こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

就職難の時に就職を勝ち取った人は真に優秀ですか?

団塊の世代が退職したら、新卒がたくさん就ける時代がやってくるそうですが、そういう意味では、さほど優秀でない人も就職に就きやすいと思われます。(語弊があるかもしれませんが。)
ここ10年ほどは就職難でしたが、その難関を勝ち取った人からすれば、以後、簡単に就けた人に対し、”思う”ところが多々あるのでは?と思いました。
では、そう思っている先輩さん達は逆に真に優秀なのでしょうか?
お勉強はそれなりだと思いますが、人格的に、会社に常に利益を与え、優秀なのでしょうか?自分の周りにはそういう人はいないので知りたいのです。

投稿日時 - 2007-01-29 18:29:38

QNo.2706495

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>お勉強はそれなりだと思いますが、人格的に、会社に常に利益を与え、優秀なのでしょうか?
これに対する答えはNOです。でも以下も読んで参考にして下さい。

これから就職する若者が優秀かどうかは分かりませんが、私の会社で「バブル期採用組」とその後の「就職氷河期採用組」を比較するとやはり後者の方が優秀な社員比率が多いと感じています。(端的に言えば「はずれ」が減った)

私の会社は採用は「学科テスト」「心理テスト」「面接(=自己アピール)」の総合評価で決めていますが「学科テスト」は明らかに「氷河期組」の点数が良いそうです。だからと言って優秀な社員になれるとは単純に考えていません。でも「バブル期組」には「指示待ち族」「マニュアル族」が多かったのに対して、「氷河期組」は相対的に「自分で考え、自立的に行動できる」人が多く採用されているように感じます。
やはりこれは大勢の中から厳選した結果といえるのではないかと思います。

勿論、仕事に耐えられなくて脱落した人は「バブル期」「氷河期」どちらにもいます。メンタル面の強さはテストもしますが、やはり実際に仕事をさせてみないと分からないみたいです。

投稿日時 - 2007-01-29 19:04:02

お礼

ご回答感謝いたします!氷河期を超えるにはやはり、ただタフなだけではなく、どう乗り越えるかを考え実行に移せる人が生き残れるのですね。
耐えられなくなって脱落した人は同じ比率のようですね。勝ち得た人だけの特権なのでしょうが、辞めるなら試験を受ける前に、耐えられなくなるかどうか、そこのところを考えてもらいたいものです。メンタル面は勝ち取った人は抜群に強いかと思ってましたが、そうでもなさそうですね。勝ち取った事のプライドが優先して、いやな仕事に遭遇すると弱くなったりもするのでしょうね。

投稿日時 - 2007-02-09 11:40:36

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

あんまり意味のない疑問です。あるところで「優秀」と評価された人間はずっと「優秀」でありつづけるでしょうか。もちろんエリート街道ひた走る人もいるでしょう。でもつまづくかもしれない。いじけるかもしれない。そこからまた這い上がってくるかもしれない。あるところで「優秀ではない」と評価された人も同様。

そもそもオールマイティな「優秀」なんてないのです。

村上龍さんの「盾(シールド)」幻冬舎でも読んでみてはいかが。品切れらしいので図書館ででも探してみてください。

投稿日時 - 2007-01-29 18:51:30

お礼

ありがとうございます。まだまだ未熟でした。出直してみます!
評価を一度受けた人は有る意味幸せですよね。その重圧はあるかもしれませんが、思い通りに事が進むのは悪い気はしませんからね。

投稿日時 - 2007-02-05 16:29:02

あなたにオススメの質問