こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

亜鉛ドブ漬メッキ時のボルトについて

鉄を溶接で組み立てるのに、どうしても六角ボルト(M10×50)を数本溶接したままメッキしなければなりません。
そこで二つ質問させて下さい。
(1)すでにユニクロメッキ済みの既製品ボルトを溶接した場合、ボルトの表面に亜鉛メッキは付着するものでしょうか。付着しないことを望みますが。
(2)メッキをしていないボルトを溶接すれば、ネジの部分にも、たっぷりと亜鉛メッキされるはずですが、使うときにはダイスで亜鉛メッキ層を削るという方法で良いのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-02-14 21:30:28

QNo.2752902

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

メッキをするネジは大きくするか、マスキングをするのが普通です。
しないとはいりません。
今回はボルトということなので、ネジの山にそれこそたっぷり亜鉛がつきます。ダイスでさらえるのが一番安いでしょう。
マスキングは結構面倒で高いです。

投稿日時 - 2007-02-14 23:00:05

お礼

ありがとうございます。マスキングにも短所があるのですね。参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2007-02-14 23:19:08

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

メッキしたくない部分(ねじ山)にロウを塗っておくとかマスキングしておけば済む話ではないでしょうか?

投稿日時 - 2007-02-14 21:51:07

お礼

ありがとうございました。マスキングという方法があるのですね。参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2007-02-14 23:17:30

あなたにオススメの質問