こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

これからビデオカメラを買うんですがDVテープのはどう思いますか?

HDDと8センチDVDを直接本体に入れてうつすのと、DVテープではどれを買えばいいですか?調べれば調べるほどよい点と悪い点がでてきて悩んでます。ハイビジョンのは4年後にテレビをきっと買い換えると思うのでいいと思うんですが、本体自体どれも約14マンはするし、メディア交換が早いしバッテリーの減り?も早いし。ビデオカメラって次々と良いものに進化していくと思うんですよね。デジカメもその時は最新で高く買っても四年経ったら新しいのと比べて進歩していていいなあって思うし。きっと何年かしたら8センチのDVDを本体にいれて撮影するのももう少し撮影時間が長く出来ると思うんですよね。そう考えるとS社のHDR-HC3のカセットで、ハイビジョンで撮っても録画時間は一緒だし、静止画で400万画素だからいいのかなあって思っています。(ただ値段は今、まだ確認はしていませんが、14万はしないか勝手に思っています)ただカセットのってパソコンで編集できたり出来るんですかね。パソコンで編集してDVD-Rにダビングとかってできるんですか?カセットのまま残して置いてHDD搭載のDVDを買い換えた時に、ハイビジョン画質のままハードディスクに保存したり出来るんですかね?保存の安全性はDVDとテープどっちがいいんですか?それとハイビジョンはおいておいて映像がきれいに残すならテープがいいんですか?テープってビデオと同じで裏かえすとかってないですよね。不思議なのはDVDにしろテープにしろ切れかけて次にかえるのって切れないとわからないんですか?それとも画面にもう少しで撮影時間がきれますってでるんですか?
1 初めてビデオカメラを買います。パソコンで簡単に出来るなら編集もしたいです。
2 コンパクトのがいいんです
3 デジカメの役割も使いたいんで400万画素は欲しいです。
4 DVDのメディアは8センチので1000円するって聞いたのでテープがいいですよね?

投稿日時 - 2007-01-28 16:32:21

QNo.2703269

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 こんにちは。HC3は今、予備のバッテリー付けても10万しないですよ。
 さて、回答します。
1 初めてビデオカメラを買います。パソコンで簡単に出来るなら編集もしたいです。

 ハイビジョンカメラを買う&編集したい=DVテープ式かDVD式です。
 ハイビジョンの編集はまだ諦めてください。データが大きすぎてよほどのマニアでもない限り、PCソフトの動きに耐えられません。編集できてもブルーレイでDVDを作る設備とテレビに映す設備がないとダメです。普通の家庭で今、それを揃えていることは考えられない。数年先でしょう。
 そこで、ハイビジョンで撮影はしますが、編集はスタンダード画像でしておいてDVDを作るか撮影したままハイビジョンで楽しみ、ハイビジョンでの編集は数年後の楽しみとするのが現実的だと思います。
 そうなると、メディアを交換できるDVかDVDしかない。

2 コンパクトのがいいんです
 DV式の方がコンパクトですね。キャノンのHV10は私も買いましたがお勧めです。

3 デジカメの役割も使いたいんで400万画素は欲しいです。
 凄い画素数のケータイで撮った静止画が大したことないのと同じで、400万画素にだまされないように。今、デジカメレベルで撮影できるビデオカメラはHV10だけという話を聞いて、テストをした結果私もそうしました。HC3はちょっと・・・・・・。HV10は撮影したビデオから写真をおこす機能があって、それでもかなり綺麗です。

4 DVDのメディアは8センチので1000円するって聞いたのでテープがいいですよね?

 そんなにしますかねぇ。ただ、撮影したまま楽しむのならDVDの方が頭出しとかしやすいですよね。まぁ、そんなに頻繁に見ないのが現実だから、DVで良いと思います。ちなみに、ハイビジョンで撮影したDVDは普通のDVD機器では見られません。

投稿日時 - 2007-01-31 17:10:29

ANo.1

K-1

読みにくいです。
少し改行を入れたほうがいいですよ。

HDDはテープ式にくらべ、
・画質の点で劣る。
 MPEGの特性上、高速な物体や水面などにノイズが目立つ。素人が見てもわかるレベルのノイズです。

・HDDはかなり熱をもつため、長時間稼動がしにくい。
 機種にもよるが、手に持ってられないほど熱くなることもあるそうで。

・メディア交換ができない。
 HDD交換可能な機種だとしても、コンビニとかで手軽に入手できるわけではなく、価格も高価。
 これは録画時間の制限に繋がります。

・構造上、衝撃に弱い。
 最近のHDDは多少のことでは平気のようですが、
 カメラのHDDがそこまでの耐衝撃性を持つ装置を使っているかはわかりません。

・PCがあることが前提となっている。
 PCに接続し、吸い上げて編集するといった使い方が前提。
 また、HDDが一杯になったら、PCなどに吸い上げなければならない。

テープは価格も安く入手しやすいです。コンビニで入手できることもあるでしょうがHDDは無理です。
安ければ「少し余ってるけど、今のうちに交換しておこう」という使い方だってできます。
DVテープなら多少本数があっても嵩張りません。
HDDのバックアップ用にノートPCなどを持って行くよりはるかに軽く、コンパクトで済みます。
そのノートPCもHDDカメラのストレージ以上のHDD容量を持った機種が必要です。

もし撮影中に満タンになった場合、テープなら交換すればすみます。
HDDはその場で別ストレージに退避か、消すか、撮影を諦めるしかありません。
「その瞬間、その場」でどうにかできないと撮影チャンスを逃すかもしれません。
宿などでどうにかできるかは、それほど問題ではなりません。

最近はケーブルでPCと直結してテープから転送できるDVカメラもあります。
どうせHDDカメラだってPCに転送するのですから、同じことです。

個人的にはHDDビデオカメラは、まだ買う時期ではないと思います。

投稿日時 - 2007-01-29 11:38:17

お礼

ありがとうございました。これを参考にビデオカメラを買うつもりです。

投稿日時 - 2007-01-30 13:09:27

あなたにオススメの質問