こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

副業をした場合の年末調整について

はじめまして。年収240万円の会社員をしています。

会社の業績が思わしくなく、給料が下がってしまいました。この額ではとてもやっていけそうにないので、副業を始めたいと思っています。
就業規則には特に禁止とは書いていなかったので可能だと思います。

しかし、昨年、一昨年と、年末調整により税金を納めており、できれば今年もこの方式でやりたいと考えています。
虫の良い話だとは思いますが、突然確定申告をしたいなどと切り出せば、副業をしていることが分かってしまうでしょう。例え副業が禁止でなくても、古い体質の会社ゆえ、何かしら悪い印象を持たれないとも限りません。それだけは絶対に避けたいのです。

副業の場合、給与2000万円以下で、年収20万円以下なら確定申告が不要だと聞きました。と、いうことは、この額以下なら、副業を会社に隠して年末調整が受けられるのでしょうか? それとも年末調整は受けられるけれども収入は会社に報告しなければならないのでしょうか?(雑収入として?) どうなのでしょう?
もし隠しておけないようなら、副業はあきらめて節約でやりくりするつもりです。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-02-12 19:36:11

QNo.2746744

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 今あなたの住民税は給料から天引きされていますか、それとも個人で支払いしていますか?
 給料からの天引きであれば「特別徴収」、個人での支払いは「普通徴収」といいます。
 また、ごく少数ですが、給与所得は「特別徴収」、給与所得以外の所得は「普通徴収」とする「併徴」という方法もあります。
 「特別徴収」の場合、税額の通知は会社を通して通知されますので、もし、会社が通知内容と年末徴収の内容を比べれば、副業がばれる心配があります。
 また、「特別徴収」から「普通徴収」へ切り替えた場合、会社にその理由を訊かれるかもしれません。
 なお、副業が給与所得となる場合には、「併徴」にはできません。
 なので、現在も「普通徴収」でこれからも「普通徴収」であれば、会社にばれることはないと思います。

投稿日時 - 2007-02-12 20:18:49

お礼

ありがとうございます。

1月の給与明細を確認したところ、市町村民税が天引きになっておりました。と、いうことは特別徴収のようですね。

副業はあきらめて節約、貯蓄に励むか、就業規則を盾に取って副業を認めさせるか、もしくはもう会社に見切りをつけて、秘かに転職活動をはじめるか。なんらかの行動を取りたいと思います。

いずれにせよ、たいへん勉強になりました。mt_tara様、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-14 22:36:05

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

税務署は最近は良く慣れているようで、相談にのってくれます
納税方式を普通徴収にしておけばまずは、バレません。
市販されている確定申告のハウツー本には必ず書いてますので
確認してみては・・・・丁寧に書いてます
副業されている方は多いですが、申告しない方がほとんど・・・
原則20万円以上の場合は確定申告が必要ですが、なかなか面倒で
申告しない方が多いですが、もしあとで見つかった場合を考えると
申告しておいたほうがベターでしょう

投稿日時 - 2007-02-12 20:02:16

ANo.2

確定申告は、ご自分でやるものですよ。会社がやってくれるものは、給料の精算・・・つまり、年末調整だけです。
給料以外に収入がある場合は、給料と合算して、3月15日までに税務署へ確定申告をします。これは、会社とは一切関係ありません。給料以上に増加した分を自分で納付すればよいのです。確定申告の時、市県民税の納付方法を普通徴収にチェックすれば、後日納付書が送られてきて給料から源泉徴収されず、会社にはまったく分かりません。

私は公務員ですが、親から相続した土地で、アパ-ト経営を始めました。給料(源泉徴収票)も合算し、差額分の税金は口座振替で納付しています。

投稿日時 - 2007-02-12 19:48:18

ANo.1

会社に年末調整をしてもらったうえで、あなたがそれと副業を合算し税務署に確定申告してください。会社に知れることはありません。

投稿日時 - 2007-02-12 19:44:03

あなたにオススメの質問