こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

結婚指輪の材質って、何がよいのでしょうか?

3月に結婚します。
現在結婚指輪を一緒に探しています。

現在検討しているのはWG(ホワイトゴールド)かプラチナです。
店員さんは「最近はWGで柔らかい材質もありますから」とか「WGが人気ですよ。」と勧めてくれます。
しかし、母親は「絶対プラチナ!それ以外はあり得ない!!」って教えてくれます。

最終的にはつける人が選ぶもの~とは心得ておりますが、どちらが良いのか、ご教授いただけましたらよろしくお願いします。
また、一人当たりの予算はどれくらいなのかを教えてください。
現在これが良いな~って思っているのは下記のURLです。
http://www.citizen.co.jp/release/06/060831mr.html

投稿日時 - 2007-01-03 23:59:18

QNo.2641564

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

どうやら選択肢がプラチナかWGのようですので、そのどちらかと言われればやはりプラチナの方が良いですよ。

私自身主人から独身時代にもらったダイヤ入りWGの指輪を毎日着けていたら数ヶ月で変色した経験がありますので。
その指輪はエンゲージの代わりにとクリスマスプレゼントも兼ねて貰った物だったので変色に気がついたときの悲しみは今でもはっきりと覚えています。
その後主人がちゃんとしたプラチナのエンゲージを買ってくれたので今では良い思い出になっていますが
もしこれがマリッジだったらと思うとゾッとします。

それとこれは知り合いのジュエリーショップの方から聞いたのですが、WGの変色はお値段が高いから変色しないとは言えないそうです。
お値段が安くっても毎日着けていても変色しない物もあれば、ブランド品でお値段が高くてたまにしか着けなくっても変色する場合があるそうです。
そして変色しても再加工をすればまた元通りにはなるそうですが、一度変色した物は再加工を施しても時間とともにまた変色をするそうです。
またメッキは偽物を作るためではなくパラジウムなどを混ぜて銀色にした物の上からコーティングの意味も含めてされている物が多いので
メッキ=偽物と決めつけないでくださいね。

それからNo.7さんが書かれているダイアについても補足させてもらうと
科学的な処理とは熱処理のことを意味しています。
今店頭で出回っているジュエリーのほとんどが熱処理をされています。そしてこの熱処理は色をより鮮明にする効果などがあります。
でもこの熱処理をしたからと言って天然の宝石としての価値が下がったりはしません。(あくまで熱処理であって着色ではありませんから)
現在ファンシーカラーのダイアとしてマリッジの裏側にはめ込まれている物だけでなくブルーサファイアもルビーも熱処理されています。
熱処理されていないジュエリーはノーヒートジュエリー等の表示があって鑑別書や鑑定書にも記載されています。それほど稀少で数が少ないのです。
でも熱処理をしてブルーやピンクがハッキリする物って綺麗な原石じゃないと出来ないのも確かです。
いくら熱処理しても原石がイマイチだとやっぱりそれなりにしかなりませんから。
なのでこれまた熱処理=偽物と思わないで下さいね。

サムシングブルーとしてのブルーダイアが熱処理された物でも綺麗に輝くのならそれで良いのではないでしょうか?

投稿日時 - 2007-01-05 12:20:07

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.7

♯2です。
誤解させるような書き方をしてしまってすいません。
私の指輪は12金の部分に銀が混じっているのであのような書き方になってしまいました。

ですが多分高い宝飾店に行けば行くほど、温泉に行く時は指輪はずしてくださいって言われると思います。後でクレームになりたくないからです。あと、駄目と言われる泉質は硫黄泉です。首都圏の温泉って塩泉が多くないですか?

私たちの祖母の時代は金が人気でした。指輪ってその時々の流行があるので自分達の好きな物を選んだ方がいいと思います。ちなみに欧米ではほとんどが金です(金色の金)
デザインが気に入っているのに材質のために違うのにしたら後々後悔しませんか?

温泉が大好きな私達ですが、一ヶ月に一回行くかどうかです。私は硫黄泉が大好きですがせいぜいが3回に一回行けるかどうかです。
行くか行かないかわからない温泉に左右されるより日々の生活のことを考えて選んだほうがいい。と私は思います。
あと、温泉水が指に残ってかぶれたことが何度かあるので、例えプラチナであっても私ははずすつもりです。

WGですがきちんとした所の適正な値段らなメッキなんてありえないです。心配であれば割り金は何か、メッキなのかどうかを聞くといいと思います。
また、ブルーダイヤの件ですが、これは天然ダイヤを科学的に加工してブルーにした物です(本当のブルーダイヤならいくらすることか!)天然にこだわるのならサファイヤという選択もあります。
お店では「天然です」と言うと思いますので(天然ダイヤに加工してるから天然で間違いないのです)聞いてみて下さいね。

参考URL:http://niessing.kashikey.co.jp/products/wedding/iris.html

投稿日時 - 2007-01-04 10:36:57

お礼

再度のご回答ありがとうございます。

デイリーユースのことを考えたら、確かに材質も勿論ですが、使いやすさがメインに出ますよね。
温泉に行くときは外すことにします(>_<)

ブルーダイヤモンド…そんなからくりがあったんですね!
無知で指輪を探すとは、かなり危険があるのですね(T_T)
こちらも件も、彼氏とよく相談してみたいと思います。

いろいろ教えて下ってありがとうございます!
今度の週末に、いろいろ探しに行ってみます(・`ω´・)ノ

投稿日時 - 2007-01-04 14:54:09

ANo.6

一時期、婚約指輪や結婚指輪は「プラチナ」が圧倒的な人気を
誇っていました。「純粋無垢」「ピュア」「高貴」というイメージ
をプラチナに持っている方は多いかと思います。
またプラチナは材質的にも安定していて、銀のように変色したり
することがなく、またK18ゴールドのようなまぜものでもない
ので、「純潔」という連想がブライダルにもってこい、といった
ところでしょうか。
それに対してゴールドの色はなんとなく「成金」っぽいイメージが
ぬぐえませんよね。
そういったことで、日本でのプラチナ人気は根強いものがあります。
世界中のプラチナ流通量の8割が日本で消費されているそうです。

ただ、上で述べたようなイメージは40代以上の方が持っている
イメージなのだそうです。最近のアクセサリー事情としては、若い
世代を中心にゴールド系(ホワイトゴールドやピンクゴールド)も
かなり人気なのだそうです。
ホワイトゴールドはプラチナと同じ雰囲気をよりお手頃な価格で
手に入れられますし、ピンクゴールドはとても穏やかな落ち着いた
色目で、とても肌に馴染みます。
質問者様のお母様も、ブライダル=プラチナ、プラチナ=最高の
イメージをお持ちになるご年代なのでしょうね^^

私としては、ホワイトゴールドも充分選択肢に入るかな、と思う
のですが、いかがでしょうか。


以下、材質についての蛇足を・・・
ホワイトゴールドは金75%にパラジウム25%を混ぜて作ります。
これを18金ホワイトゴールドと言います。パラジウムはプラチナ
に性質が近い貴金属です。ですので、シルバーのように変色すること
はほとんどありません。
ほかに、金が約58%、パラジウムや銅、亜鉛などの金属約42%
の合金である14金ホワイトゴールドもあります。
こちらは金の比率が低いだけに安価ではありますが、性質的に劣る
でしょう。
また、パラジウムの代わりにニッケルを用いる場合もありますが、
ニッケルは肌に悪影響があるので、最近はほとんど使われません。
ニッケルを使ったホワイトゴールドは硬く、パラジウムを使った
ホワイトゴールドは柔らかいです。

パラジウムを使ったホワイトゴールドやプラチナは、そのままだと
輝きや白さに多少難があるので、ロジウムというこれまたプラチナ
によく似た貴金属でメッキされます。
(ロジウムはプラチナよりも希少性が高く高価です)

ゴールドもプラチナもパラジウムもロジウムも、常温常圧では
非常に安定した金属元素ですから、通常の使い方をしている限り
では変色などのおそれはあまりありません。

温泉で心配されるのは硫黄成分です。シルバーは簡単に硫黄と
結びついて変色(硫化)しますが、ゴールドやプラチナといった
金属は硫化しません。もちろん酸化することもありません。
ホワイトゴールドもあまり心配はいらないと思いますが、金の割合
が低い場合は気を付ける必要があるかもしれません。

ただし、金は水銀と反応しますので水銀を扱うときには注意が
必要です。(最近はあまりないですが、水銀温度計を割ってしまった
ときなど)

ゴールドもプラチナも、高純度(K24やPt1000)ですと
柔らかすぎて傷が付きやすい、変形しやすい、石を留める強度が
不足するなど、アクセサリーとしてやや不向きなのですが、最近は
チタンなどを微量(1%程度)に混ぜることで高純度でも充分な
硬度をだせるようになったそうです。
ブライダルの分野では、ピュアなイメージからPt1000も
かなり扱われていることと思います。

投稿日時 - 2007-01-04 01:25:35

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かにK18は色が付いているので、ちょっと考えてしまっています。
昨晩彼氏に相談したところ、「やっぱりWGかプラチナかな?」とのことなので、これらのどちらかになるとは思います。

いろんな商品をもっと見て回ろうと思います。
ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-01-04 14:47:03

ANo.5

回答者方々の補足になりますが
つねにはめている指輪でしたら変形や傷がつきにくい素材が一番です。
最近は金よりプラチナやホワイトゴールドに人気があります。
プラチナといえば柔らかく傷がつきやすいと言われていますが硬い素材のプラチナもあります。
ホワイトゴールドも本来は金ですから金色っぽい場合やくすんだような色が主流のために
メッキがかけられていましたが現在は色的にメッキ不要の素材もあります。
昨年はかなりプラチナ価格が高くなっていますのでホワイトゴールドも人気になっています。
予算は正直デザインなどによりピンキリです。
ブランド物でしたらやはりその分高価になりますし
ダイヤが入っているかいないかでも当然価格差があります。
何件かショップを見て比較して見ることをお勧めします。

投稿日時 - 2007-01-04 01:14:15

お礼

ご回答ありがとうございます。

仰るとおりですよね。
プラチナが高騰していて、プラチナってだけで結構しますし。
もっと何件も探して見ていこうと思います。

投稿日時 - 2007-01-04 14:38:49

ANo.4

#1の者です。

私がプラチナにしたのはやっぱり金だとちょっと色がなぁと思ったからです。人それぞれだと思いますが、成金イメージっていうか(笑)

私の指輪にはダイヤが埋め込まれていてV字のラインになっています。
婚約指輪と一緒につけられるものにしたいのと、指がすっきり見えるようにV字にしました。

カレの指輪はプラチナだけです。

私のもカレのも内側にブルーダイヤが一粒と刻印が入っています。
ブルーダイヤは幸せになれるってことでお店で入れてもらいました。(タダでした♪)

2つでだいたい22万くらいだったかな?
多少値切って18万円にしてもらいました。エンゲージリングと一緒だったのでまけてくれました。

気に入ったのが見つかるといいですね。

投稿日時 - 2007-01-04 01:00:14

お礼

再度の回答、ありがとうございます。

Vライン、良いですよね♪
彼氏の勧めているものの一つに、Vラインのものもあります。

今検討しているのは、どのリングも内側とかにブルーダイヤかサファイア入りのものです。サムシングブルーはどこかに入れておきたいですし(*^^*)

値段についての回答もありがとうございました。
彼氏とゆっくり検討していきたいと思います。

投稿日時 - 2007-01-04 01:13:37

ANo.3

こんばんは

個人的には
K24がいいと思います
肌さわりが良い
変質しにくい
イザという時換金しやすい
等です

K18でもいいと思います

金というのは色の感じから肌になじみやすいんですよね
なので、最初は派手だと思うかもしれませんが
だんだん肌になじんでくると思います

次はPT950です
PT1000というのもありますが
国内に出回るようになって10年程度なので
強度とか変質とかまだわからない点も有りますので
(今のところ何も問題はありませんが)
ハードプラチナでも同じです
無難なのはPT950です

WGですがメッキの変質といわれるんですよね
私自身見たことが無いのですが
出来たら長い目で見て使う物ですので

PTかK24&K18がいいと思います
お手入れの面でも安心です

投稿日時 - 2007-01-04 00:28:46

お礼

ご回答ありがとうございました!

K18も考えてみますが、やはり温泉好きなことを考えると…。
う~ん…、彼氏としっかり話し合いをしていきたいと思います。

投稿日時 - 2007-01-04 01:07:26

ANo.2

ご婚約おめでとうございます。
私も来月結婚するのですが材質でとっても迷いました。
結果、ニーシングというメーカーの「アイリス」という12金から24金が交じり合ってグラデーションになっている変わったリングにしました。

最初はプラチナにしようと思っていたのですが私自身金が好きなのと相方が変わりすぎてるのもありきたりのも嫌だと物凄い難しい注文を言いいまして探した結果このリングになりました。

質問者さんは温泉好きですか?
もし好きならプラチナの方がいいかもしれません。金は温泉に入れない方がいいと言われました。
私たちも温泉が大好きなのですがこの指輪、温泉がNGです。
ですがデザインに負けてしまい購入してしまいました。温泉に行く時は外して行く予定です。

予算は人それぞれとは思いますが参考までに。
私の指輪が18万位で彼のが28万位でした。

投稿日時 - 2007-01-04 00:21:58

お礼

ご回答ありがとうございました!

私も彼氏も温泉好きなので、やはり金は避けるべきですね。
彼氏としっかり話し合いしてみます。

投稿日時 - 2007-01-04 01:00:01

ANo.1

結婚指輪は毎日してるモノなのでやっぱりいい素材のものがいいかと思います。

また、宝石やさんで働いていた友人が言うには
WGは劣化(表面のメッキがはがれて変色する)するらしいです。

↓参考までに…(参考URLより引用)
プラチナは化学的安定性がとても高く、独自の色調を保てることができます。
(プラチナに関しての詳しい情報は【うんちく】の『プラチナの特性』をご覧下さいネ)

シルバーだと温泉に行ったら真っ黒になる!、とか、ホワイトゴールドだと表面のメッキが薄れてきて色が変わってくる!とか変色の心配が多々ありますが、プラチナは温泉でつけて入っても大丈夫!熱や酸に強く地金そのものの色が変色しない特徴があり、日常生活において使っていてもその色も変わることはないので安心して使っていただけるのです!

やっぱり毎日つけていたいものですから、変色を気にしていたら普段使いづらくなってしまいますよね。

『 一生変わらない色 = 一生変わらない愛の証 』

なぜシルバーやホワイトゴールドは一般的に結婚指輪として使われないのか、外見は同じようでも全くの別物、金属の特質によってあまり適さない、という事になりますね。

だそうです。

ちなみにワタシの結婚指輪はプラチナです。

参考URL:http://blog.3ten3.com/?cid=14179

投稿日時 - 2007-01-04 00:14:37

お礼

ご回答ありがとうございました!

やっぱりプラチナが良いんですね♪
彼氏としっかり話し合いをしていきたいと思います。

投稿日時 - 2007-01-04 00:46:09

あなたにオススメの質問