こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

音大に行きたい!!!

現在吹奏楽部に入っていてアルト・サックスをやっている中3の女子です。
私は音大に行ってウィンド・オーケストラのフルート奏者になるのが夢です。
私はもともとフルートがやりたくて吹奏楽部に入ったのですが、試験に落ちてしまいサックスになってしまいました。
でも今でもフルートがやりたくて仕方ありません。なんでやりたいかは自分でもよく分かりません。
でもなんかフルートは特別な感じがあるみたいで、とってもやりたいんです。
もう少しで高校生になるのですが、高校ではもちろん吹奏楽部に入ってフルートをやるつもりです。
でも音大に行くのなら、やっぱり部活には入らず専門の先生について習った方がいいのでしょうか???
それから私はピアノを習っているのですが、先日ピアノの先生に
「将来はフルートで音大に行きたいです。」
と言ったらピアノの先生は
「まだフルートをやってないから、もしかしたら合わないかもしれない。ピアノはずっとやってるから・・・」
とピアノで行った方が良いような感じで言われました。
本当はウィンド・オーケストラに入るのが夢だけど、もしピアノの方が成功する確率が高いならピアノで行っても良いと思ってます。
音楽で仕事ができるなら、ウィンド・オーケストラに入れなくても良いと思ってます。
でも私はピアノを習いはじめたのは小学3年生のときで、周りの子たちよりは遅いです。
それに中学入ってから部活が忙しくて、なかなかピアノを練習する暇がなく、中1からあまり上達してないように思います。
今はショパンのノクターンが弾ける程度です。
もし入るとしたらピアノとフルートどちらの方が良いですか???
乱文ですいません。

投稿日時 - 2007-01-18 18:52:30

QNo.2676459

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

質問者さんの気持ち大変よく分かりますよ。周りの状況もピアノの先生の判断もよく分かります。難しい問題ですね。。私からのアドバイスは、もうちょっと自分の気持ちを冷静に整理したら?です。でも10代の頃はなかなかできないものです、大人だって簡単にはできないんですから。。なので、ちょっと整理するお手伝いをしたいと思います。究極の選択です。答えはありません。貴女次第です。自分の本当の幸せが見つかるといいですね。

貴女の前に2つの道があります。ひとつは「夢への道」です。しかし今まで一緒に楽しく過ごしていた友達や楽しい部活の時間を捨てて行かなければなりません。先には苦しい特訓が待っています。失うものは大きいですが強い精神力があればきっと成功します。もうひとつの道は「一生楽しく過ごせる道」です。夢は諦めることになりますが、気の会う友達と普段通りの楽しい生活が待っています。好きな音楽を続けられます。好きな楽器も続けられます。どちらの道を進みますか?

貴女は「夢への道」を選びました。遊びたくてもお洒落したくてもそんな時間はありません。ひたすら過酷な練習の日々です。しばらく歩くとまた2つの分かれ道がありました。ひとつは「ピアニストへの道」、もうひとつは「ウィンド・オーケストラの道」です。どちらも音大へ行くようですが、「ウィンド・オーケストラの道」には長い行列ができています。行列の先頭は見えませんし、進んでいる気配もありません。もしかしたら何年待っても音大にいけないかも知れません。一方「ピアニストへの道」は今のところ行列は見えません。。友達との楽しい日々を捨ててまできたこの「夢への道」、ここで一か八かの「ウィンド・オーケストラの道」を選びますか?それとも確実性の高い「ピアニストへの道」を選びますか?

貴女は「一生楽しく過ごせる道」を選びました。日々楽しく過ごしています。友達とも音楽とも楽しく共存できています。しばらく歩くとまた2つの分かれ道がありました。「フルートの道」と「吹奏楽部の道」です。どちらも貴女にとって楽しい道です。楽しい道ですが両方は行けません。「フルートの道」は先生から個人指導。好きなフルートなんですが、ちょっと寂しい気がします。「吹奏楽部の道」は友達と一緒に音楽ができるんですが、好きな楽器とは限りません。貴女はどちらの楽しい道を選びますか?

投稿日時 - 2007-01-19 04:38:04

お礼

回答ありがとうございました!!!!!
とても分かりやすかったです。
高校生まではあと少しあるので、じっくり考えていこうと思います。。。
もしかしたら、のだめカンタービレの影響で
「音大いいな」
と思ってるだけかもしれません。
本当に音大に行きたいか、苦しい特訓に耐える精神力はあるか、などを一つ一つ整理していきたいと思います。

投稿日時 - 2007-01-21 19:36:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

私の奥さんはプロのフルート奏者です。
プロのオーケストラに在籍しているわけではありませんが、
フルートを演奏したり、教えたりして得たお金で生活しています。

小3でフルートに出会い、器楽クラブに所属し、中学、高校でも
続けましたが、金銭的な理由で音大進学はあきらめ、普通の会社に
就職しました。
しかし、どうしても夢が捨てきれず、働きながら再度挑戦し、
国立の音大としては最高峰である大学に進みました。
アルバイトで学費を稼ぎながらがんばったそうです。

音大に進むにはお金もかかりますが、なによりまず技術が必要です。
そして、卒業したからといって、生活が保障されるわけでもありません。
出身大学によって差別される現実もあります。
自分の力で仕事をとり、生活していくんだという覚悟がいります。

>ピアノとフルートどちらの方が良いですか???
なんて悩んでいると、本気でひとつの楽器を猛練習している
ライバル達にどんどん差をつけられちゃうよ。

音大を卒業して、その楽器を演奏して得たお金だけで生活
できている人はひとにぎりです。
そんなに甘いものではありません。

私は、奥さんの活動をみていて、うらやましくなることがあります。
人々に感動を与えられる、世の中にはこんなすばらしい仕事があるんだなぁと。

あなたも本気で演奏家を目指すのなら、ぜひがんばってください。
応援しています。

投稿日時 - 2007-01-19 12:31:13

お礼

回答ありがとうございました!!!!!
現実はそう甘くないですよね。。。
分かってるつもりでしたが、本当は心のどこかで
「どうにかなるかな」
という気持ちがありました。
高校生まではまだ少しあるのでじっくり考えてみます(^^

投稿日時 - 2007-01-21 19:23:46

ANo.2

私も中学校から吹奏楽でクラリネットを始めました。
顧問の先生に冗談交じりに「(音大の方を)目指せば?」と言われ、夢を抱いた時期もありましたが、家庭の経済状況や、将来性のなさ、過酷な競争に対する精神的な不安などから『趣味』に留めておくことにしました。

しかし、かつての部活のメンバーから、音大に進んだ人もいます。
その人は、中学時代からすでに、グレードの高い楽器を購入し、プロの先生から個人レッスンを受けていました。
それと同時に、ピアノのレッスンにも通っていました。
そして音大付属の高校にすすみ、その後音大へ、という流れだったようです。

質問者さんが春から三年生ということであれば、音大付属高校など考えてみてもいいかもしれません。
その場合、フルートでやっていきたいのなら、部活(=サックス)をやめて個人レッスンを受けるのがいいと思います。
高校は普通科に行くのなら、まずはフルートを始めてみて、それからピアノとどっちで進むかを考えるというのはどうでしょうか?
フルートで行くにしても副科にピアノはありますから、どっちみちピアノは続けていくことになるでしょうし…。
吹奏楽部に在籍しながら、アンサンブルコンテストやソロコンテストにも参加してみると、フルート奏者としてやっていきたいのか、吹奏楽部の一員としてやっていきたいのか考える機会が生れるかもしれません。

顧問の先生や、ピアノの先生、それからもちろんご両親ともよく相談して、考えてみて下さい。
それと、自分の実力を冷静に判断することも大事だと思います…。
大変失礼な言い方にはなりますが、能力が『並』だと、たとえ音大を無事に卒業しても、プロの楽団に入ったり、思うような音楽活動を続けていったりすることは出来ないかもしれません。
(私は「のだめカンタービレ」の卒業シーンを見て、現実ってそうだよなぁと改めて思いました)

投稿日時 - 2007-01-19 10:03:38

お礼

回答ありがとうございます!!!!!
春からは高校生なので進路の方はもう決まってしまいました。。。
「音大付属の高校もいいかな」と一度は考えましたが、まだ音大に行くか悩んでる時期だったんで普通の高校にしました。
高校生になったらまずは吹奏楽部に入って将来について考えてみようと思います。

投稿日時 - 2007-01-21 19:29:18

あなたにオススメの質問