こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

引っ越したい・・敷金で補えない修繕費は?

引越したいと考えてます。
ただ5年間住んだ部屋ですので、それなりにいたんでます。
敷金として20万円を支払済みです。
不動産屋の話しでは、敷金に加えさらに20万円程度の支払いが必要との事です。
確かに修理修繕にお金はかかると思いますが、20万円といえば大金です。
月7万円の家賃のコーポなんですが、通常敷金からさらにかかる費用の相場はどのくらいなのでしょうか?
知識のないわたくしでは、不動産屋の言いなりになるしかないのが実情です。
疑心暗鬼になりがちなだけかもしれませんが、不動産屋の方の人間性を信頼出来ない私には、少しでも情報が欲しいのです。
引越しの際、敷金に加え支払う修理修繕費は、不動産屋の言い値なのでしょうか?
場合によっては不当な額でも言い放題って事になってしまうと思うのですが・・・
知識のある方、どうか教えてください。よろしく御願い致します。

投稿日時 - 2002-05-17 21:56:10

QNo.272838

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 こういうご相談はこのサイトで頻繁にされています。法律的にどうなっているのかと、世の中の実情はどうなのかを区別して考えないといけません。
 世の中の実情的には敷金というものは、数年間賃貸すると、返ってこなくて、むしろ納めた額と同額を逆に請求されるようになっています。
 これ自体は世間の常識から外れたことではなく、私自身も数年前に、公団の賃貸住宅にすんでいましたが、同じ事をやられました。額もだいたいなにからなにまで同じようなものです。
 ですから、あなたの賃貸人もとてつもなく悪徳ということはないし、清算の内容も、全くでたらめなものではないでしょう。

 しかし、法律的には、あなたのほうにも、いくらでも反論の余地はあるということになっています。
 しかし、実際に裁判をするとなると、余計な費用と、時間がかかってしまいます。賃借人に有利な裁判例は、そういったことを度外視して、意地になって賃借人が勝ち得たものにすぎません。
 また、そういった事情のせいで、世間の慣習と裁判例がいつまでたっても、一致しないのです。
 ただ、「20万円返してもらいたい」というのは実現不可能だと思いますが、「20万円払いたくない」というのなら、払わなければそれでOKです。
 たぶん、「払う義務はないはずだから、勝てると思うなら裁判でもしてください」といって払わなければすむ問題です。
 それで、もし訴えられたら、そのときは裁判所に出て行って、ちゃんと反論しないといけませんが、たぶん訴えてこないし、反論すれば、裁判官の指導で和解ということになって、結局いくら払わないといけないかは、あなたの頑張り次第です。少なくとも反論さえすれば、20万円払うことにはならないはずです(あなたの使用状況が常識的なものというのが前提ですが)。
 もし何かするのであれば、司法書士にでも頼んで、あなたの言い分を内容証明で送っておくといいでしょう。それにだって、3万円以上はかけるべきではないです。
 下記の質問を参照してください。とても参考になるリンクも張ってあります。
 

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=204689

投稿日時 - 2002-05-18 16:43:14

お礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。
無知というのは恐ろしいですね・・・
自分の感覚と違った事を突きつけられると、オロオロとするばかりで。。
勉強になりました、ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-05-22 01:43:00

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

まず、敷金は支払ったのでなく預けてあるだけです
貸主が無条件で修繕費に充当することはできません
また、日常生活で普通に使用していて傷んだ分については修繕費を支払う必要はありません
部屋を傷めないように足を踏み入れないでいたのでは、生活するために借りて賃料を払った目的を果たせませんからね
あなたが払わなければならないのは、過失によって損傷を与えた場合や、生活に必ずしも必要でなかったのに敢えて部屋を傷める方法を選んだ場合などだけです
まずは、見積もりを出してもらって、あなたが払う必要のあるものを見極めましょう

投稿日時 - 2002-05-17 23:13:42

お礼

ありがとうございました。
そうですね、まずは見積もり、それからですよね。
しっかり話し合い、解決出来るよう努力してみます。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2002-05-22 01:45:49

ANo.2

本当に20万円かかるなら払わなくてはなりませんが、まずそこから確かめましょう。
具体的には見積もり、あるいは請求内容を見せてもらってください。そして別途質問をされた方が良いと思います。つまり、Aと言う項目があることが正しいかどうか、正しいとして相場はどのくらいか、こういった聞き方をしないと意味がありません。

たとえば、
1)たばこの不始末で付いた畳の焦げ後は払う必要がある(たぶん)
2)しかし、単なる普通に使っていてついたすり減りによる交換費用は必要がない。
3)同様に畳に付いた家具の後のへこみや日焼け後は不要。
4)額を取り付けるために打った釘の後の補修費は不要(たぶん)
と言った感じで個別に確認しないとわかりません。ただ、ごく普通に考えて20+20=40万円というのはあまりにも高すぎると思います。

私の場合も20万円くらいの敷金+10万くらいの追加と言われたのですが、交渉して13万くらい返してもらいました(つまり7万)。交渉は上に書いたように見積もりをもらって行いました。
ただし、後で大失敗したことに気が付きました。上の例で書いた畳のことです。新築の部屋に入って1年で出ました。畳くらいの費用は払う必要があるかな、と言うことで支払ってしまいましたが、数年後払う必要がないことに気が付きました。そのときは20万以上取り返せたと思って喜んでいたのですが、・・・

長々と書きましたが、まず内容の確認です。

投稿日時 - 2002-05-17 22:22:13

お礼

ありがとうございました。
なるほど、細かな約束事がしっかりあるんですね・・
しっかりと見積もりしてもらって話し合ってみます。
大変参考になりました、ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-05-22 01:49:02

ANo.1

だまされてますね。
日常の生活で汚れたものは直す必要はありません。
したがって、あなたが、よほどひどい使い方をしたなら別ですが、そんなにかかるわけありません。
次のサイトを参考にしてください。

参考URL:http://ww3.tiki.ne.jp/~akimie/

投稿日時 - 2002-05-17 22:20:17

お礼

ありがとうございました。
教えていただいたサイトを参考に、しっかりと話し合ってみます。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2002-05-22 01:51:15

あなたにオススメの質問