こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マンションのクラック

築3年の分譲マンションの2階に住んでいますが、先週ベランダの柵(壁)にクラック(ヒビ)が見つかりました。壁の両面にヒビが入っています。ヒビの壁のすぐそばのベランダの床部分に雨水用排水管が通っています。他の階までヒビが入っているかは不明です。管理会社を通して建築会社からヒビの様子を調べに来る事になっています。大きな地震があったわけでもないので、欠陥マンションだったのでしょうか?共用部分とはいえ、占有部分にあたります。修理費用は誰が負担する責任があるのでしょうか?この修理が終わった後のマンションの資産価値はどうなるのでしょう?もし下がるとしたら、その責任は誰かに問えるのですか?建築会社に検査を依頼して大丈夫なのでしょうか?(責任が建築会社にあるとしたら正直な報告や修理等はしてもらえるのかも心配です。)他の会社に検査を依頼することはできますか?その検査費用はどれくらいで、どこへ頼めばよいでしょうか?このような相談に乗ってくれる公的なところはありますか?

投稿日時 - 2007-01-25 08:59:45

QNo.2694388

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

マンションの管理会社に勤めております。
何か、相当あわてていらっしゃるようですが・・・。

一般的な話になりますが、コンクリートに有る程度のひび割れは付き物です。コンクリートは、乾燥収縮といって、時間が経つと、少しずつ縮んでいきます。特に、手すりのような長い壁面部分は、その伸縮が一箇所に出やすいので、ご質問のような事が起きます。これを防ぐためには、ある程度の間隔でスリットと呼ばれる隙間を空けておくと効果的です。逆に言うと、スリットが無い手すりでは、比較的大きなクラックができる事があります。質問者様の場合も、このような状況ではありませんか?

で、通常ベランダの手すり部分は、「雑壁」と呼ばれ、建物の構造にはあまり関係が有りません。これが、ベランダと建物の付け根あたりに横にクラックが入っていれば、それこそ大事ですが・・・。

ですから、通常の考えから見れば、「欠陥マンション」の可能性はきわめて少ないでしょう。ご安心ください。

で、修理費用ですが、築3年と言うことで、恐らくは売主負担になると思われます。通常、躯体は10年間はアフター保証をしていると思われます。たぶん、タイル面であればクラックの入ったタイルをはつり取ってクラックをモルタルで補修、上から新しいタイルを張る、と言う感じでしょうか。補修をしないと、そこから雨水が入って鉄筋がさびる恐れがありますので、早めに修理をした方がよいでしょうね。

ちなみに資産価値は、その程度のクラックでは全く影響は無いと思われます。よほど変な補修をしていればともかく、普通は言われなければ気がつかない位まで直せると思います。

もし、不安だとおっしゃるのであれば、一級建築士に見ていただくのがよいと思います。ただ、費用はちょっとわかりかねます。#1の方が書かれているような場所に問合せると、紹介してもらえるでしょう。

投稿日時 - 2007-01-26 23:31:37

お礼

回答ありがとうございます。ちょうど管理会社に問い合わせをしたばかりでしたが、管理会社の話も同様の内容でした。10年間の保障があり、建築会社のほうで補修してもらえるとのことでした。回答を頂いてさらに安心しました。検査はこれからですが、回答いただいたおかげで、落ち着いて経過を待てます。ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-01-27 18:03:13

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ご心配ですね・・・。
とりあえず次のようにしてみるのはどうでしょうか?
1)お住まいの市町村、もしくは都道府県の役所に電話して(つまり市役所とか県庁とか)、「こういった件について相談に乗ってくれる窓口につないでくれ」と言う。もしあればつないでくれるだろうし、「特に無い」と言われれば「じゃあ、とりあえず建築関連の部署へ」と頼み、つないでくれたら「こういう相談にのってくれる公的なところを教えて」と頼む。
2)「建築士協会」などのキーワードで検索し、出て来た、お住まいの近くの会に問い合わせてみる
どの協会もやっているというわけではないのかもしれないが、例えばここでは、無料で欠陥住宅に関する相談を受け付けているようです。
http://www.oaaf.or.jp/01/2_online/index.html
もしお住まいの都道府県の協会のHPにはこのような相談サービスが無い場合でも、一応、電話して「相談にのってくれるところはないか」尋ねてみれば?
また、自分が住む都道府県の協会には無くても、もし近くの都道府県の協会ではこういう相談サービスをやっているなら、県が違っても相談にのってもらえないかとりあえずそこに尋ねてみてもいいかも。
3)消費生活センターに問い合わせてみる。専門の相談機関があれば紹介してくれるだろう。
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

うまく解決することを祈っています。

投稿日時 - 2007-01-25 09:36:36

お礼

すぐの回答をありがとうございます。どこに相談して良いかも検討がつかなかったので回答頂いて一安心しました。とりあえず、管理会社に話を聞きました。管理会社の説明は#2の回答とほぼ同じです。やはり、10年間の保障期間内なので、建築会社の方で補修してくれるそうですし、外壁用タイル等の見栄えなども大丈夫そうです。まだ、検査前なので、実際はこれからなのですが、未透視が明るくなりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-01-27 17:51:53

あなたにオススメの質問