こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

元職場の不評

私は今年、某パソコン教室を退社いたしました。その会社は非常に最悪な会社で値段の割には内容のレベルが低いパソコンの授業をしている会社です。仕事内容が嫌でしたし、生徒さんから取れるだけ金を毟り取るという考えについていけず辞めましたが有給などもすべて使わせてもらえず私はこの某パソコン教室に対しては非常に嫌な思いが強いです。
 本日、久しぶりにこのパソコン教室に通っている生徒さんにたまたま逢ってまだ、パソコン教室に通っているのかと聞くと生徒さんが通っているとおっしゃっていましたので私はつい、某パソコン教室の授業なんかを受けて本当に役に立っていますかと聞いて生徒さんがあまり役に立っていないとおっしゃったので私は解約することを勧めてしまいました。生徒さんも私の意見に賛同して近々某パソコン教室の責任者に解約の意向を伝えますとおっしゃっていました。
 某パソコン教室の元社員が生徒さんに対して元職場の悪口を言ってしまいましたがやはりそれは、ちょっと不味かったでしょうか?
 本当に嫌な会社だったので、つい生徒さんを見かけてしまって本音をポロリと喋りましたがこの生徒さんが本当に解約をして私の勧めだということが某パソコン教室にわかれば私は訴えられるのでしょうか?
生徒さんには、今の話は内緒にしておいてねと伝えていますが

投稿日時 - 2006-12-24 23:32:48

QNo.2623529

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。

30歳前の法科大学院受験生です。
実務家ではないので、机上の空論となりますが、何かの
参考になればと思い、回答をいたします。

前職場が非常に嫌な職場だったのですね。
自分も、嫌な団体に入っていたことがあり、とても嫌になり
やめたのでお気持ちが分かります。やめて正解ですよ!

本題に入りますが、全然問題ないと思いますよ。
裁判は、もっともっとひどいことを取り扱っています。
質問者様の場合は、ほんとささいなことだといえます。

もっとも、法律的観点からどうなるかですが、刑事上の
問題と民事上の問題がありますよね。
刑事上の問題は、名誉毀損罪(刑法230条)の問題となりますが、名誉毀損罪は「公然と」と規定されています。
今回の場合は、別に「公然と」にはあたらないといえます。

一方、民事上の場合ですが、不法行為(709条)の問題には
なりえますが、今回はほんとささいなことといえますので、
不法行為が成立するにしても、問題にするほどではないと
思います。

こんな回答しかできず、すみませんが、何かの参考に
なれば幸いです。

投稿日時 - 2006-12-25 00:13:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

passion059さんが以前の職場の名簿を利用するなどしたり、嘘の内容を語っているのでない限り、たまたま遭った元生徒さんとの会話をしただけで訴えられることは実際にはないと思います。

ただ、これを何度か繰り返すと問題になるような気がします。

テレビCMをたくさん流している英会話教室や学習塾でさえよくない噂は聞きます。またサービス産業と言えども企業が利益を追求するのは当然です。

生徒側にやめる自由があるのですから、通い続けているのには、それなりの理由があったのではないでしょうか。

通い続けている生徒さんに対して、元職場の悪口は言わないほうがよいと思います。その生徒さんも単なる社交辞令で話を合わせてくれたのでは、という気もします。

投稿日時 - 2006-12-25 00:30:24

ANo.1

可能性のみを論ずるなら、営業妨害を問われる可能性は無くはないでしょうね。

投稿日時 - 2006-12-24 23:37:23

あなたにオススメの質問