こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

September Eleven と December Seven が同じ韻を踏む事

September Eleven つまり、9.11テロと December Seven つまり、12月7日の真珠湾攻撃ですが、日本人から見ると、一般市民に対する攻撃と軍に対する攻撃であり、これは全く別物だと思うのですが、アメリカ人には同じように見えたようです。

その理由の一つが September と December が同じ ember と韻を踏んでおり、さらに Eleven と Seven が同じ even と韻を踏んでいるところに有ります。日本語では韻を踏む事は重視されていませんが、英語に限らず外国語では韻を踏む事は重要です。

自爆攻撃者達も当然その事を意識していて、9.11テロは9.11でなければならなかったのです。彼らは真珠湾攻撃を意識していて、真珠湾攻撃したゼロ戦のメーカーである三菱の自動車を使って空港まで行っている程です。トヨタやホンダではいけなかったのです。

彼らは真珠湾攻撃と同じように9.11を歴史に長く伝えられるようにしたかったのです。12.7とは別な日で、同じ韻を踏む日は9.11か10.11ですが、12.7からより離れた9.11を選んだのでしょう。真珠湾攻撃とは別に独立して記憶されるようにです。

September Eleven と December Seven が同じ韻を踏む事を書いた外国の文献は有るでしょうか?

投稿日時 - 2007-01-05 16:25:51

QNo.2644734

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

面白い視点だと思いますが911後にあれだけ多量の情報が流れた中でこの説を見たり聞いたりしたことはありません。犯人に確認するまでは誰にも断定は出来ないでしょう。

もっとも考えられやすいのは後付の理屈です。日本の古文を韓国語で読める、いろは歌には隠された意味があるなど一見説得性がありますが、古文を解釈する韓国語の時代が一致しない、いろは歌は都合の良い切り方をしているなどこの種の説は専門家には通じないものが多いようです。日本の地名をアイヌ語で解釈していくと関西を越えて九州にまで達してアイヌの居住圏から離れてしまうことも知られています。これはアイヌ語以前の原日本語が古い地名に残っているかだという説があります。

>September と December が同じ ember と韻を踏んでおり・・・
語源はラテン語のseptem-ber(第7の月)octo-ber(第8の月)、novem-ber(第9の月)decem-ber(第10の月)であり、最後は月で終るので都合のよいところで切って韻を踏んでいるというのは少し無理があると思います。ローマ暦の他の月も古代には同じように番号がついていたのでしょうが、ローマ時代にすでに神の名前や皇帝の名前がつけられ、古代になかった1月と2月が後に加えられたことで月の番号が二ヶ月ずれています。

このような月名の謂れを知っている欧米人は簡単に911が韻を踏んでいるとは言わないと思います。しかし、犯人たちがカミカゼ突撃隊、つまり国のために命を捧げた日本の若い学徒に影響を受けた可能性はあります。

これがこじつけだと断定する証拠は持っていませんが、こじ付けが一見正しく見えるのは、正しく見えないこじつけは自然淘汰されてしまうからと言われます。よく当たる占い師の下には人が集まり、占いが外れた人は二度と戻ってこないが当たった人は残るので、評判の高い占い師のもとでは当たった人の比率が異常に高まるとも言われます。

投稿日時 - 2007-01-05 21:57:16

お礼

そうでいた。september october november december が同じ韻を踏んでいるのでした。そして、既に、september と december は使われたので、残りは october と november ですね。つまり、次に航空機テロが起きるとしたら、october eleven か november eleven の可能性が高いという事でしょう。私は10.11と11.11にはアメリカの飛行機には乗りません。乗る予定も無いですが。例えこの予言が当たったとしても、私はテロとは何の関係も有りません。念の為。

投稿日時 - 2007-01-07 14:02:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

回答できる情報を持っていませんが、質問の内容とそれに対する皆さんの回答がすごく面白かったので、感想を伝えたく思わず書き込んでしまいました。

それだけです。スイマセン。失礼します。

投稿日時 - 2007-01-06 01:42:17

お礼

そうでいた。september october november december が同じ韻を踏んでいるのでした。そして、既に、september と december は使われたので、残りは october と november ですね。つまり、次に航空機テロが起きるとしたら、october eleven か november eleven の可能性が高いという事でしょう。私は10.11と11.11にはアメリカの飛行機には乗りません。乗る予定も無いですが。例えこの予言が当たったとしても、私はテロとは何の関係も有りません。念の為。

投稿日時 - 2007-01-07 14:05:03

ANo.2

Ludwig van Beethoven ベートーベンとEddie Van Halen ヴァン・ヘイレンが似ていると海外のサイトで書いたら数人にウケて、ヴァン・ヘイレンの名前にLodewijkが入っているのを教えてもらい、寒気がしたことがあります(Edward Lodewijk Van Halen)。

9.11が音を踏んで計画したかはわかりませんが、私はアメリカの119番の番号911にあわせたのかも?と思っていました。

どちらも単なる、coincidence(偶然の一致)やserendipity(予期せぬ発見)かもしれませんが、現世は
意識や意味がまずあり→音があり(波動)→物質化
で出来ているという哲学的な話から考えても、(テロリストが最初から狙ったのかは別としても)一致する部分や類似点はあってもおかしくないと感じます。

投稿日時 - 2007-01-05 21:55:57

お礼

そうでいた。september october november december が同じ韻を踏んでいるのでした。そして、既に、september と december は使われたので、残りは october と november ですね。つまり、次に航空機テロが起きるとしたら、october eleven か november eleven の可能性が高いという事でしょう。私は10.11と11.11にはアメリカの飛行機には乗りません。乗る予定も無いですが。例えこの予言が当たったとしても、私はテロとは何の関係も有りません。念の為。

投稿日時 - 2007-01-07 14:04:01

ANo.1

9.11と12.7は確かに韻を含みますが、9.11のテロリストはそれを意識したとは思えません。攻撃された側から見ると、同じように不意打ちだったこと、同数の人が死亡したことなどのために、9.11当時アメリカのニュース番組では盛んに真珠湾攻撃を思い出すとして放送されました。韻を含んだとの記事は見たことがありませんね。

投稿日時 - 2007-01-05 18:07:18

お礼

そうでいた。september october november december が同じ韻を踏んでいるのでした。そして、既に、september と december は使われたので、残りは october と november ですね。つまり、次に航空機テロが起きるとしたら、october eleven か november eleven の可能性が高いという事でしょう。私は10.11と11.11にはアメリカの飛行機には乗りません。乗る予定も無いですが。例えこの予言が当たったとしても、私はテロとは何の関係も有りません。念の為。

投稿日時 - 2007-01-07 14:04:44

あなたにオススメの質問