみとしています、他の階段は異端です。
イエズス会とフランチェスコ会の関係は、カソリックの中の別の団体という関係ですが。
日本でも、日蓮は念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊と他派を否定しています。まぁ宗教なんてそういうもの。
2:求めているもの
最後の審判における、天国行きです
3:プロテスタントのクリスチャンは・・・
異端だと思っていると思います。
ちなみに、自称ではプロテスタントはプロテスタントとは言いません。「自分らは、抗議者です」とは言わない。

投稿日時 - 2006-12-19 03:02:04

ANo.1

キリスト教徒であると言ってもご指摘の件は、ともに異なる信仰を持った信者として区別することですよ。それぞれが違った基準で信仰生活を送ってますからね・・・。本当のクリスチャンはどこにいるって・・・。信仰を持っていない人には解らないと思いますし、枝分かれした信仰概念は、「どこにいる」・・の、問題ではありません。本当(真理)は、解釈の違いにより、いくつもあります。ですが、本来のキリスト教徒は、どの宗派においてもできる限り教会で人生を過ごすのが信者の真理だと思いますがね・・。プロテスタントのクリスチャンは、カトリックに対してどのようなフィーリングを持っているの?という答えは、「自分たちとは違う人たち」・・でおしまいです。

投稿日時 - 2006-12-19 02:28:54

あなたにオススメの質問