こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今更ですが、楽天は球団持つ前に審査があったのに、ソフトバンクにはなかったのは何故?

 だいぶ前の話ですが、ホリエモンが最も輝いてた頃、ライブドア(以下LD)が近鉄を買収してプロ野球に参入しようとしました。
 すると、楽天がすかさず横やりを入れて、結局楽天がプロ野球に参入しました。
 この2社がプロ野球団を運営することについて、何やら難しい面接みたいなものをしていましたが、気が付くとそんな審査とか全く関係なしで同じ年、ソフトバンク(以下SB)がダイエーに変わっていました。

 かつて阪急がオリックスに身売りしたとき、南海がダイエーに身売りしたときも特に楽天やLDみたく難しい手続きはなく、ダイエーからSBのよーな感じだったと思うのですが、何でこの2社の場合、こんな込み入った話になってしまっていたのでしょう?
 2社が競合したから?

 楽天とLDは五輪誘致の如くエラい一生懸命PRしてプロ野球団運営の資格を勝ち取っていましたが、その一方ですんなり参入を決めたSBがいるのがどーも腑に落ちません。

 恐らく聞かなきゃ良かったと思うよーな大人の事情が絡んでるんでしょーけど、分かる範囲でカラクリを教えて下さい。

投稿日時 - 2007-01-08 00:15:42

QNo.2650488

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

基本的には資金力(金)です。
楽天(ライブドア)の場合は、近鉄を買収したわけではありません。
オリックス・バッファローズをクビになった選手を集めて、新規参入したものです。
新規参入に当たっては、ちゃんと球団を運営していける資金力があるかの審査をしただけです。ライブドアは楽天に比べ金がないと判断されました。

ソフトバンクは、ホークスを買収しました。
金があるから買収できるので、この場合審査はありません。

ところで、世の中「金」だけでは通用しません。
楽天もソフトバンクも地元(ファン)に受け入れてもらうために、相当努力していました。
地元の応援無くして球団はやっていけないです。

投稿日時 - 2007-01-08 01:00:51

お礼

>新規参入に当たっては、ちゃんと球団を運営していける資金力があるかの審査をしただけです。ライブドアは楽天に比べ金がないと判断されました。
>ソフトバンクは、ホークスを買収しました。金があるから買収できるので、この場合審査はありません。

 なるほど、ヒジョーに分かりやすいご回答ありがとうございます♪

投稿日時 - 2007-01-12 00:31:38

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

書かれてる通り全く審査無く球団を持つのは無理ですが、新しい球団を作ったんではなく、ダイエーから球団を買ったんで楽天ほど厳しく無く、テレビでも大きく取り上げられてないんです。

投稿日時 - 2007-01-09 19:18:12

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 特に大人の事情はなかったよーで、ちょっと安心しました。

投稿日時 - 2007-01-12 00:36:39

ANo.4

審査や面接が全く無かったわけでは有りません。

ダイエーの買収にはソフトバンク以外に名乗りを上げる所が無く、
既に書かれている様に新規参入と買収の差で簡単なに審査になったのだと思います。

参考URL:http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2004/pa_league/news/1116-446.html

投稿日時 - 2007-01-08 03:31:47

お礼

 なるほど。審査の有無は、「新規参入」と「買収」の差なのですね。
 URLも参考になりました、ありがとーございます。

投稿日時 - 2007-01-12 00:35:20

ANo.3

オリックスの宮内オーナは、
「パリーグで関西に2チームは多過ぎる」
と語り、何が何でも近鉄バッファローズを無くしたかったのです。
一方、近鉄は、チームが無くなってもいいから、何が何でも球団経営の一角にしがみ付きたかったのです。その両者の思惑から、近鉄バッファローズは、売却ではなく、吸収されて実質、消滅という形になりました。

プロ野球の経営者たちは、既存の利益を奪い合うことしか頭になく、新しい利益を追求するという姿勢がまったくありません。1球団が消滅したことで、巨人などの人気球団絡み取り分が増えると考えていたのでしょう。せっかく取り分が増えそうだったのに、また球団が増えて、利益が減ることを極端に嫌っていた感じがします。そのために、楽天には、高いハードルを設けていました。
具体的には、加入のために30億円が必要であったり、さらには選手を集めてチームを作った上で、ホーム球場や練習場も確保し・・・、といったものです。MLBでは、球団が増える場合、エクスパンション・ドラフトなどで、各球団から選手を提供しますが、そういった支援も行われませんでした。

一方、ダイエー・ホークスは、元々消滅させる予定もなく、ソフトバンクという大企業なので、これまでも何度もあった売却という形になりました。

投稿日時 - 2007-01-08 02:35:34

お礼

 なるほど。裏情報っぽいご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-01-12 00:33:29

ソフトバンクは既存の球団を買収

楽天は新しい球団を作って新規参入


この差でしょ?
近鉄はオリックスと合併した方がメリットが大きかったので、ライブドアの誘いに乗らなかったというだけでしょう?

近鉄とオリックスが合併したために、球団数は楽天が新規参入しても変わらず、となっているのですから。

投稿日時 - 2007-01-08 00:18:57

お礼

 なるほど、もの凄いシンプルかつ分かりやすいご回答、ありがとうございます。♪

投稿日時 - 2007-01-12 00:28:48

あなたにオススメの質問