こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

工事請負仮契約の解除

ハウスメーカーとの間で工事請負仮契約を一昨年しましたが、契約をする前とした後で建築工事に関わる内容が二転三転しています。
今年に入り着工までの残すところ3ヶ月ほど、予算の事もあったので随分前からお願いしていた件について早急に見積もりをしてほしいと依頼をしたところ2週間たっても何の連絡も無くこちらから電話そして言い訳ばかり、あまりにもいろいろな事があった為母からの予算援助をお願いしてあったのですが、「いい加減な業者で建てるのでは援助を出せない」と言われそれでは建てれないのでハウスメーカーに契約は無かった事にしてほしいとお願いしたところ、設計図も完成しておらず、現場監督すら決まっていないのに約款通り手付金の没収と違約金(契約金額の10%)それから約款には無い今までに掛かった経費(営業マンの1年間の給料)を払えといわれました。
もともと契約に至るまでには、メーカーのキャンペーンが有り坪単価の限定割引で1棟のみ当選できるというもので当選し、こちらとしては1年半後で無ければ建設は出来ない事を十分に伝え理解していただいた上でそれでもいいから応募して下さいということで応募をしたのです。ところが、その年の11月頃からキャンペーン価格での建築は今年いっぱいまでしか待てないと言われ仮にでいいから契約して欲しいと言われしました。 契約の際約款の読み上げをしないのでどうしてしないか尋ねたところ「あくまでも仮なのでよっぽどの事で紛争にならない限りここは必要ありません」と言われました。 仮契約なので設計図も全く違う物ですし金額も全然違うのにその契約書の契約金額の違約金を払わなければならないのでしょうか?  契約書には印紙はありません。

投稿日時 - 2007-02-04 16:07:19

QNo.2723079

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

今後の方針(解約)が固まっているようですので、このサイトでの回答(あくまでも参考意見です)をたよりにHMと交渉するよりも、いち早く参考サイト(消費生活センター)に相談して今後どのように解決していくかを決めたほうがよいと思います。
勿論、どなたか弁護士さんの知り合いがいればその人に交渉してもらうことが一番手っ取り早いかと思います。
感覚的は、何の問題もなく解約できそうな事案と思われますが・・・)

とにかく一日でも早く動くことです。

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/map/

投稿日時 - 2007-02-04 16:40:51

お礼

回答どうもありがとうございます。
消費者センターですか、とにかく早目がいいのですね。
あまり大事にしたくは無かったのですが、何度交渉しても自分たちの意見は全く聞き入れてもらえないので弁護士さんも知り合いにいるので早急に相談してみます。

投稿日時 - 2007-02-05 00:12:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

こんにちは。

●仮契約書というものは、名前は仮と付いているかもしれませんが、当然ながら契約書です。契約は、名前は関係なく内容が問題で、そこに書かれていることを契約するものですので、極論するとタイトルは秘密保持契約でも、中身が売買契約の内容なら、契約は内容のとおりです。中身どおりに対応すればよろしいかと思います。約款に無いものは関係ないと思います。

●建築請負契約に読み上げは必要ないのでは思います(それは、不動産売買の契約とか等、限られた話だと思います)。本来契約書はお互いに作りあうもので、どちらかが雛形を作り、それにどんどんコメントをつけて修正し納得したうえで契約するものだと思います。一方的に請求されたから内容を確認せずに(読み上げなくても中身は普通確認できると思います)判子を押したとしたら、弁明は難しいのではと思います。

投稿日時 - 2007-02-07 01:32:59

お礼

ご回答ありがとうございます。
あれから、何度か話し合いをしましたが、相手は営業マン以外上司も連れて来る事も無く話の内容も「手付金の没収でいい」とか「今回の事を全て白紙にしてまた新しくやらせて欲しい」などどんどん変わってきました。
営業マンとしては、あくまでも上司に合わせず話をつけようとしているのだと分かったのですが、消費生活センターに相談したところ「建築まであと4ヶ月をきっているのに設計士にも合わせてもらえていない、そろそろ融資に関して計画を立てなければならない段階なのに設計図さえ出来ていないのであれば初めから建てる気が無かったのではと」と言っていました。
もしも、契約が全く履行できない状態であればこちらの不手際では無く騙そうと思い契約をさせたという事から手付金も返還してもらえるとの事でした。
これから、このような問題で悩む方がきっといると思うとこのままあきらめるのは、こういう汚い契約を簡単にしてしまう業者をのばなしにしてしまい、ひっかかった人は勉強不足だと言われ泣き寝入りをするのが当たり前になってしまい納得できません。
できる限り戦います。

投稿日時 - 2007-02-14 22:13:20

ANo.4

お腹立ちはわかりますが、クレームというより交渉です。クレームは、今現在確認できてる部分ではあくまで営業マンの働きの部分だと思われますし、それを社が認識しているふしがないように思えますから、ともかくクレームとして直接事実確認を要請することです。そうしないと、怒鳴り込んでもほんの空振りに終わる可能性もありますから。

で、社とは事実確認と、今後同決着を図るかの交渉です。交渉は穏便に行かなければ、恫喝などの強い言葉は時に相手の態度を硬化させるだけで、逆効果です。理論整然と、できれば法的な裏づけも交えながら話すほうが、かえって解決が早くなると思います。そのばあい、法的根拠がない同情論や精神論は、やはりあまり意味をなさないことがあります。

>ある知人にその
当事者なのか、トラブルの内容が何かわからなければ、コメントのしようがありません。中古物件の売買で自己都合による一方的な契約破棄であれば、違約金が発生することはごく当たり前のことなのですが、そういう話ではないのでしょうか。

>キャンペーン価格が待てない
欺瞞的要求だったかは調査を見ないとわかりませんが、納得できないものを了承するのは、手落ちでした。

>ハウスメーカーにのみ有利に記載されていました。
仮だろうがなんだろうが、確認すべきでしたね。社の責任者に強く抗議するとどうでしょう。まともな会社なら、従業員の非を認めると思うんですが。ただし、記載内容については、社会通念上異常なものでない限り、争うことはできないと思います。その辺はイメージ的にではなく、弁護士などに相談してはいかがでしょう。

投稿日時 - 2007-02-06 08:19:47

お礼

またのご回答を本当にありがとうございます。
あれから、何度か交渉をしましたがずっと営業マン1人での交渉で上司を連れてはきませんでした。
話の内容も「違約金の支払は無く手付金の没収で手をうつ方向でどうですか?」とか「全く白紙にして新しくやらせてもらえないか」などどんどん変わってきています。
消費生活センターへ相談したところ建築が迫ってからの対応が「建築まで4ヶ月をきっているのに設計士にも合わせてもらえない、そろそろ融資計画を立てなければならないのに設計書もできていない(予算が決まっていない状態)であれば初めから建てる気が無かったのでは」とのことでした。
もしそうであれば、こちらに不手際があった訳ではなく騙して契約をさせたという事で手付金も返還してもらえると言っていました。
契約書という紙切れ一枚で一般庶民が騙されお金を取られることがまかり通ってしまうのが良い事とは思えません。
これからも、いろいろな人に相談をしてきちんと解決していきます。
解決をした折にはまた、お礼の文章を投稿したいと思っています。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-14 22:40:38

ANo.3

>2週間たっても何の連絡も無く
これは営業マンとしての質の問題でしょう。お粗末ですが、そういう奴は結構どこにでもいます。

>約款通り手付金の没収と違約金(契約金額の10%)
>契約書には印紙はありません
契約は、口頭でも成立します。契約書は、それを後々揉めないために残す物証です。

>十分に伝え理解していただいた上で
事情は変わるものですから、相談があって、お互いに納得すれば変更はできない話ではありません。

>あくまでも仮なのでよっぽどの事で紛争にならない限り
今回みたいなことになるから、やるにこしたことはないのです。

>仮契約なので設計図も全く違う物ですし金額も全然違う
どの部分での、どのレベルでの仮契約なのかでしょうか。キャンペーンの権利の話なのか、建築まで含んだものか。

>総レンガ作りの外壁にしたいと言ったところ
何がそれに変更になるのか知りませんが、一般的なサイディングからであれば、ありえない話です。見積もり遅れの件も総合するに、営業マンとしてよりも、建築に携わるものとしてのスキルがかなり低いのではないでしょうか。よくある勘違いとして、HMの営業=建築のプロと思ってる方がいますが、大変流動性が高い職種で、ノンスキルの方が歩合に引かれて入ってくることも多いのです。

>庭石を引き取っておいて置く場所が無くなったから引き取れない
>上司が待てないと言っているからとりあえず仮契約をと
事実関係は不明ですが、よくあるのは、その場では安請けあいしたものが、社の承認が取れないため、本人も言い出せずに、最後そのようになることは少なくありません。
仮契約については、決算やノルマなどの関係で、前倒しでやりたい意思が見えなくもありませんね。ほんとに本社の指示だったかどうか。

>すべて社長の言葉だと言っています。
自分の失敗を言い出せなくて、そのようにいってる可能性があります。こういう場合、上司にクレーム入れると、ことがスムーズになるケースが少なくありません。

>契約書の契約金額の違約金を払わなければならないのでしょうか? 
まず、先方の上司と話しをして、事実関係を確認するのが先決でしょう。仮であろうと口頭であろうと契約したからには履行する義務はありますが、責任所在などの相応の理由があれば支払う義務はなくなります。そういった部分も契約書にないですか?
たとえば、ローン審査が通らなければ破棄ですよといって、仮契約する事例なんかはありますよ。

投稿日時 - 2007-02-05 09:02:17

お礼

再度の回答ありがとうございます。
私としても契約は一つの約束だと思っています。
口頭での約束では「言った言わない」と揉め事になるため文章にしてサイン、印鑑の方が文句を言わせない為の手段なのだと分かっていますが、約束は約束、口頭だろうと先にやぶったのは営業マンの方だから、それも何事も無かったように平然と言って誤りもしないのが何度も続けば誰でも不振に思います。
仮契約はあくまでもキャンペーン価格が待てないという事からしました。
契約書の約款は私たちに説明したくなかったのは、ハウスメーカーにのみ有利に記載されていました。
今日もある知人にそのハウスメーカーとトラブルの話をききました。
違約金を取られたそうです。
中古住宅の売買だったので泣く泣くあきらめたとか・・・
昔から結構いろいろあるメーカーだったようです。
でも、負けませんよ、絶対にあきらめないで戦います。

投稿日時 - 2007-02-05 22:33:17

ANo.2

>1年間の給料)を払えといわれました
誰が言ったのでしょうか?
営業マンなら、上司か本社に相談しましょう。
会社として言ってるなら、徹底的に争うしかありません。
詳細がわかりませんのでどちらが有利かは言えませんが、違約金は発生する可能性があるにしても、そのような言い値のような額では、まったく無視するしかない稚拙な話です。

投稿日時 - 2007-02-04 22:16:16

お礼

回答をどうもありがとうございます。
詳細については文字数の関係で入れることが出来なかったためどちらが有利なのか分からなかったと思います。
実際に二転三転したのは契約前に営業マンが約束してくれた事が違ってきたのです。
総レンガ作りの外壁にしたいと言ったところ「それほど変わりは無いから予算内でできます。」と約束してもらったのに全体のおおよその見積もりを出してもらったら150万円もオーバーとなりしかたなく1階のみを総レンガにする事にしました。
また、見積もりをお願いしていた件は庭石についてで、契約前は庭石は無料で引き取ると約束していたのに契約してから10ヶ月以上たって話をにつめたいので自宅に来ていただいた時に予算の事があったのでエクステリアはどうなるのかを聞いたところ庭石を引き取っておいて置く場所が無くなったから引き取れないと言われました。
いつからそうなっていたのかは全く聞いていなかったので唖然としましたが、1階の総レンガを我慢すればなんとかなると思い自分たちでも庭石の撤去をしてもらえる業者を探す事にしました。
その際母にも協力をお願いしたのでその旨を営業マンに伝え特に反対された訳ではなかったので業者を探し昨年の暮れに見積もりをしてもらいました。
年明けに直ぐ営業マンに連絡をして「早急に見積もりみ来て欲しい、立会いの上でしたいのでいつごろ来れるかを連絡して下さい」とお願いしたら2週間たっても連絡無しだったのです。
キャンペーン価格も最初は待てると言っていて上司が待てないと言っているからとりあえず仮契約をと言われたのです。
仮契約でも約款の説明が要らないなどと必要なのに嘘をついたり今現在は違約金などについてはすべて社長の言葉だと言っています。
今思うと嘘に嘘をかさねている営業マンに対してこうなることを予想できなかったのかと何も分からなかったとはいえ浅はかだったと思います。

投稿日時 - 2007-02-05 00:08:53

あなたにオススメの質問