こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

差別用語と大和言葉

めくら・つんぼ・おし・きちがい・・・などが差別用語だそうです。

しかし、これらは日本固有の大和言葉であって、これらの代わりに用いられる漢語表現である「盲目」「聾唖」「狂人」などがOKというのがイマイチ納得できません。
もちろん差別される側にとっては、自分や自分の家族、親友のハンディキャップに対して直接的表現を使ってほしくない、という気持ちはわかりますが。
極端に言えば「中国語はOKで日本語はダメ」ってことですか?

最近ではディズニー・アニメの「ノートルダム物語」。あれって昔の人だったら「ノートルダムのせむし男」だとすぐにわかるし、現にアニメの中でも「せむし男」が描かれていますよね。

また、英語圏ではblind, deaf, wordless, crazy といった言葉はよく使われていますよね。これらは彼らにとって「差別用語」にはならないのですか?

テレビや映画の中では、殺人や詐欺や薬物濫用などの「悪いこと」が表現できるのに、これらの言葉が使用できないというのに不自然さを感じています。
これらのメディアの制作者側の人たちだって、差別しちゃいけないから使わないのではなく、使ったことで叩かれたくないから使わないのは見え見えですし。
私たち観客側から見ると、使わないことで不自然さを感じ、むしろそのことを目立たせてしまっているように感じるのですが。

私はどんなに無垢なことを言っていても誰しもが差別意識を持っていると思っていますので、めくら・つんぼ・おし・きちがい・・・などの言葉が最初から単なる事実の描写以外に差別的な意味合いを含んでいたと思います。
しかし、これらの大和言葉を比喩的に用いる場合にも「差別用語だからダメ。外国語ならOK。」というのに引っかかりを感じます。

皆さんのご意見をお聞きしたいのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2002-04-30 11:00:42

QNo.261983

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>遠慮なく忌憚のないご意見・回答・アドバイスをお寄せ下さい

と書かれておりましたので一言。
「よろしかったらハンドルネームをクリックして下さい」と書かれてましたが、
コメント欄の使い方がみみっちぃ~(←大和言葉かな?・・・機会があれば教えてください)ですね。
あのような事を書いて何とあるのか?と正直感じましたが。

私は思ったことは回答欄で書いていますので、あえて弁解にもなりかねない
あのような内容は「クリックして下さい」と言ってまで読んでもらうようなことでもないと思います。
最近ご友人が増えたとのこと、良いことだと思います。
私は若かりし頃から沢山の友人に楽しい時間を与えてもらってきました。
友人は本当に有り難いものだと思っています。感謝しています。
もしも友人が病に伏した時、私は多少なりとも差別を含んでいる言葉を投げかけたくはありません。
決して「叩かれたくない」からではないし「使わないことで不自然さを感じる」事もないと思っています。
同じような人間が集まるもので、私の仲間はみなその様な人間です。不思議です。

私もこのような議論は嫌いですが、私も自分の意見を単なる「意見」として述べたまでであり、意見を押し付けた覚えも、人間性を決め付けた覚えもないことはどうぞご理解ください。

本題に戻りますが、うちの子供たちは「ちび黒サンボ」の話も全く知りません。
差別的なことはうちでは全く植え付けておりません。
そういう風に育った子供にとっては使わないことが当たり前であって、そこには不自然さも無いということです。
私もそういう人間の一人です。
遣わないことで不自然さを感じる観客・・・はそういう教育を受けた人の話であって、そうでない人間にとってはとても自然なことなのです。
差別感がぬぐえない以上、遣うべきではないのも当然だと思うのですが・・・。

外国語だとOK!は単に訳し方の問題であったり、その言葉が母国においてどのように解釈されているかを知らないだけの話でしょ。
そんなに難しい問題ではありませんよね。
問題なのは、差別意識を拭い切れない言葉を社会やメディアが規制する点にあると思いますが、それはごく当然の事であり何ら問題は無いということだったのですが・・・。

毎回迅速且つご丁寧なお礼有難うございました。
最後にこれだけは言っておかなければ・・・と思うことを書きますね。
私には嫌いな人はおりません。よく「うそやぁ~」と言われますが、本当なのです。
私から言わせれば、何で嫌いになるのかな?ってなもんです。おかしいですか?
このようにお付き合い頂いた事に感謝こそすれ、許せないとか嫌な人だなどとは一切感じていませんよ。
ちょっと皮肉は入ってましたけど・・・その点は本当にゴメンナサイ。
又、どこかでお会いできる日があると嬉しく思います。

これ以上は書き込みしませんが、書きっぱなしとは思わないで下さいね。

投稿日時 - 2002-05-04 12:09:17

お礼

いやあ本当に何度もありがとうございます。

>コメント欄の使い方がみみっちぃ~(←大和言葉かな?・・・機会があれば教えてください)ですね。

いやあ突っ込まれますねえ。やられたって感じです。(笑)←非常に自嘲的な  

あんなこと書くから幼稚だと思われるのかな?もちろんmasa-pata-miyaからじゃないです。言い訳めいてますよね。私のコメント。書くときは素直な気持ちで書いたつもりだったんですが。
ただ、私の感覚では「弁解」や「言い訳」は自分の不備を補うものであると考えておりますので、全く気にしていません。
それと、もっと早くコメントを書き換えようと思っていたのですが、せっかくクリックしてくれと言った手前、masa-pata-miyaさんが読んだことが確認できるまで、長い時間恥を曝しておりました。もうすぐ書き換えます。(汗タラタラ)

>最近ご友人が増えたとのこと、良いことだと思います。

ありがとうございます。本当に不思議なくらいです。以前は人に嫌われたくないという気持ちが強かったので、なかなか友達ができませんでした。最近なぜかある程度自分を曝け出せるようになってきたようです。最近の友達に「昔は神経質でシャイだった」と言っても誰も信じてくれません。(ある意味、悲しい)

>本題に戻りますが、うちの子供たちは「ちび黒サンボ」の話も全く知りません。

ああそうですか。そう言えば私の世代でやっと知っているくらいですかね。

>差別的なことはうちでは全く植え付けておりません。

では、世間から受ける影響には・・・と突っ込みを入れるつもりは全くありません。逆に親御さんがどういった考えにせよ、信念を持って子供たちを育てることは非常に大事なことだと思います。世間からいろいろな影響を受けるからこそ、そういった教育の精神が必要なんですね。

>外国語だとOK!は単に訳し方の問題であったり、その言葉が母国においてどのように解釈されているかを知らないだけの話でしょ。

ええそうです。しかし、何度も書いておりますが、私の疑問は「どのように解釈されているかを知らない」から沸いてきたのです。

もうひとつ、言い訳を。質問の中で私は、「これらのメディアの制作者側の人たちだって、差別しちゃいけないから使わないのではなく、使ったことで叩かれたくないから使わないのは見え見えですし。」と書いていますが、これはその人たちを非難したものではなく、自分がその人たちの立場だったら同じようにするだろうと想像したから、「見え見え」と言えるくらいにわかるのだ、と言う意味です。
言葉が足りなくてすみませんでした。

本当に私の稚拙な質問に付き合っていただいてありがとうございました。

>どこかでお会いできる日があると嬉しく思います。

私もそう思います。本当にお会いできたら、と思います。
最後にmasa-pata-miyaさんの皮肉に対抗して私から突っ込みを。

>・・・私達子供に対してその様な“言葉を慎んだ”教育をしてきてくれたことに今さらながら感謝し、誇りに思う今日この頃です。

それでも皮肉で相手をやり込めようとできるのは社会の影響によるものですか?

引用文を一部加工してしまったことをお許し下さい。やり込めようとしているなんて嘘です。すみません。冗談がきつかったですかね。それとも冗談がわかっていないと言われそう・・・。
また言い訳になりますが、私は回答者の方の人格を文面だけから判断するつもりは毛頭ありません。できれば、笑って流していただければ、と切に思います。

それから、皮肉が入ってしまったことは全く気にしていませんので、大丈夫です。最初は皮肉だと気付かなかったくらいほとんど「軽く流して」いました。

全くこんなアホに(あっ差別用語か)付き合ってくださり感謝しております。

>これ以上は書き込みしませんが・・・

を撤回なさっても結構です。
明日いっぱいまで開いている予定です。m(_~_)m

投稿日時 - 2002-05-04 13:02:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(19)

ANo.19

こちらを拝見していますと少し混乱してきましたので、私の感じとったことを…。

trunkmanさんは結局のところ、
・差別的表現とよばれる言葉の中で、外来語に対する規制が甘いのは、表面的な差別現象を一時的に抑えているだけで、かえって弊害がある。
・差別問題を解決するためには、すべての人々が、自分の中に差別感情があることを認め、正面から取り組んでいかなければならない。
というお考えをここで主張してらっしゃるのでしょうか。

でしたら、日本と欧米の文化的差異や、差別用語と呼ばれる言葉のひとつひとつについて説明されても、きっと納得されないと思います。

以前教育現場で仕事をしていたときに、差別用語と呼ばれる言葉に対する過度な反応にしばしば驚かされました。
そこで気づいたことは、みんなが「自分は差別者になりたくない」という感情を持っているということです。
その感情を特に強く持っている人たちは、次のような方が多いです。
・差別の実態を知らない、あるいは知りたがらない
・「差別語」をこの世から根絶しようと考えている
前に述べられている方がいらっしゃいますが、一部の人権擁護団体や左翼団体の方に顕著に見られます。
trunkmanさんの苛立ちはこのあたりから発しておられるのではないか?と思いました。

たとえば、近頃の小学校・中学校には、養護学級のあるところが少なくなっています。
ハンディキャップを持っている子どもたちの多くは、主に養護学校に通うことが多くなりました。
養護学級のない学校の子どもたちの喧嘩を聞いてみると、相手を挑発するのに「ヨウゴ」という言葉を使うことがあります。「差別語」の誕生です。
身近にハンディキャップのある仲間がいないと、理論や感情をいくら駆使して教えても、彼らの差別感情は根本的には変わりません。
逆に、養護学級のある学校では、学級名を「おおぞら学級」「たんぽぽ学級」と呼び、ハンディキャップのある子どもたちを「おおぞらの子」「たんぽぽの子」とフォローしあう雰囲気があります。
(「おおぞらへ行け」と喧嘩の中に出てくるときもありますが、不思議と深刻な差別感情は伴いません)
ハンディキャップのある仲間とともに過ごし助けあい理解しあうことで、子どもたちの感情には確実な「他者共感」の土台が培われます。
また、外国人が多く住む地域ですと、自然と多文化に触れる機会が多くなり、同じく「他者共感」の土台が養われます。
このような経験を積んでこなかった子どもたちは、「差別者になりたくない」という観念的で強迫的な感情が強いように思われます。
ただ残念ながら、現代の日本ではそのような環境がどんどん少なくなってきていて、差別問題も目に見えにくく姑息なものに変容しつつあります。

知らないでいることは、trunkmanさんのお考えになっているように、弊害の方が大きいと私も考えています。
しかし現状は、「自分は差別者になりたくない」という個人的感情が「差別はなくさなければならない」という大義名分と巧妙にすりかえられているために、世論も混乱しているのだと思います。
かつての部落開放同盟がやった「糾弾」のように、人間の感情を無視した啓蒙活動は、人々の反発を買うばかりです。

「差別用語は、大和言葉はNGで外国語ならOK?」という問題提起は、差別問題を真っ向から取り組むには表面的にすぎるかもしれません。

投稿日時 - 2002-05-05 21:48:17

補足

お礼を書いて今日中に締め切るつもりでしたが、風邪をひいてしまい、書くのがしんどいので明日また調子がよくなってから改めて書きますので、ご了承下さい。

投稿日時 - 2002-05-05 22:13:38

お礼

再度回答ありがとうございます。
そして『お礼』が大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。

>・差別的表現とよばれる言葉の中で、外来語に対する規制が甘いのは、表面的な差別現象を一時的に抑えているだけで、かえって弊害がある。

いいえ、そうではなくて「外来語はその意味するところが間接的に伝わるので日本人にとっては都合のいい表現であるが、英語圏の人たちにとってはそのものズバリの表現にも関わらず、日常で普通に使われているようであるし、Four-Letter Wordのような放送禁止用語でもなさそうだ。でも日本では日本語での元来の呼び方である表現がなぜ差別用語として実質禁句とされているのか?その違いはどこから来ているのか?」という疑問です。

>・差別問題を解決するためには、すべての人々が、自分の中に差別感情があることを認め、正面から取り組んでいかなければならない。

「・・・なければならない。」というほど強い主張を持っているわけではありませんが、「すべての人々が、自分の中に差別感情があることを認め」ることは非常に大事なことであり、かつ難しいことであるとも思っています。これは父親の世代に問うと猛烈な反発が帰ってくる場合が多いのでそう感じます。

以前、戦後50年の1995年に某市の市民講座の『日本がアジアの国にしてきたこと』という普段ではなかなか聞くことのできないレクチャーに3ヶ月間通い、朝鮮大学校の教授を始めとする在日韓国人・在日朝鮮人の方たちの話や南京事件や従軍慰安婦の研究者の方たちの話を直に聞いて目から鱗が落ち、自分の心の中にも充分に差別心があることに気付き、その問題が自分とは関係のない話ではないどころか自分たちを含む現在進行形の話であることがわかり、さらに「差別問題」や「民族問題」や「部落問題」が善悪や敵vs味方というように単純に線引きできる問題ではないことを知りました。

その後、自分の身内や知人の中にも「あんなにいい人が~」と思える人ほどその人の心の中の「差別感情」がはっきりとしたコントラストを伴って見えるようになり、一時期人間不信にもなりましたが、よく考えてみると「差別意識がない=善良な人」という図式が如何に幻想であったかを思い知ったのでした。

当初、私の疑問は何度も言っていますが、「blindやdeafという言葉はそれを使うネイティブの人にとってどういう印象の言葉なのか?日本人にとってのめくらやつんぼとどう違うのか?」ということでした。しかし、回答者のほとんどが日本人であるこのサイトにそれを求めるのは無理がありました。よく考えれば私にはドイツ語圏とヒンドゥー語圏と英語圏にそのような質問を投げかけることのできる知人がいました。今度その人たちに聞いてみます。

>そこで気づいたことは、みんなが「自分は差別者になりたくない」という感情を持っているということです。
>その感情を特に強く持っている人たちは、次のような方が多いです。
>・差別の実態を知らない、あるいは知りたがらない
>・「差別語」をこの世から根絶しようと考えている

私の想像していたことそのままです。

>trunkmanさんの苛立ちはこのあたりから発しておられるのではないか?と思いました。

苛立ちというほどのことでもありませんが、そう思ったからこそこういう質問をしようと思ったのです。

また私自身、小学校~中学校と劣等感の強い根暗な子供だったので、当時からひねくれており、何十年も経った今でもこういった楽しくもない質問をしてしまうのかなとも思ってしまいます。かといってわたしの質問に付き合って下さった回答者の皆さんまでひねくれているとは思っていませんので悪しからず。

いずれにしても、OKWebってたまに嫌なこともありますが、こんなに勉強になったのも初めてです。
回答者の皆さん、本当にありがとうございました。
また、このサイトで会えることを楽しみにしております。
ポイント分配までしばらくお時間をいただきます。
それでは。

投稿日時 - 2002-05-07 15:07:25

ANo.18

 私の作文能力が拙くて、伝わらなかったかもしれませんので、再び....。
俗にいう『差別用語』に関する私の見解は、trunkman さんとほぼ同様です。
質問のカテゴリー、社会>言語 から逸脱しないように、私見を述べます。

 俗にいう『差別用語』は、「刃物」と同様、無神経に用いてはいけませんが、
事の本質はあくまでも人の「心」に潜む蔑みと差別ですから、言葉の言い替えは、
事の本質を包み隠すことは出来ても、「心」までをも変える事は出来ません。
 『土方』や『百姓』を取り払ったところで、職業蔑視が消えないように、
TVや新聞等のメディアが特定の言葉の使用を控えたところで、
一障害者を取り巻く環境には、何らの変化も起きないと思うのです。

 『子持ちよりテンボウ雇え』、『メクラ撃ち』、『ツンボ桟敷に置く』、……
これらの言葉の中に、少なからず蔑みと差別が含まれているとしても、
それらを単純に言い替える事で、一体何が解決するのか、私には解りません。
 例えば『中村俊輔がビッコをひいてるぅ~』という実況中継があっても、
私は、そこに「下肢障害者」に対しての蔑みも差別も感じません。
片足でピョンピョンと跳ねている俊輔に対して「足を引きずっている」と、
事実と違う表現をする事のほうが、よほど弊害が多いように感じてしまいます。
 ・・・一昨日のキリンカップでの出来事です。怪我、大丈夫かなぁ・・・

 善男善女、多くの人々が、真に障害者の事を思いやってくれるのならば、
メディアでの表現に、腹を立てたり注文をつける事で費やす労力を、ご自分の
周囲の数人の心から、蔑みと差別を取り払う事に振向けて欲しいと願うのは、
天邪鬼の私だけでしょうか??


「いずれ頭髪に恵まれなくなる、体重に恵まれ過ぎた上肢機能不自由者」(苦笑)
による戯言と、笑ってくれても結構です。
「いずれハゲる、デブの『かたわ』」と表現するほうが、よほど事実を言い表すと
感じる私は、やはり天邪鬼なんでしょうねぇ......(^^;;)

投稿日時 - 2002-05-04 22:27:48

補足

お礼を書いて今日中に締め切るつもりでしたが、風邪をひいてしまい、書くのがしんどいので明日また調子がよくなってから改めて書きますので、ご了承下さい。

投稿日時 - 2002-05-05 22:11:41

お礼

再度の回答ありがとうございます。

最後の4行が事実であるかどうかはわかりませんが、ご自分を表現なさったふたつの言い方、いずれも私にはonkelさんに面と向かって言える表現ではありません。しかし、仮にonkelさんを情緒的に揶揄しようとする者はそういう言い方をするかもしれません。
私はそういう言い方は決していいとは思いませんが、そういう権利を奪ったり、言えないような社会的雰囲気を作ったりすることには反対です。
この世から差別感情が消滅していないのに、さもないかのように取り繕った社会はまるで抗菌処理を施した家屋に抗菌処理を施した家具や生活用具と一緒に暮らし、一歩も外へ出ないのと同じように無気味な感じがします。

自分のことを考えてみても、生まれたときから一度も差別的な扱いやイジメなどを受けてこなかったら、今のように差別問題という楽しくもないものに関心など抱かなかったでしょう。
例えは悪いかもしれませんが、一見害毒のように見える雑菌だってその抗体を作ることには役立っていると言えるでしょう。

人は憎んだり蔑んだりするから人間なのではないか、と思うわけで、憎しみや差別のない社会なんて最初からあれば別ですが、異次元の世界を想像するくらい私にとっては難しいことです。
ですからonkelさんが天邪鬼だなんて思えません。むしろ実にノーマルな人だなあという印象を受けます(もちろん文面だけから判断してはいけないことは百も承知ですが)。

私は差別用語を聞いたり見たりして傷付く人にも、その言葉を発した相手も同じ人間であり、その立場から言っているのだという肯定的な姿勢で受け止め、このサイトでのやり取りと同じように文面だけから短絡的に悪くとるのではなく、よい方に受け止める態度があれば、もし発言者に本当の悪意があったとしても……いやもうやめましょう。

結局、私もこのように自分の意見を途中でやめてしまう、臆病者であるし、信念のない奴と思われても仕方がないのです。
しかし、信念がなくては人間ではないわけではないし、仮にそう言われたり「偽善者」とか「差別主義者」などと言われても本当の自分が変わるわけでもないし、かと言って槍玉に挙げられれば、「恐ろしい」と感じる一般的な人間です。
障害者の本当の気持ちがわからなければいけない必要もないと言い切ってしまいましょう。なぜならいつも一緒にいる健常者の妻の本当の気持ちだって正直言ってわからないんですから。

私は最近このサイトでいわれのない中傷にも取れる扱いを受けました。でも死ぬわけじゃないから平気です。もちろんそれに対してどんな手立てを打ったかは言えませんが。

私の感覚はこんなものです。どうか反論のある方はどしどしお願いします。
健康上の都合からもう一人の方に『お礼』を書く時間がありませんので、締め切りは明日の正午くらいにします。

投稿日時 - 2002-05-07 01:14:58

ANo.16

私の意見の一体どこが人格攻撃なのですか?私には分かりません。
もしtrunkmanさんを「きちがい」と表現したことでその様に思われたのでしたら、trunkmanさんご自身も、やはりそういった言葉を軽く聞き流す事が出来ずにいらっしゃるのではないですか?
全く平気でしたか?

私は自分自身が毅然とした態度でその言葉を遣うことが出来もしないのに、

>これらのメディアの制作者側の人たちだって、差別しちゃいけないから使わないのではなく、使ったことで叩かれたくないから使わないのは見え見えですし。
私たち観客側から見ると、使わないことで不自然さを感じ、むしろそのことを目立たせてしまっているように感じるのですが

と自分と大して変わらないと思える人や行動を非難することに疑問を感じます。
メディアが様々な感性の人間を思いやる行為のどこがそんなにいけないのかな?と思いますよ。
それにどうして「叩かれたくないから使わない」と言い切れるのですか?
私のような人間にはメディアの行いは、ごく自然な事としてしか受け止められないのですが。
どこが見え見えなんだろう・・・?
どうしてそんなに裏を探ろうとするのかな?疑問だらけです。
日常生活でtrunkmanさんなりに自然にお遣いになればよいわけで、
そういう社会の風潮を指摘するのはどうかと思います。

こういう意見もあるということです。

最後の(笑)はお祈りもむなしく、完全なる皮肉でした。
しかし、こんな事くらい軽く流せない人が、本当に精神的な病気になり「きちがい」という言葉を耳にした時、本当に平気なのか、疑問が残ります。

投稿日時 - 2002-05-03 19:06:57

お礼

またまた回答ありがとうございます。

始めに誤解のないように書いておきますが、私の「お礼」文や「補足」文の中には決して皮肉として語っている文はないつもりですし、もちろん今回のこの「お礼」文の中にもそういった内容の表現はしていないつもりです。
ですから、

>私の意見の一体どこが人格攻撃なのですか?私には分かりません。

とおっしゃっておられることも私にはピンと来ません。
念のために私のこの質問での「お礼」「補足」の内容を全てチェックしましたが、masa-pata-miyaさんが「偽善者」であるとか、人格攻撃をしたとか、あるいはそういうことを遠まわしに言って非難したように誤解されるような表現はみつからなかったのですが、一体どの部分がmasa-pata-miyaさんにとって不快(これもあくまで私の推測ですが)なのか本当にわかりません。私はあくまで自分の意見や回答者のご意見に対する反論をしただけです。
でも、もしかして私が全く気がつかないところでmasa-pata-miyaさんを傷付けているのかな?とも思ってしまいました。もしそうであるなら、これ以上この場で議論することはお互いにとって不愉快な結果を生むだけだと思いますが、いかがでしょうか?

はっきり言いまして、ここにこういうことを書き続けることも私の質問の当初の主旨から乖離してしまうことであると思います。結局、私の書いている文章もだんだん自分の言い訳になってきている感じがしてきて、自分でも少々嫌気が指してきました。すみません、こんな弱気を言って。

ただ、私としてはmasa-pata-miyaさんの揚げ足を取ろうと思ったり、議論に勝ちたいと思ったり、自分だけが「いい子」になろうと思ってはいないことは確かです。でも良く考えれば、このサイトは顔も見えなければ、相手がどこの誰かもわからない、言ってみれば「文章だけの世界」です。ですから、私も相手に誤解を受けるような言い方(書き方)はしてこなかったつもりですが、それでも私の本音とは別の形で文章だけが一人歩きしてしまったのかもしれません。
こういうことに気が付かないのも差別用語を理解できない
ひとつの原因であるのではないかと・・・・なんと言ったらいいのでしょうか。私が議論の場ではあくまでも相手の言ったことに反論はしても、意見の内容だけで勝手に相手の人間性まで決め付けることはできない、と理想論めいたことを思っていること自体が甘いのでしょうか?

結局、言葉が足りない人間はここでこういう質問を立ち上げる資格もないのでは・・・と今さらながら感じてしまうのです。
何気ない言葉で相手を傷付けてしまう。
私はそういう人間ではない、いやそういうことには敏感な人間だと思ってきましたが、少し反省の必要があるようです。
いろいろ、お手数をおかけして申し訳ありませんでした。

masa-pata-miyaさんを始め他の回答者の皆さんからは、いろいろなご意見をいただき本当に感謝しております。
年齢の割には未熟な私のような人間の質問に真剣に回答して下さり、ありがとうございました。

近いうちにこの質問を締め切ろうと思いますが、私が言いっぱなしで終わるのは失礼だと思いますので、2~3日は開けておきます。その間の駆け込み回答はおおいに歓迎いたします。僭越ですが、私は自分にかかわる全てのことは勉強だと思っていますので、遠慮なく忌憚のないご意見・回答・アドバイスをお寄せ下さい。(全く来なくても平気・・・じゃないかな)

もし皆さんとどこかでお会いできることがあったら、ぜひ友だちにしていただきたいですし、お互いの本音の意見をぶつけ合える関係になれたら、いいだろうなと思うのですが。

とにかく皆さんありがとうございました。
本当に本当に勉強になりました。

投稿日時 - 2002-05-04 00:32:18

ANo.15

>もしそうなら「くそ」とか「うんこ」とか「げろ」とか「げりっぴい」とかいう言葉は使ってはいけないのでしょうか

このような言葉のどこに差別意識がありますか?
全く主旨がずれてしまっています。結構幼稚な発想でしたね(笑)。

>私は「音楽きちがい」であり、「ビートルズきちがい」であり、「バイクきちがい」でした

私からすれば「何故いちいち『きちがい』と言うのかな?」という感じです。
なんか面倒臭いですね。「好き」でいいんじゃないのかな。
4文字が2文字になって言いやすいですよ~。

確かに育った環境が違うようですが、だからといってそういった言葉を遣わない人間が「偽善者」であるかのような発言は気になるところです。
そういう環境で育っていなければ「失礼な言葉」としか受け取れないのです。

これからの社会には、私のような人間は確実に増えるでしょう。

(先の回答者の意見から・・・)
>今日の新聞によれば2002年の国際競争力が30位に後退したそうですが、丁度戦前の頑張る教育を受けた人間がいなくなる
時期に符合しているのは、戦後アメリカによってもたらされた厄病のような教育効果が示現する時期に合致しているのでしょうか?

まさに私はその中の1人でしょう(笑)。

trunkmanさんのような方も大勢いらっしゃるでしょうが、私のような人間もおります。
生理的に受けつけない人間は私だけなのでしょうか?

で、個人的にお遣いになることは全く問題無しだと思います。
ただし、そこまで仰る以上は、障害のある方や病気の方に面と向かって遣ってくださいね。
ご自身の評価が下がる・・・なんてことは一切気にせずに。
本人に向かって言えない様なら、trunkmanさんも偽善社会の立派な一員です。

「きちがい」の正しい定義、教えていただいて有難うございました。
大変勉強になる質問でした(笑)。

投稿日時 - 2002-05-02 15:59:33

補足

すみません。すっかりお礼を言うのを忘れておりました。

本当に何度も回答ありがとうございます。

先ほど書きましたように、私は意見に対する反論は相手に対する人格攻撃だとは思っていませんので、私の書いた内容にご意見やまた新たな回答・アドバイス等ありましたら、懲りずにまたお願いいたします。

投稿日時 - 2002-05-02 17:48:08

お礼

>このような言葉のどこに差別意識がありますか?
全く主旨がずれてしまっています。結構幼稚な発想でしたね(笑)。

そうですね。masa-pata-miyaさんの発言の一部を取り上げて、さも差別的な意味合いが全くないかのように「きちがい」という言葉を都合よく「くそ」とかという言葉に例えてしまったのは申し訳ありません。

>確かに育った環境が違うようですが、だからといってそういった言葉を遣わない人間が「偽善者」であるかのような発言は気になるところです。

いえ全くそのつもりはありません。私はいくら意見が違ったとしてもそのことで相手の人格を決め付けたりすることはしていないつもりです。もし私の文面でそう受け取らざるを得ない部分がありましたら、指摘して下さい。私はあくまでもmasa-pata-miyaさんの回答文に対して所見を述べただけであって、masa-pata-miyaさんの人格攻撃をしたつもりは毛頭ありません。
私は少なくともmasa-pata-miyaさんのことをそんな風には思っていません。会ったこともない方をそういう風には決め付けたくありませんから。(よろしかったら私のハンドルネームをクリックして下さい。ただし、22時までです。)

私にとって「~きちがい」というのは「~ずき」というより自然です。なぜなら、「私はビートルズがすきです」というよりも「私はビートルズに狂ってる」=「ビートルズきちがい」の方が事実に近いからです。要するに単に「すき」なだけではなくて「きちがい」と言われるくらいに「すき」の度合いが大きいからです。
先ほど私が挙げた英語の例も、「僕はビートルズに狂ってる、と言ってもいいほどすきだ」ということです。
英語圏の人たちが普通にcrazyという言葉を日常の会話の中に用いているのに日本では何故そうではないのか?その文化的・歴史的背景は何なのか?が私の知りたいところであって、日本の文化が間違っていると決め付けているわけではありません。
ただ、私の感覚からすると「きちがい」のような言葉を気にする人がいるからと言って安易(じゃないのかもしれませんが)に封印してしまうのはどうかな?ということなのです。
それは私の感覚です。だからと言ってmasa-pata-miyaさんが私と同じ感覚を持つべきだと言っているわけではありません。

>trunkmanさんのような方も大勢いらっしゃるでしょうが、私のような人間もおります。
>生理的に受けつけない人間は私だけなのでしょうか?

ええ、そのことは重々承知です。ですから敢えてmasa-pata-miyaさんの前回の回答に反論めいたことを書いたのです。要するにmasa-pata-miyaさんのお気持ちは良くわかるけれども、前回の回答の内容については私はこう思うということを書いたのですが、それもいけなかったでしょうか。

>本人に向かって言えない様なら、trunkmanさんも偽善社会の立派な一員です。

実は私もなかなか言えません。それは何故なのか?そのことも疑問なのです。こういう話題を質問に出したからといって、私が毅然として正義を曲げない強い人間と思わないで下さい。私にもたくさんの迷いや戸惑いはあるのです。
しかし、今回の質問はいつかは誰かに聞いてみようと思ってたことで、今までなかなか機会がなかったのです。私に確固たる自信があるわけではありません。
私の質問や意見は私の人格そのものではありません。あくまで質問であり意見です。それはもし機会があったら直に会ってみればわかります。(実現はできないでしょうが)
こういった未熟な人間はこういう質問もしてはいけないのでしょうか?

>「偽善社会」

わ~もう私の手に負えないです。「偽善社会」というのはどこにあるのですか。私はそういう抽象的なことはよくわかりません。でも思っていることと実現できることが一致していないと「偽善社会の立派な一員」なのですか。残念ながら、私も含めて私の周りの人間はそういう人ばかりです。

masa-pata-miyaさんの文章の最後にある(笑)はなんでしょうか?
全く笑うところではないと思うのですが。
それとも皮肉でしょうか?
もしそうだとしたら、私は少なくともこの質問を真正面から問いかけていると思っていますし、masa-pata-miyaさんもそのように回答されていると思っていますので、不思議な感じがします。そうでないことを祈ります。
それに、

>「きちがい」の正しい定義、教えていただいて有難うございました。

と書いておられますが、私は正しい定義と思っているわけではありません。私の感覚では「きちがい」というのはこういう場合に使うような言葉ですよ、と言っているだけです。
とにかくmasa-pata-miyaさんのことを「偽善者」などとは決して思っていませんから気を悪くなさらないで下さい。もし、私の今までの「お礼」や「補足」に言葉が足りなかったら謝ります。

少なくとも「議論」や意見のぶつけ合いは喧嘩や中傷ではないので、そのところをご理解なさって下さい。もちろん、この場が議論の場ではないことも重々承知の上です。

すみません、管理人さん。

投稿日時 - 2002-05-02 17:13:41

ANo.14

無知な者が再登場するのはなんですが・・・「きちがい」について。

どの範囲をそう呼ぶのですか?
私は今まで実際に使ったことが無かったのでどのように遣えば良いか分かりません。
母の時代には精神面で何らかの問題がある場合に使用していたそうです。
ですから9年間も鬱で病んでおられたtrunkmanさんも母等に言わせれば「きちがい」なわけです。
お気の毒に思います。

今は昔と違って医学も発達し様々な病気が解明され、きっちりと治療をすることで治る病気も増えてまいりました。
「きちがい」はまさに“無知の剥き出し”みたいな言葉です。
それに何と言っても「美しく」ないし、「品性」も無い。

古いもの全てに趣があるわけではないし、より良いものがあるならば、それに変えていくほうが自然で美しいと思いませんか?

昭和一桁生まれの両親ですが、私達子供に対してその様な言葉を慎んだ教育をしてきてくれたことに今さらながら感謝し、誇りに思う今日この頃です。

投稿日時 - 2002-05-02 12:25:26

補足

すみません。言い忘れました。

鬱病はその症状において「きちがい」と言われるような病気ではありません。むしろ「病気」とは認識されず、「怠けている」とか「気力がない」とか「消極的」とか言われるような状態が続きます。ですから「きちがい」という言い方は合っていません。
ときどきイライラ感から異常に激しく怒るときがあります。そのときはまさに「きちがい」の状態と言ってもいいでしょう。
ただ、masa-pata-miyaさんのお母様の世代の方が「精神的な病気」を全てひっくるめてそう言われるのなら、「ああ誤解してるなあ」と思うだけです。

要するに「きちがい」という言い方が事実誤認であるというだけで、そう言われてショックだから「きちがい」という言葉を封印して欲しいなんてこれっぽっちも思わないです。

ある女性が見た目が男っぽいからといって、「そこの男の人」と呼ばれてショックだったとしても、何かを封印して解決できる問題ではないはずです。
それとこれとは違うと言われるかもしれませんが、その女性にとっては重大なことですから。

お時間が許せば、また回答をお待ちしております。

投稿日時 - 2002-05-02 13:48:57

お礼

またまた回答ありがとうございます。

「きちがい」について。

私は結構使います。
私が鬱であったときもその前も、またときどき今でも短気で「きちがい」を起こすことはよくあります。もちろんこの場合は「極端に激しく怒る」ことです。この「きちがいを起こす」という言い方は私にとって特別なものではありません。今よりもっと気が短かった若いころは両親に「そんなにきちがい起こすもんじゃないよ!」ってよく注意されました。
また、私は「音楽きちがい」であり、「ビートルズきちがい」であり、「バイクきちがい」でした。英語でも I'm crazy about the Beatles. (僕はビートルズがだ~い好き。)という言い方をします。
ですから「きちがい」という言葉を使ったことのないmasa-pata-miyaさんとは生まれ育った環境が違うのだと思います。

>「きちがい」はまさに“無知の剥き出し”みたいな言葉です。それに何と言っても「美しく」ないし、「品性」も無い。

そのとおりです。しかしだから「きちがい」という言葉を封印していいのでしょうか?もしそうなら「くそ」とか「うんこ」とか「げろ」とか「げりっぴい」とかいう言葉は使ってはいけないのでしょうか。もちろん、それらの言葉を使う情況を考えないといけないのはわかりますが、もし使ったとしても使ったほうの品性を云々されるだけで、それによって重大な社会的な不都合が生じるわけではありません。
すべての言葉が美しい社会は私にとっては気味が悪いです。

>古いもの全てに趣があるわけではないし、より良いものがあるならば、それに変えていくほうが自然で美しいと思いませんか?

それは個人の考え方の問題です。そう思えばそうすればいいし、そう思わなければ変える必要はないし、増して社会的圧迫によって変えさせられるなんてまっぴらです。

私の父は大正生まれ、母は昭和一桁生まれ。私の両親は特に言葉を慎んだ教育はしてくれませんでしたが、少なくとも真っ当な人間に育ててくれたと感謝しています。

すみません。また持論を書いてしまいました。
ただ、あくまで私は質問者ですので、回答者の方と意見が違っても充分にそれを尊重し、参考にさせていただく姿勢に変わりはありません。
言い過ぎがあったら、指摘していただいて結構です。

投稿日時 - 2002-05-02 13:44:30

ANo.13

 長い文章を読んでいただいたようで感謝します。

>それは「障害者」であればその意見は全て正しいのか?

 とは限りません。間違った意見であれば指摘すればよいし、あまりにひどい言動をもつ者なら、集団から自然に排除されてしまうことになります。

 また、公共の場などでたまたま障碍者がそばにいたからと言って、頼まれもしないことをする必要はありません。何かで困っている様子が見られるなら、声をかければいいし、そうでなければ普通にほっとけばいいと思いますよ。

 それは障碍があるからないからとか、男だから女だから、出自がどうだから、国籍がどうだからということよりも、単に個人差の問題にすぎません。みなさんの周囲には障碍などなくてもおかしな奴がいると思いますが、対応はそういう人に対するものと全く同じでよいのです。中には自分の立場を利用して、対立する相手に不当な攻撃を加える輩もいますが、近づかないことです。

 ただし健常者と同じように非常にエキセントリックな家庭環境で育ってしまった人もいますので、善意をもって説得する、相手の意見が正しい部分があるのならそれを認めてその部分は歩み寄るなどの努力が必要かと思います。自分の方が立場が上なら特に相手にうまく社会に適用してもらうように努力すべきでしょう。何度も言うようですが、単に個人差の問題です。

>では何故日本語の「~」はそういう道を歩まなかったのでしょう

 それは現状ではあまりに露骨で攻撃的な言葉だからでしょう。普通の社会生活の中では、他人を人格的に攻撃する言葉など全く必要ありません。職場でそれを行うと結果として生産性を落としますし(偉い人ほどよく使いますが)、学校や家庭ですと、結局使った本人がダメージをおいます。しかし誰しも経験するように実際は多くの場面で感情的な悪口は飛び交っています。でも「それをいっちゃおしまい」「しゃれにならない」という言葉がやはりあります。例示された言葉はそういう位置にある言葉だと思います。

>今まで健常者でいた人が突然病気や怪我で障害者になったとしたら、すぐに障害者全ての気持ちがわかるようになるのか?

 自動的にそうなるとは限りません。その人の資質を含めた生き方の問題です。

>健常者の中にもずるがしこいと言われる人がいるように障害者の中にもいたとしてもおかしくないのではないか?

 その通りです。しかしこれも単に個人差の問題です。中には仕方のない生い立ちを持っている人がいますが、例えば職場ですと、生産性を落としますので排除されますし、教育の現場ですと個別に粘り強く的確な指導が行われることが望ましいと言えます。しかし、それほど深い仲でなければどうしようもないこともあります。友達つきあいはなくなるでしょうね。

>blind や deaf はどうなのですか

 辞書を引いてみると例えば"blind"には、「盲目の」の他に「理性がない」という意味があるようです。現代では特に視覚障害と理性とは関連がありませんので、その言葉を使われたほうは、不快な印象を持つおそれがあると思います。この単語に限らず状況によっては使わない方が無難でしょう。時間をかけて過去の文芸作品を探してみたのですが、うまく説明できるような例にあたりませんでした。

>差別意識を多くの人が持っているからといって、それが問題だと言っているわけではないのです…

 自己の内面と誠実に対峙し、自分でも気がつかない自分の感情的特質を認識することは確かに大事です。たぶん私自信も不覚にもいつでも差別者になり得るでしょう。しかし、そのような問題提起ができるのは徹底した人間性肯定の立場からのみだと思います。ご質問の文章からそこまで判断する材料は読みとれませんので、その点に言及したのは私の誤解であったと思います。

 

 障碍者とどう接するかということに限らず、その状況をどう見切ってどんな言葉を使うかは、例えば営業の現場、好きになった娘をくどくとき、などなどこれから何度でも直面します。ひとつひとつの言葉にこだわるより、その場の状況をどう正確に判断するかが問われると思います。また人間ですから誰でも感情的になることがあります。それを乗り越えてよりよい人間関係を築けるかどうかは、人生の質そのものに大きく関わってくる問題です。

 私は思うのですが、社会には障碍のあるなしに限らず、いろいろな立場や考え方を持った人がいます。法や制度やマスコミがどんな言葉を使って、そんな言葉を使わないかという些細なことに至るまで、社会全体とそういうさまざまな属性を持った個人との関係をどう保つかと言うことに関してたくさんの論点があり、その一つ一つにその立場から生じる「正当な」主張があります。それぞれが、その立場を理解し尊重しあっていれば少なくともおかしなことにはならないと信じます。またこのような価値観はきれい事などでは決してなく、自分自身が意図しない悪意を周囲にふりまくことによって孤立してしまう危険を回避するための生活上の大事なテクニックでもあります。

(「碍」という字は中村正三郎氏の主張に共感して「害」と区別するため使っています。下記のサイトにはその下りはないようですが…)
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/

投稿日時 - 2002-05-02 07:47:22

お礼

>長い文章を読んでいただいたようで感謝します。

いいえこちらこそ、何度も回答いただいて恐縮です。
私はまだまだ自分が成熟していないせいかもしれませんが、障害者の方に普通の人と同じように接するということがまだよくわかりません。

>それは障碍があるからないからとか、男だから女だから、出自がどうだから、国籍がどうだからということよりも、単に個人差の問題にすぎません。みなさんの周囲には障碍などなくてもおかしな奴がいると思いますが、対応はそういう人に対するものと全く同じでよいのです。

それはよくわかるのですが、相手が障害を持っていると知っているのに、そのことを無視して付き合うことはできないのも自然だと思います。
その場合でも普通の人と全く同じように接していいのか?喧嘩して「お前なんかもう二度と顔を合わせたくない!」と言ったり、罵声を浴びせたりしてもいいのか?(普通の人間関係ではよくあること)という疑問が浮かびます。
もちろんその人の障害に向けて攻撃するのはよくないことだとはわかります。それは健常者であっても自分の欠点を指摘されたくないのと同じように。

再三すみません。blind や deaf の件は日本でどのように扱われているかではなくて、それを母国語としている国では日本の「めくら」や「つんぼ」のように差別語だから使ってはいけないとか放送禁止用語にされているという話を聞いたことがないので、その文化的背景の違いは何なんだろう?という疑問なのです。

>障碍者とどう接するかということに限らず、その状況をどう見切ってどんな言葉を使うかは、例えば営業の現場、好きになった娘をくどくとき、などなどこれから何度でも直面します。ひとつひとつの言葉にこだわるより、その場の状況をどう正確に判断するかが問われると思います。また人間ですから誰でも感情的になることがあります。それを乗り越えてよりよい人間関係を築けるかどうかは、人生の質そのものに大きく関わってくる問題です。

そうですね。おっしゃるとおりだと思います。このようにしなければいけないからそうする、のではなくて自分や相手の資質の問題、あるいは手探りでもいいから良い人間関係を築いていこうという心構えの問題なのですね。

>「碍」という字は中村正三郎氏の主張に共感して「害」と区別するため使っています。

お気持ちはわかります。
しかし、「障害」の「害」という文字が悪印象を与えてしまっている現実があるから、敢えて代替として「碍」という文字を使うのでしょうが、たぶん大部分の人にとって「障碍」と書かれても読めないでしょうし、ピンと来ないでしょう。で、読みと意味がわかったときには「何だ障害と同じじゃないか」ということになって、結局はこの表現を使ってもわかっている人はわかっている、でもわからない人はわからない、ということにはならないでしょうか。つまり、「障碍」という言葉が読めて、意味がわかる人にとっては「障害」でも問題ないのでは?
もし「障碍」という言葉が一般的になったときには、また「障害」と同じような印象を持たれるのではないでしょうか。
もちろん私は「害」には「わざわい」という意味があり「碍」にはそれがないことはわかりますし、「さまたげる」という共通の意味があることは知っています。
ですから、私は「障碍」という言葉に代表される「言い替え」「書き替え」の表現というのは、事実に一時的にモザイクやボカシをかけているとしか思えないのです。いくらやってもイタチごっこのような気がします。ただ、それが障害者にとっての当面のプロテクションになっていることは否定しませんが。

私は感情的なことで言いたいことも言えなくなってしまう情況が好ましくないと思っていますので、敢えて言いたいことを言ってしまいました。
もし、失礼があったらお許し下さい。

投稿日時 - 2002-05-02 10:41:27

ANo.12

 やや質問のニュアンスは異なりますが、以前に私が回答した質問です。
  http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=217645
 放送で用いられても、苦情の来ない言葉で言い表せば『上肢機能障害者』、
平たく言えば、『てんぼう』・『かたわ』・『びっこ』ですが(苦笑)、
安易な言葉の『言い替え』には、賛成出来かねる立場の者です。

 いわゆる『差別用語』の件に関して、周囲の友人や知人達と話す際に、
私自身は『刃物』と『傷害事件』の関係に例えて話しています。
 刃物によって傷つけられるのですが、他人を傷つけようとする人間は、
刃物が無ければ「石」でも「金属バット」でも用いるのだと....。

 世の中に蔑みと差別が存在し、日々傷ついている障害者がいる事は事実です。
これまで蔑む側だった者が、病気やケガで蔑まれる側になったら....やはり、
『刃物』を無くそうとするのではないでしょうか。
 人の心も、世の中の風潮も、そう容易く変えることが出来ないのであれば、
せめて、目の前にチラつく『刃物』を無くして欲しいと願いたくなる気持ちも、
解らないではありません。 障害者の家族は、これが一層強いのだと思います。
でも、『めくら』・『きちがい』はダメで、『blind』・『crazy』なら良し、
というのは、ちょっとというより、だいぶ筋が違うように思えます。

 差別というのは、人の心に潜むものですから、真正面からこれを糾弾すれば、
即ち、少なからぬ視聴者や読者を相手にしなければならなくなります。
故に『差別用語』を使わない事が、本質を追求しないメディアの『免罪符』に
なっているようにも思えます。
 『思想・信条の自由』を守るあまり、『差別する側の思想』を尊重して....
というのは、皮肉が過ぎるでしょうか・・・???
 とにかく、言い替えで済まそうとするメディアの姿勢には、納得しかねます。
単なる言葉の言い替えには賛成できないという障害者は、少なくないですよ。


>もうひとつの疑問。それは「障害者」であればその意見は全て正しいのか?
>今まで健常者でいた人が突然病気や怪我で障害者になったとしたら、
>すぐに障害者全ての気持ちがわかるようになるのか?
いうまでもなく、『NO!!!』です。 

投稿日時 - 2002-05-01 04:16:36

お礼

回答ありがとうございます。

>刃物によって傷つけられるのですが、他人を傷つけようとする人間は、
>刃物が無ければ「石」でも「金属バット」でも用いるのだと....。

まさにそのとおりだと思います。
私は質問の中でも「誰しもが差別意識を持っている」と言いましたが、それに気付いて自らの理性によって障害者や弱者の気持ちを理解しようと試みたり、傷付くような言葉をに対して慎重になったりする人もいれば、自分の中にある差別心を省みることなく、あからさまに蔑んだ態度を取る人も中にはいることも事実です。

>目の前にチラつく『刃物』を無くして欲しいと願いたくなる気持ちも、解らないではありません。

そうですね。ですが、障害者に対してその障害の状態を直接的にいう言葉を口に出しにくい社会通念を作れば、一時的に障害者の心の負担を減らすことはできても、却って健常者の目を障害者の方から遠ざけてしまい、差別という暗い問題に少しでも光明を見出す機会を奪ってしまうものなのではないかと思うのです。
むしろ「めくら」や「つんぼ」というもちろん元々差別的意味合いを含んでいる言葉であっても、差別用語として封印していなければ、今ほど差別的な意味合いの度合いは強くならなかったのではないかと思うのです。

「あなたはめくらですか?」と障害者に言ったとして、もちろん言われた方はショックを受けるでしょうが、本当に差別心のある人が障害者に対してそういう言い方をするでしょうか。むしろ差別心のある人は言えないと思います。もちろん「そんな言い方しなくたって、目がお悪いのですか?という言い方があるじゃないか」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、そのどちらの言い方でもその後に「ああそうですか。それで、なにかご不自由はないですか?」という言葉から会話が生まれ健常者が障害者を避けることなくコミュニケーションが取れる社会になってもいいんじゃないかと私は思うのですが、いかがでしょうか?そのときには「めくら」という言葉は差別用語でもなんでもなく、英語圏の人たちが使っているような blind と同じように実態を表現する言葉になっていると思うのです。

そんなに甘いもんじゃない!と思われたらご意見を聞かせて下さい。

投稿日時 - 2002-05-01 09:01:08

ANo.11

まだ,出ていないと思いますので、ひとつ書かせていただきます。

私が書かせていただくことの要点は、
差別用語はだれが決めたのか?
-->
差別用語は、左翼によって仕分けられ、選別されたものである
ということです。

まずは、回答らしきものを・・
>極端に言えば「中国語はOKで日本語はダメ」ってことですか?
これは、NOだと思います。

支那の例を見ても、そうですが、左翼思想が指定するものは、いくつかあります。また、英語圏のblindはじめ英語表現は、日本の左翼による「言葉狩り」が盛んであった時点でポピュラーではなかったために網の目を潜り抜けただけです。もちろん、シナチク、支那そばなどもしかり。

私の考えでは、先の方がおっしゃるように、「人を差別し傷つける(意図を持って発せられた)言葉」が、本当の「差別用語」ですので、外国の子女が日本の小学校で「ガイジン、ガイジン」とはやし立てられたなら、「外人」は差別用語であることになると思います。

しかし、左翼(特にマスコミに浸透した自称反権力の権力者)はそうしなかった。一定の言葉の「基準」を作ってしまったのです。そしてそれは、放送禁止用語集として、大成され、踏襲されてきています。
用語集の継承者たちは、「むしろ目立たせようが、たたかれたくないと思われようが」関係なく、単にはみ出さないことで「良識ある自分」を守っているだけです。

そして、その用語集が問題の「差別用語」の定義書であり根源なのです。

ですから、ご質問の
>これらの言葉が使用できないというのに不自然さを感じています。
というのは、きわめて当たり前の感覚であると思います。

>日本固有の大和言葉
にも多少の恨みがあったのでしょう(○教組は特に・・)

左翼人権派の「言葉狩り」では、本当の差別が潜伏し、より陰湿になって行くだけのように思います。

うまく言い表せないのがじれったいのですが、ハンディキャッパーをどのように呼んでも、真の意味で差別しない人々が大多数になる日を願っています。

投稿日時 - 2002-05-01 00:34:56

お礼

回答ありがとうございます。

差別用語は左翼および自称左翼によって作られたのですか。なるほど、そういう見方もあったのか、と驚いているところです。

ただ、blind, deaf 等の件は日本でどう扱われたというよりも英語圏の人たちにとってどうなのか、差別的ではないのか、それとも障害者が聞いてもただの「そういう状態」や「そういう状態の人」を表す単なる言葉でしかないのか、ということなのです。
これらの言葉は映画や小説などにも出てきますし、日本語では直接的な「めくら」、「つんぼ」に当たる言葉だと思っていますので、日本と何が違うのだろうという疑問が自然と湧いてくるのです。
日本は閉鎖的、欧米は開放的と一概には言えないと思うので。
それに、英語でも障害者のことをいうときに defective, deformity などと言う代わりに婉曲的に disable person や handicapped person が使われていますが、これは一般市民的レベルで常識化していることであって、日本の情況とちょっと違うようです。

また日本では「臭い物には蓋」的に一時的に結果オーライであっても、それぞれの言葉に関して充分な論議がされていないと思っているのは私だけでしょうか。

投稿日時 - 2002-05-01 01:33:52

ANo.10

「めくら」「つんぼ」などの言葉は,
「目の見えない状態」「耳の聞こえない状態」を指すのではなく,
「目が見えない人」「耳の聞こえない人」を指していませんか.

他にも,「ハゲ」「デブ」「ブス」「短足」なども状態ではなく,
人を指して使う場合は差別(侮蔑)的な意味が感じられます.

また,「めくら滅法」という言葉は,
「目の見える人が,まるで目が見えないかのように,
めちゃくちゃな振る舞いをする」という意味だと思いますが,
「目が見えない人はめちゃくちゃな振る舞いをする」という決め付けが
言外に含まれています.本当はそんなことはないのに.
それらの言葉が,慣用語句として使われる場合は,
このような使い方が多いように思います.他の例は思いつきませんが.

等と書いてみましたが,
|しかし、これらは日本固有の大和言葉であって、
|これらの代わりに用いられる漢語表現である「盲目」「聾唖」「狂人」などが
|OKというのがイマイチ納得できません。
この答えにはなっていませんね.すみません.

差別用語とされている言葉を使うべきではない理由の参考にはなったかな.

投稿日時 - 2002-04-30 22:45:59

お礼

どうも回答ありがとうございます。

>「めくら」「つんぼ」などの言葉は,
>「目の見えない状態」「耳の聞こえない状態」を指すのではなく,
>「目が見えない人」「耳の聞こえない人」を指していませんか.

もちろん、それはわかっています。私は「めくら」=「目が見えない人」、「つんぼ」=「耳の聞こえない人」を指すものだと思っています。でもそれらが「目の不自由な人」、「耳の不自由な人」と言い換えても事実描写としては変わらないどころか、却って事実を曖昧にしているだけとしか思えないのです。

>「目が見えない人はめちゃくちゃな振る舞いをする」という決め付けが
>言外に含まれています.本当はそんなことはないのに.

それもそう思います。それは私が質問の中で書いた「めくら・つんぼ・おし・きちがい・・・などの言葉が最初から単なる事実の描写以外に差別的な意味合いを含んでいたと思います。」のように差別的な意味合いが含まれているのは理解できます。
ただ、それを「差別用語」だから使ってはいけない、あるいは使わない方がいいという結論に達するまで、充分に議論がされたのかが疑問です。
私の推測では、障害者に対しても「健常者」に対しても「思い遣り」の精神が働いて、本音をぶつけ合う議論を避けてきたとしか思えません。「思い遣り」といえば聞こえはいいですが、全てをなあなあで済ます日本的な悪癖ではないでしょうか。

投稿日時 - 2002-05-01 01:08:26

ANo.9

ご質問を読ませていただきましたが、あなたの意見に同感です。

マスコミ(このサイトも含めて)などが、いわゆる差別用語として「認定」して、使わないでいるのは、一部の「人権擁護団体」を気取った勢力からの「いやがらせ」を避けるためです。

耳の聞こえない人が、自分のことを「つんぼ」と書かれて気分を害さないはずはありません。では、よく使われる「健聴者」という言葉を見たときはどうでしょうか。これこそ、逆の意味での強い差別用語だと、私には感じられます。

最近「デフ・ゴルフ」Deaf golf という言葉もよく出てきます。マスコミはお構いなしに、「無神経に」この言葉を使います。

まさにあなたが主張されるように、外国語だったらどんな差別用語を使っても、日本では問題にならないのです。また、いわゆる差別用語さえ使わなければ、「差別意識はありません」で通用するのです。日本とは、そういう「建て前」の国です。

投稿日時 - 2002-04-30 16:09:10

補足

すみません、imparfaitさん。お礼を書くのを忘れてしまいました。
回答どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2002-05-01 00:52:43

お礼

>耳の聞こえない人が、自分のことを「つんぼ」と書かれて気分を害さないはずはありません。

私も当然のようにそう思います。しかし、だからといって短絡的に「つんぼ」は差別的な表現だから使うべきでないと結論付けてしまっていいのでしょうか?

私たち夫婦には10年以上経っても子供ができません。結婚当初は3人の子供が欲しいと思っていたにも関わらず、人工授精などの手段を試みたにも関わらずです。ですが、当然のように結婚してすぐに子供ができた人にとってみれば、何で子供ができないの?どちらかに問題があるんじゃないの?早く子供作りなさいよなどとという反応が出て当然だと思います。もちろんそれを言われると辛いです。特に家内にしてみれば、結婚前から子供を期待していただけに言われるとかなりショックです。しかし、我々に子供が未だにできないのは事実ですし、私たち夫婦だって普通に子供ができていたら、同じような反応をしたかもしれません。それに子供ができないことというハンディキャップを一言で言い表す言葉がないので「差別用語」だといって非難することもできません。(不妊症ではありません。念のため)
でも私たちは子供ができないからといって、悲嘆に暮れているわけではありません。子供の代わりにペットに愛情を注ぐことや、自分たちらしい生き方をすることで充分に人生を楽しんでいます。
本当の重度の障害者の方から言わせれば、それとこれとでは次元が違うと思われるかもしれませんが、自分の背負っている荷物は自分で背負うしかないのではないでしょうか?

とにかく、私が知りたいのは、日本固有の言葉を「差別用語」として封じ込めてまでして、得られる自由というものは「障害者」にも「健常者」にもあるのかということです。

投稿日時 - 2002-05-01 00:51:46

ANo.8

持論を展開します…不快と判断されましたらそれ以降読まないで下さい。
具体的な事項を単語にして対応させた言葉が差別用語では?と考えます。
(あまり「不自由」と言う言葉が好きでないので別の言い方をします)
「めくら」は視力が無い事を一言で言ってしまう。
「つんぽ」は聴力が無い事を一言で言ってしまう。
つまり
を一言で簡単に言ってしまうと、「差別用語」になるのではと思います。
好きで視力や聴力を失った人はいませんよね?
場合によっては自分の不注意かもしれません、でも辛いと思います。
引け目を感じて、障害の無い人と比べても劣等感が大きいです。
ちなみに私は生まれつきの障害を持っています。
それでいじめられました辛かったです、
でも障害者であるがゆえにその辛さを通り抜けて自立と言うか、成長していく必要があるとも思います。
「差別用語使うな!」「俺は悪くない!」ではらちがあきませんね
障害を自分で受け入れられた時、その差別用語が平気になると思うんです。
そう言う方は「差別用語で屈する」と言うことはあまり無いでしょう。

自分が人より劣っている時の差別用語は「不要!死ね!」の代名詞のように辛かった…
辛い事をたった一言の短い言葉で片付けられてしまうって悲しくないですかね。

多少外れますが、略語も不快だと思いませんか?せっかくの映画を「ハリポタ」「ハリポタ」と…「張りぼて」じゃねえぞ!
とか思ったりしないですかね…
本人が希望しないあだ名等も不快と思いませんか?日に焼けている人に「クロンボ」「チビ」「デブ」「ハゲ」も差別用語と言えなくも無い…

自分が言う「俺は馬鹿だから」は良いけど他人から「おまえって馬鹿だね」と言われても不快じゃないですか?
ある程度ゆとりがあれば腹が膨れてればお金があれば満たされていれば「差別用語」は無いかもしれません。
でも実際障害を抱えている方はどこか繊細な人が多いです。(別に障害者で無い人はずぼらだと言ってるのではないです。)

もっと言えば、差別用語を多用すれば同音異義語等または類推できる韻を踏む異義語も不快になるでしょう。
二都物語はロンドンとパリが舞台ですが斜視の方は「ロンパリ」となりナーバスになるでしょう。
斜視の方は「写真」と言う言葉も…と言えばそりゃキリが無くなりますよ…
「乱暴」や「つんく」、「ツン」と言う言葉からも「つんぼ」だ差別されてると想像してしまう事だってある。(少々強引ですね…)

差別用語に目くじらを立てる人もいるでしょうし、差別用語は今までどおり使う人もいるでしょうし。
そもそも差別用語だと考えて傷ついている時間があったら…と障害者に愚痴りたいと言うのは正直ありますし。
開き直って使いまくる方へも愚痴りたい…と言う所でしょうか…

ですからテレビ等は放送コードは「言うな!」であって「言ったけど誤ればいい」では駄目だと私は思います。
誤ることでその言葉が「差別用語だよ」という決定打になりますし。難しい所ですね。
最後は一人一人の気の持ち方でしかないのでしょうが…

投稿日時 - 2002-04-30 14:29:01

お礼

>具体的な事項を単語にして対応させた言葉が差別用語では?と考えます。
>(あまり「不自由」と言う言葉が好きでないので別の言い方をします)
>「めくら」は視力が無い事を一言で言ってしまう。
>「つんぽ」は聴力が無い事を一言で言ってしまう。

では、何故それと同じような表現である英語の blind や deaf などが「差別用語」として扱われていないのでしょうか?(なんどもしつこくすみません。)
そこが欧米と日本の文化的違いだとしたら、それはいったいどうしてなのか、が知りたいです。
例えは悪いかもしれませんが、欧米の映画では足の悪い人が悪人で犯人だったというストーリーが普通に描かれますが、日本で同じような設定で映画を作ったら非難轟々でしょう。
「ユージュアル・サスペクツ」という映画でケビン・スペイシーが半身不随(実は嘘だった=ネタバレ)の役をやって、助演男優賞を取りましたが、この映画の中でも身障者に対しての特別の配慮は見受けられませんでした。ケビン・スペイシーの役はあくまで左半身に障害を持つ詐欺師ということだけでした。
かといって、アメリカなどではそういう感覚に鈍感かというとそうでもありません。人が死んだ場合でも悲しんでいる人に気遣って、He is dead. とは言わずに、He passed away. と婉曲な言い回しをします。

>差別用語に目くじらを立てる人もいるでしょうし、差別用語は今までどおり使う人もいるでしょうし。
>そもそも差別用語だと考えて傷ついている時間があったら…と障害者に愚痴りたいと言うのは正直ありますし。
>開き直って使いまくる方へも愚痴りたい…と言う所でしょうか…

率直なご意見ありがとうございます。

>ですからテレビ等は放送コードは「言うな!」であって「言ったけど誤ればいい」では駄目だと私は思います。
>誤ることでその言葉が「差別用語だよ」という決定打になりますし。難しい所ですね。
>最後は一人一人の気の持ち方でしかないのでしょうが…

私などは使わないこと自体に「差別用語を使いたいんだけどあえて使わないんだよ」という制作者側の意図が見えてしまって、却って差別的に感じてしまうのですが。
特にドラマの中の登場人物がそれらの言葉を使うことまで制限するのははっきり言って表現の自由の侵害だと思うのです。
もし、それがまかり通るのなら、ドラマの中の殺人や全ての犯罪に関わること、全ての倫理観に反することも表現できなくなってしまってもおかしくないと思いますが。

投稿日時 - 2002-04-30 22:51:25

ANo.7

 ご質問の中の大和言葉だとおっしゃるほうは、日本語として使われてきた中で、人格攻撃に用いられた歴史があり、その悪い意味が定着してしまったふしがあります。中には、自分はそんな言葉を悪口として使ったことはないぞ、という人がいるかも知れませんが、やはり大多数がそういう使い方をして定着した以上、相手に悪意を伝えてしまう可能性のある言葉に違いありません。ですから生活の中でどんな言葉が相手を傷つけるのか学習した上で注意深く扱わないと、意図しない悪意を相手に伝えてしまう危険があることばです。

 一方の漢語起源の言葉は、単に性質や特性を述べた言葉であって、特定の相手を攻撃する際の武器にはなり得ないものであるとの印象を持ちます。この二つのグループの言葉の根本的な違いは、その言葉を向けられた人がダメージを受けるかどうかだと思います。相手の立場に立とうとすればその厳密な分類はできると確信しますが、どうでしょう。

 では「crazy」はどうかというと、すでに陳腐化しており、その過程で語源などから連想される具体的な内容を失い、抽象的な意味だけが残った言葉だと思うのです。「バカ」とか「アホ」もおおかたそうなっていますが、その言葉を聞いたとき具体的な身体的特徴や障碍を想起させることがなくなっていると感じます。(「バカ」に関してはアニメ「巨人の星」の中で消されたことがあるとか)ですから、差別用語には含まれないと考えます。

 ただし、言葉には使う人・時代・背景・状況などによって一定のぶれが伴います。ある場合はよいが、他の場合はだめだとかありますので注意は必要です。

 人間は生まれながらにそれぞれに必ず違いがあります。また生まれた後も、どうしようもない事情によって後天的に身体の一部の機能を失ったり、障碍を負う場合もあります。また健康に年を重ねても、老域に達すると多くの人が同じ目に遭います。障碍者と健常者の違いは考えられているほど明確ではありません。

 言葉の問題に帰れば、障碍があるからないからという話ではなくて、相手の立場に立てるか、人の痛みが分かるかという社会一般で普通に要求される態度に過ぎないと思います。使い方によってはどんな無害に思える言葉でも、人を傷つける可能性があることを知る必要があります。

 自分自身に関しては自分は一人の人間であると考えますが、どのような基準で切っても、人間の集団はある統計的な広がりにしたがって分布しています。たまたま自分がその統計曲線の中央付近にあるからといって、他の人もみんなそうだとは言い切れないのです。自分がその曲線のどのあたりにいるかも、一定の人生経験を積まないと分からないはずです。このことは身体的特徴や個性に関しては必ず当てはまりますし、もちろん「誰しもが差別意識を持っている」という命題そのものにも言えることです。

 私は昔、障碍者と言われる人たちへのボランティア活動に少しだけ関わったことがあります。ある日、外で何かあったのか障碍を持つ中学生の娘さんが泣きながら、ご両親に向かって「自分なんか生まれてくるべきじゃなかった、死ねばいい」とすがりついた場面に居合わせました。ご両親と私は事情を聞いて声をあげて泣きましたが、そのお母さんが、「あなたがたとえどんな姿であっても生きていて欲しいの」と声をかけられていました。その言葉の前には「誰もが差別意識を持っている」などと軽々には言えないし、言うべきではないと「誰もが」感じると思います。

 「だれしも差別意識をもっている」とは厳密にいうと正しいのかも知れませんが、その内容と程度の差によって大きな違いがあり、十把一絡げに表現できることではないと申し上げておきます。「人はみな犯罪願望を持っている」ことは確かでしょうが、実際に刑法犯罪を犯す人は全人口の1%もいないはずです。

 言葉の問題ですが、言葉だけを見ていても絶対にその実質的な内容はみえてきません。背後にある社会性や、言葉を成立せしめている客観性の正しい認識は是非とも必要であると考えます。

投稿日時 - 2002-04-30 14:01:34

お礼

>では「crazy」はどうかというと、すでに陳腐化しており、その過程で語源などから連想される具体的な内容を失い、抽象的な意味だけが残った言葉だと思うのです。

そうなんですか。では何故日本語の「きちがい」はそういう道を歩まなかったのでしょう。その辺の文化的背景の違いなどについてもお聞かせ願えればと思います。私の今回の質問のメインテーマは日本だけ(じゃないかもしれませんが)何故オリジナルの表現である大和言葉でそういったハンディキャップを表現すると差別用語として扱われるのか?ということです。(crazy はわかりました。では、blind や deaf はどうなのですか?)

もうひとつの疑問。それは「障害者」であればその意見は全て正しいのか?
今まで健常者でいた人が突然病気や怪我で障害者になったとしたら、すぐに障害者全ての気持ちがわかるようになるのか?
健常者の中にもずるがしこいと言われる人がいるように障害者の中にもいたとしてもおかしくないのではないか?

>「だれしも差別意識をもっている」とは厳密にいうと正しいのかも知れませんが、その内容と程度の差によって大きな違いがあり、十把一絡げに表現できることではないと申し上げておきます。「人はみな犯罪願望を持っている」ことは確かでしょうが、実際に刑法犯罪を犯す人は全人口の1%もいないはずです。

ええ、ですから差別意識を多くの人が持っているからといって、それが問題だと言っているわけではないのです。しかし、自分の中にも差別意識があるのだということを認識すれば全てに人(健常者も障害者も)にとって、少なくとも差別問題は対岸の火事ではなくなるはずです。

ボランティア活動体験からの貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-04-30 22:27:08

ANo.6

こんにちは。

ご質問の意図は理解出来ましたが、私にボキャブラリーが少ない為、趣向とずれましたら申し訳ありません。

基本的にはNO/1 buminさんのご意見と同感です。

言葉としては、既出のものは実際に使ってきた人たちが現存している訳ですし、公の場では使わないが、内輪では使っているでしょう。

要は、少しまえからの教育過程で『使用禁止』『使用自粛』としてゆき、後世は抹消させる方向でしょうね。
やはり、『言われて嫌悪感を感じた』障害者の方が多いということは、まぬがれないと思われます。

>どんなに無垢なことを言っていても…持っていると思っていますので
正直に仰っていて、好感が持てます。

私はリタイアしましたが、医療関係者でしたので、私どものような職業ではあらゆる差別は基本的に厳禁です。しかし、そのような職場でも根本には差別意識が見え隠れしている現実も多々、目の当たりにしてきました。
障害者の方よりは、国籍・職種・社会的地位・年齢・財産etc.
…どれもそのへんのチリ程にも満たない、つまらぬ物を基準にして。

差別意識とどう共生してゆくか、という考え方に転換してからは少々肩のチカラを抜く事が出来るようになりました。

蛇足ですが、海外に行く事が多く、30年以上生きてきて初めてイギリス人から嫌がらせを受けたことがあります。
持っていた物を故意に壊されたり、(うま~く、自分たちがやったと解らないように→解ってるっちゅうねん!怒)
英語が理解出来ないのをいいことに、小さい声で私達日本人を嘲っていました。
そういう場合の、『差別用語』はばっちり解るんですよね。まあ、一般的な「Jap」「Yellow Monkey」etc.ですわ。
態度にも『差別意識』が顕著でした。

差別意識・偏見を持たれる側に、初めてなったひとときでした(苦笑)。

つまらない意見ですみません(^_^;)、また、楽しい場所でもお会い出来ることも楽しみにしております。
とても勉強になりました(^.^)

投稿日時 - 2002-04-30 13:01:41

お礼

どうも、こういうシリアスな情況の中によくお出でくださりました。ありがとうございます。

>やはり、『言われて嫌悪感を感じた』障害者の方が多いということは、まぬがれないと思われます。

そうなんです。障害者の方に『嫌悪感を感じる』と言われると、もう何も言えなくなってしまう、というのが一般の人の普通の感覚ではないでしょうか。
私はその瞬間だけ立場が逆転していると思います。もちろん始めから立場の上下などないのでしょうが、私を含めて一般の方の多くが「障害者は可愛そうな人」という印象を持っています。かと言って「何故普通の人と同じように扱ってくれないんだ?」と言われてそのようにすると「あっその言い方は不快です。」と言われてしまう。結局「あなたたち健常者には私たち障害者の気持ちなんかわからないんだ!」と言われてしまうと、私など「ええ、そうです。おっしゃるとおりです。」などと言いかねません。
もし本当に本人の立場にならないとわからないのだとしたら、差別問題は障害者の方たちだけで議論すべきことになってしまいます。
それでいいとは思いませんが。
私は健常者に限らず障害者も含めて全ての人が自分の心の中にある「差別意識」と向き合うことでしか、差別問題を解決する糸口はないと思いますが、いかがですか?

投稿日時 - 2002-04-30 22:10:06

ANo.5

大和言葉はダメだが外来語はOK、というわけではないようです。
「盲」という文字は使うべきでない、という意見もあります。
たとえば92年に週刊新潮の新聞広告に「群盲」の文字があったのが、新聞社側の自主規制で空白にされた例もあります。
報道機関に対する差別語の法規制というのは存在しません。
buminさんがおっしゃっているように、使う側の心の問題、自主的・主体的判断に負う、というのが現状です。

大和言葉と外来語では内包される意味合いが違ってきます。
医学や科学、哲学など、現代使用されている学術的な用語はほとんどが外来語です。
学術的な用語など、本来は比較的教養のある人々だけが用いるものでした。
しかし現代の日本では、難解な用語でも広く用いられています。
中にはきちんと意味を知らないまま用いている人もいるほどです。

表現は平易だがいくらでも意味をふくらますことのできる大和言葉と違い、
外来語は客観的に受け入れられます。(難解でもあるし)
主観の入る隙が少ないので、クレームも少ないのだと思います。

差別的な言葉を表立って耳にすることは少なくなりましたが、差別の現状は改善してるとはいえないと思っています。
私は右手が不自由ですが、そのことを知った相手が、どうしていいやらまごまごすることがあって悲しい思いをすることがあります。
今の日本は、障害者を別枠の社会に押し込めて、腫れ物に触るような扱いをしています。言葉狩りなどより、社会のシステムを変えないと、本当の障害者理解はありえないと思ってます。
私個人的には、「こいつの手ワヤやねん」と言って筆記を代わってくれる友人に囲まれているときが一番居心地がいいです。

投稿日時 - 2002-04-30 12:48:28

お礼

回答どうもありがとうございます。

>表現は平易だがいくらでも意味をふくらますことのできる大和言葉と違い、
>外来語は客観的に受け入れられます。(難解でもあるし)
>主観の入る隙が少ないので、クレームも少ないのだと思います。

そうですか。私は「大和言葉」による表現はそのものずばりであり、漢語や熟語、外来語などで表現される言葉は間接的表現だと解釈しています。
ですから、今は「大和言葉」はストレート過ぎるからといって封印してもやがてそれらの代替になっている表現もいつかは差別用語になっていくのではないかと思います。それは当然ある言葉だけを「差別用語」として使用不可にしても人々の心の中に差別意識が強く残っている限り、「封印」は一時的な気休めに過ぎないのではないだろうか、ということです。

そういう意味でも我々のオリジナルな言葉である大和言葉での表現を封印してしまうのは、むしろ差別問題の解決(そんなものはないかもしれませんが)に目をつむって、次の世代に先送りしているだけではないのかと疑ってしまうのです。

投稿日時 - 2002-04-30 21:54:10

ANo.4

私は使っていますが新聞、放送、教科書などでは使えないようですね・・・見てみないふりをする風潮の一つでしょうか。

妙な口封じが横行しているせいで、歴史問題、靖国問題など重要なことまで、除けて通れることは近寄らないのが主流のようです。

私自身、年のせいと体の故障で身障者手帳を持ってますが、誰だって足が悪ければ【ビッコ】もひくし【チンバ】にもなります。

私の家内は、子供の頃「ストレプトマイシン」という薬を多用した為に右耳が【ストマイツンボ】だと自分で言っています。

【瘋癲】の寅さんは、いつから【フーテン】でなくなったのか知りませんが、日本は自国の文化を一部の狂信的な似非文化人

によって破壊されようとしているのは事実でしょう・・・既に【落語の世界】は言葉尻を捉えられ破壊されているように思います。

今日の新聞によれば2002年の国際競争力が30位に後退したそうですが、丁度戦前の頑張る教育を受けた人間がいなくなる

時期に符合しているのは、戦後アメリカによってもたらされた厄病のような教育効果が示現する時期に合致しているのでしょうか?


「文中不適当な文字使用があったことをお詫びしておきます」・・・と書けば済む?イカサマ文化国家・日本萬歳!!


*質問の中にある「盲目」・・・これも「目の不自由な方」と言うようですからマスコミでは使えないかも知れません!

投稿日時 - 2002-04-30 11:56:14

お礼

身障者の方からの貴重なご意見ありがとうございます。

私が一番心配なのが、差別用語を禁止したことだけで実態は変わらず、むしろ「差別用語を使っていないんだから差別じゃないんだ」と言って平然と差別することです。それと単に差別用語を禁止にすることによって差別問題に蓋をしてしまい、その問題から目を遠ざけ、その問題解決のための議論もしにくくなってしまうことです。ちょっとでも誰かが差別用語を使おうものなら矢のような非難が浴びせられ、議論もままならないというのでは差別問題の根本さえ何十年経っても議論さえなされないという悲しいことになりそうです。

>「文中不適当な文字使用があったことをお詫びしておきます」・・・と書けば済む?イカサマ文化国家・日本萬歳!!

私もそれは強く感じました。ここへの質問の投稿のきっかけになったのもある衛星放送の番組で古い日本映画をやっており、最後にこのようないいわけじみた表現で視聴者の理解を仰ごうとしていたからです。私はその当時作られた日本映画を当時のままの台詞で上映することがなんでいけないのか、なんで最後にいいわけめいたことを言わなければならないのかが理解できません。

それに「目の不自由な方」という言い方も曖昧喪子としています。どの程度目が不自由なのか、これだけではわかりません。すくなくとも「めくら」と言えば「ああ、目が見えないんだなあ」と理解できるわけです。
私が疑問に思っているのは、英語を母国語としている人たちが普通に、He is blind. と言っているのに日本では何故「彼はめくらだ」と言うと差別になってしまうのか。その差はなんなんだろう、ということです。

投稿日時 - 2002-04-30 21:39:19

たしかに国民レベルの議論の末に差別用語が決まったわけではないので疑問はいろいろ残っています。差別用語は差別する側が配慮して用語を変更する場合と、差別された側の抗議で変更される場合があると思います。例示された言葉がどのような経緯で差別用語となったか知りませんが、使う人に差別意識はなくても、相手が差別感を感じれば差別になるので、ある程度の用語変更は止むをえないかなと考えます。

言い換え語の漢語を外国語と認識する日本人は少ないと思います。日本製漢語もあるでしょう。英語の場合は人種にかかわる用語が時代と共に変化してきています。
黒人を意味するBlack,Negro, African Americanなどの言葉は黒人へのアンケートで決まった用語ではなく白人が気をつかって言い換えたに過ぎないので黒人は何故
Americanではいけないのかと思っているかも知れません。

同様にインディアンは差別用語だからNative americanが良いとしたのも白人であり、種族ごとに自分たちの呼称を持っているインディアンは、間違ってつけられたインドの人を意味するインディアンで呼ばれようがnative americanで呼ばれようがどちらでも同じだと考えているようです。全米インディアン舞踊大会など種族間に跨る場合は進んでインディアンという呼称を使っています。

要は使う人に差別感がなく相手も受け入れる言葉であればいいわけです。

投稿日時 - 2002-04-30 11:42:00

お礼

回答ありがとうございます。

>使う人に差別意識はなくても、相手が差別感を感じれば差別になるので、ある程度の用語変更は止むをえないかなと考えます。

その点は私もそう思いますが、「相手が差別感を感じれば・・・」ということを前もって知ることが実際可能かどうかという点で疑問が残るのです。もし相手が自分の知り合いであれば、差別的な表現を使ってしまって嫌な思いをさせたとしても、あとで謝ったり弁明することができますが、赤の他人だった場合は下手をするとこちらが差別主義者というレッテルを貼られかねません。
私は「全ての人は自分の友達になる可能性がある」という考えを持っているので、そんなことでせっかくの一期一会を単純な「敵vs味方」にしたくないのです。

>要は使う人に差別感がなく相手も受け入れる言葉であればいいわけです。

それが理想です。しかし、比喩的な「めくらめっぽう」とか「つんぼさじき」などという言い方も使えないのでしょうか。それとも、こういう言い方も健常者が障害者の存在を無視して作った言い方なのでしょうか?

投稿日時 - 2002-04-30 21:17:34

ANo.2

大和言葉の件ではなく、又言語学上の難しいことはよく分かりませんが、一言だけ。

うちの子は斜視です。
昔は「ロンパリ」と言ったそうです。
両親の口からも知人や友人からもこの言葉を聞いたことが無かったので、最近になって知り、正直ショックを受けました。
「お宅のお子さんは斜視ですか?」と聞かれるのと「お宅のお子さんはロンパリですか?」と聞かれるのでは大違いです(笑)。

差別用語は確かにその通りその状態を指しているでしょうが、
言われる側の人間にとってはかなり辛いものです。

私はもし母が難聴になったとしても「うちの母はつんぼです」とは言わないでしょうね。
理由がどうのこうのというより、生理的に言えません。

trunkmanさんご本人、もしくはご家族にその様な方はいらっしゃいますか?
私も以前は同じように思っていましたが、障害者の心の傷の深さは想像以上に深いです・・・。

投稿日時 - 2002-04-30 11:24:44

お礼

回答ありがとうございます。

>昔は「ロンパリ」と言ったそうです。

お気の毒に思います。「ロンパリ」なんて最初から差別するために生まれた言葉でしかないですよね。

「斜視」の方が単に状態だけを指している言葉のように見受けられます。
私が知りたかったのはこういうワンクッション置いた言い方といわゆる「大和言葉」のひらがなで表記される言い方とでは言われたときの感じ方がどう違うのかということなのです。(この疑問自体が辛いものであればお許し下さい)
ただ、もうひとつ英語圏では平気で元々からあった表現としてblind, deaf ・・・などを使ってもいいとされているのに対して日本では何故日本古来からの表現が差別的印象を与えるのか?ということです。

>私はもし母が難聴になったとしても「うちの母はつんぼです」とは言わないでしょうね。
>理由がどうのこうのというより、生理的に言えません。

なるほど、そういう感覚があまりわからない私は認識が甘いのでしょうか?

>trunkmanさんご本人、もしくはご家族にその様な方はいらっしゃいますか?
>私も以前は同じように思っていましたが、障害者の心の傷の深さは想像以上に深いです・・・。

私の妹は障害者に分類される病気を持っています。一時期は私も含め家族全員が将来を悲観したものでしたが、今はなんとか普通の人と同じように(といってもかなりの努力や旦那の理解が必要ですが)生活しています。
ただ、幸いなこと(本人にとっては違うかもしれませんが)に見た目で判断できる病気ではないので差別的な言葉で悲しい経験をしたことはないようです。
それでも普通の人と全く同じようにはできないので、何気ない一言でイヤな思いをすることは多々あるようです。

もしその立場になってみないと絶対にわからないのだとしたら、「これは差別用語に当たるから使わない方がいい」という意見(masa-pata-miyaさんがそう言っているというわけではありません)もわかるのですが。

投稿日時 - 2002-04-30 16:08:01

ANo.1

差別と言うのは用語が問題なのではなく、どう云ったとしても、その発言者の心の問題なんだと思います
目の不自由な方、視覚障害者…言葉で言い換えても使い手の心が変わらなければ同じでしょう

でも、言われる側がこの言葉は嫌だと思っているのなら、その言葉は使うべきではないでしょう

例えば”支那”という言葉、これには本来差別的な語義はまったくありませんが、中国人にとっては、この呼び名を使っていた人達からかつて差別を受けた(らしい)記憶から非常に嫌な言葉であるそうです
(英語で言うチャイナも同じ事なんですが、こちらは嫌な記憶が無いので差別語とは受け取られていないようです)

JAPもそうですよね
単なる省略形なんですが、かつて(今も)そう呼んで日本人を差別した某国人がありましたので私達にとって完全に差別用語になっています

*これ書いてて気がついたんですが、支那という語IMEは変換しないんですねぇ…)

投稿日時 - 2002-04-30 11:21:39

お礼

早速の回答ありがとうございます。

>差別と言うのは用語が問題なのではなく、どう云ったとしても、その発言者の心の問題なんだと思います
>目の不自由な方、視覚障害者…言葉で言い換えても使い手の心が変わらなければ同じでしょう

ええ、私もそう思いますが、心の中は見えませんし、ましてやメディアが使うときにはその区別は全く付きません。

>でも、言われる側がこの言葉は嫌だと思っているのなら、その言葉は使うべきではないでしょう

その辺が微妙なところなのです。

>例えば”支那”という言葉、これには本来差別的な語義はまったくありませんが、中国人にとっては、この呼び名を使っていた人達からかつて差別を受けた(らしい)記憶から非常に嫌な言葉であるそうです

私の父の世代は今でも平気で『支那』という言い方をします。父にとっては全く差別的な意味合いでなくても、この呼び名は社会的に差別語として定着しているようですね。
でもこの場合は『支那』自体が死語ですし、一般的ではないですから今は問題ないと思うのですが。

投稿日時 - 2002-04-30 15:49:14

あなたにオススメの質問