こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国家公務員から地方公務員の方に質問

私は中央省庁勤務の国家公務員です。
仕事柄、地方公務員の方と電話したり書類を送ったりはするのですが、仕事以外の会話をすることはないので、同じ公務員でもわからないことが多いのです。
それで、地方公務員の実情について知りたいので、いくつか質問します。

1、県庁勤務なら県、市役所勤務なら市、の利益を考えて行動しているのであって、日本全体にはあまり関心がありませんか?
国家公務員は、自分の省庁の所掌する範囲を考えて行動し、他省庁や世界全体にはあまり関心がないので、同じようなものかと思って質問します。

2、九時五時で終わる部署は全体の何割くらいですか?
世間では公務員は暇だ、と言われますが、中央省庁ではそんなことはないので、地方ではどうなのかな、と思って質問します。

3、やる気のある職員は多いですか?
霞ヶ関では、一種採用(上級職)は概してやる気があり、三種採用(初級職)は概してやる気がないです。地方でも同じですか?

4、中央省庁になにか不満はありますか?
霞ヶ関から地方に情報を流すときに、こちらの説明能力不足もあるのでしょうが、なかなか上手く行きません。地方からも不満がありますか?

5、県民や市民と接するときに、苦情を言われて疲れることは多いですか?それとも感謝されてやる気がでることがあったりしますか?
霞ヶ関ではそもそも国民と接することはあまりありません。接点の一つが電話対応ですが、掛かってくる電話は苦情が多くて大変です。たまには感謝されたりもしたいのですが、我々の仕事に賛成する人はわざわざ電話をかけたりしないので、掛かってくる電話は苦情ばかりです。
地方ではほかにもいろんな接点があるとおもいますが、どうですか?

一つだけでも構いませんので、地方公務員の方、ご回答頂ければ幸いです。
地方公務員以外の方の回答はご遠慮ください。

投稿日時 - 2007-01-28 07:39:30

QNo.2702259

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

中央からほど遠い小さな市の職員です。
1 について、大いに関心があります。市長、市議会議員等はどうか分かりませんが、一般の職員は利益誘導に係る補助金や補助事業についてそれほど一生懸命になってはおりませんよ。結局借金のもとが増えるだけです。夕張がいい例ではないでしょうか。国の行う政策は地方の個性無視の補助事業だったため地方を無気力無策にしてしまいましたね。(笑)うちの市長は10年前からお金がないところを知恵を使って事業をしろ!と我々のお尻を叩きますが、長年の国に依存した地方公務員の習性はなかなか直りません。(人のせいにしてはいけませんね)
2 課や係りによりますし、時期によります。これから税務課の課税係は5月の連休までは残業続きです。最近財政課は決算統計はコンピューターのお陰で残業期間が短くなったそうです。市民課の住民係りは3、4月の転入転出時期しか忙しくなさそうです。お客さんはだいたい市民課の用事なので、市役所は暇と思われているのではないでしょうか。私は残業のない課はあまり経験がありません。合併協議会にいた時は、「おはよう」でお風呂に入りに帰ることも多かったです。土日はなかったですね。自分ながらよくやったとおもいます。私は女子職員なので結構優遇されていましたけれど(腹がたちますけど)。人数がいないので仕方がありません。
3 やる気の有る無しは個人の問題です。
4 補助対象を箱もの、道路等に限定するのはやめて欲しい。箱ものの維持経費でバンザイしています。政治家に動かされるのはやめて欲しい。夕張も市だけが悪かったのでしょうか。国も無理ないとは思いますが、多すぎて、地方の実情は把握されてないのでしょうね。
5 市民と直結しています。褒められることは少ないですね。クレームならまだよいですが、ストレス解消の相手をさせられるのは勘弁してほしいです。何時間も御相手をさせられます。むげに電話を切ると次が大変です。クレームも話して納得していただけるとよいのですが、話が一方的なものが多いです。クレーム電話はこちらの名前を聞かれますが、先様の名前をお聞きしても名乗られることは少ないです。
まあ、税の徴収係りの時はヤクザの事務所へ行ったりしました。(課長と二人で。課長さんその節はありがとうございました。)
市役所や県の事務職は異動の度にリクルートのようなもので、法令等も全く代わってしまいます。給料を戴きながら様々な人生経験をさせていただいています。面白い経験と思わなくては仕事がつまらなくなってしまいますもの。

投稿日時 - 2007-01-28 23:11:35

お礼

ありがとうございます。

>国の行う政策は地方の個性無視の補助事業
地方自治体の数は多すぎるので、自治体の個性を考慮することは難しいのです。
実は都道府県レベルの個性も、よほど特徴が無ければ認識していません。道州制が導入されれば、道州レベルの個性くらいなら考慮できそうです。

なるほど、市職員も結構忙しいのですね。

>補助対象を箱もの、道路等に限定するのはやめて欲しい。箱ものの維持経費でバンザイしています。
覚えておきます。

投稿日時 - 2007-01-29 05:30:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問