こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学の非常勤職員(事務補佐員)の件で

ぜひ教えてください。大学の非常勤職員(事務補佐員)に就こうと考えているのですが、実際何年ぐらい働けるのですか?独身で一生非常勤だと女性の場合、かなり経済的に苦しいと聞きますがどうなんでしょうか?最長5年までというのは(雇用が)聞いたことはありますが、それからつなげてつなげて、はたして定年近くまでいれるものですか?

投稿日時 - 2007-01-30 22:40:28

QNo.2710137

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

国立大学の場合は3年任期です。継続雇用は認められないので、任期1年マイナス1日で辞め、退職金も出たあと、新規契約の形で採用されますが、契約更新は3年が限度です。昔は3年任期の制度がなかったので、その頃採用されて非常勤職員でずっと契約更新している人もいますが、ある年から任期を厳しくしたので、大昔採用された人以外は3年を超える再任はムリです。

優秀な事務補佐員に是非続けて欲しいので、キャンパスの離れた別学部なら再任できないか、大学から高専への移動ならいいのではないか、など事務長と交渉したことがありますが、本部の人事課がウンと言いません。非常勤職員からパートに変更は可能ですが、そうすると非常勤職員の枠が減ってしまいます(非常勤職員とパートの合計人数が決められています)。

後は、委任経理金といって、企業からの寄付金を大学が運用していることがあり、その中でパートを雇っている場合があるようですが、永続雇用は困難です。某有名大学などでは、旦那さん探し目的で良家のお嬢さんが無給で教授秘書をやっているケースもあるらしいのですが、これは例外ですね。

投稿日時 - 2007-01-30 23:42:58

あなたにオススメの質問