こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

血液検査と尿検査で分かること

通常、病院にいった時に行う血液検査と尿検査で分かることはどのようなことでしょうか?肝臓、すい臓、大腸がんなどのがんも分かりますか?

投稿日時 - 2007-02-04 10:52:56

QNo.2722337

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

大阪府の医師です。
どこに癌があるなどはわかることは少ないですが、白血病なんかはそこから判明することが多いです。
また、肝機能の低下や、炎症、細胞の破壊が起こっている場合は検査に反映され、結果のいかんによっては癌を疑ってかかることはあります。

投稿日時 - 2007-02-04 16:09:24

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-02-15 00:46:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

血液検査と1ことで言ってしまうと、トータルに調べている、検査してくれていると思いがちですが、実際にはチェック項目の増加とコストが比例するので、そういうわけではありません。

関係者ではないので、経験則からの答えになりますが、2年くらい前まである病気の検査のため毎月血液検査をうけていました。
そこで見せてもらった検査票には、#1の方のリンクにもあるように「1回の採血から数十項目にわたる測定が可能」とありますが、パッとみ50~80くらいの検査項目がありました(血液検査機関が使用するオーダーシートの項目数)。
しかしそれは、医師がどの項目を検査したいか、で項目を指定しますので、「1回の採血で数十項目にわたる測定をすべてしてはない」ということに気がつきました。そして項目が増えると、金額に跳ね返ります。

私の検査は、一般的な会社や学校の血液検査項目にははいっておらず、長年その病気が血液検査にひっかからなかったのが、その病院がその病気にくわしいため、医師が念のため検査項目を加えてくれたため、病気がみつかりました。
ちなみに、血液検査のときに「酒の量が増えているのですが、肝臓もしらべられますか?」と頼むと項目を加えてくれたり、「この項目はなんですか?」と聞くと説明をしてくれたりしますが、項目数が増えると、帰りの会計で支払う金額があがっていました。

会社や学校の血液検査項目は、企業や学校等の健康対策上の予算の問題もあり、一般的に懸念される項目のみ検査しているようです。
どんな項目かについては、過去に類似質問がありましたが、ちょっと検索にひっかかりませんでした。

投稿日時 - 2007-02-04 11:42:17

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-02-15 00:47:11

ANo.2

検査項目については、参考URLのページをはじめ、「健康診断」「血液検査」「尿検査」などで検索すれば、多くのページがヒットします。
 検査では、正常値の範囲が決められていて、これより外れると異常とされます。
 ただし、正常値の範囲は、絶対的なものでなく、検査機関によって違いがあります。
 血液検査や尿検査だけでは、はっきりした病気の診断はできませんが、正常値を外れた場合は、病気の疑いがあるということで、後日さらに詳しい検査を受けることを指示されます。
 大切なのは、定期的にこれらの検査を受け、もし異常があれば、必ず指示された再検査を受けること、検査項目によっては、たとえ正常値の範囲内であっても、大きな増減がある場合は要注意ということもあります。

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/medical/index.html

投稿日時 - 2007-02-04 11:16:54

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-02-15 00:47:38

ANo.1

そこまで精密にはわかりません。

http://www2.health.ne.jp/library/0800/w0802005.html

投稿日時 - 2007-02-04 11:04:19

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-02-15 00:48:31

あなたにオススメの質問