こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社会主義と共産主義の違い

ロシアや北朝鮮は社会主義、中国は共産主義。
この二つの違いってなんですか?
日本は資本主義ですよね。アメリカや
ヨーロッパの国々なども資本主義ですよね?なんだか資本主義の国の方が発展してますよね。それはなんででしょうか?
分かりやすい言葉でお願いします。

投稿日時 - 2002-05-21 16:26:11

QNo.275328

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ロシア・北朝鮮は極一部の人間の考えに従って行動が決定されるので.社会主義ということはわかります。又.日本においても国家総動員法制定によって世界でも有数の社会主義国を形成したことも有ります。
ただ.中国の「共産主義」はちょっと意味が分かりません。というのは.中国はもうたくとう等を中心とする帝国主義経済であり.共産主義国ではありません。

社会主義国の経済破綻の原因は.多くの場合軍需開発に偏った計画経済を実行し.その結果経済が破綻した場合が多いです。
なお.日本はかって「もっとも共産主義に近い国」と評価された資本主義国です。というのは.貧富の差がかなり少なく(1億総中間階級).比較的社会保障が充実していた(医療費による破産が少ない)国です。現在軍需関係を優先しようとする考え方(有事立法・マスコミ統制関係法)が出てきましたので.社会主義的性格が次第に強くなると考えています。軍需がGNP1%に押えられていたから.1億総中間階級のような下層階級すべてに資金が回るという共産主義経済的な資本主義経済の発展が可能になりました。
しかし.言論の統制(報道規制.つまり.どこで何があったかということを個人が表現することを規制すると小泉は国会で答弁していました)。又.軍事費(自衛隊は軍隊であるとの発言が有りましたのでこちらの言葉を使わせていただきます)の増額等.軍需増加の傾向。景気回復における効率的な資本投入(特定の分野の経済支援を行うことは社会主義そのものです)が見られます。これは.社会主義国が破綻していった経済の動きにほかなりません。名目は資本主義経済となっていますが.社会主義的風合いが出てきたのが現在の日本経済です。

社会主義経済と共産主義経済の違いを日本経済の状態から説明しようとするとこのようになります。

なお.極端に食料生産が少なかった頃.日本各地で共産主義的な経済が行われていました。ある漁村では.全員で漁に出ます。漁の成果は家族構成で分配されます。これは.昭和の半ばごろまで行われていました。このように食料を分配しないと多くの餓死者が出るために.捕った魚は家族構成で分売するという共産主義経済が行われていました。その後.でかせき等により多くの金が漁村に流入し.全体で魚を分けなくても生活できるようになりました。ここに共産主義経済の終焉を迎えました。
資本主義経済が成立するためには.有り余る食料(実際には.衣類などの生命を維持するために必要なものすべてを含みます)の供給が必要です。戦後の日本の急激な発展は貧困層への大量の資金流入が有り.このことが共産主義から資本主義への変化に大きく寄与しています。

投稿日時 - 2002-05-22 05:52:14

お礼

大変詳しくお答え頂いて感謝しています。
日本も共産主義のような政策をしていたこと、知りませんでした。
短いお礼文ですみません。

投稿日時 - 2002-05-23 17:26:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

反論されることを承知であえて書かせていただきます。

たとえば、ある土地で農作業を営むとします。
雨の日も風の日も頑張って、耕したり草をとったりして収穫を待ちます。
自分の土地で、自分のやり方で、収穫による収入も自分のもの・・・
これが資本主義経済における方法です。
資本のある人は、新しい農機具を取り入れるかもしれません。
また、よい肥料や消毒薬も投入するかもしれません。
その結果、隣人よりも、より多くの収穫が得られる・・・

共産主義の下での農作業では、一つのところでメンバー全員が
同じやり方で収穫します。Aさんは体力もあり、頑張って作業します。
Bさんは、やる気はあっても体力がなく、あまり役に立たない。
Cさんは、そもそもあまり熱心に作業せず、義務でしているだけ・・・
でも、収穫による分配は、A・B・Cに均等に分けられた。
Aさんは、自分が頑張った分だけ損したような気分になるかもしれません。

かつて学生運動が華やかだった頃、人に薦められるまま
資本論を読んだり、その類のディスカッションも聞いたりしました。
その時に感じたのは、共産主義はある意味、理想論だけれども
現実に即していない机上論のような印象を受けました。
ソ連の5ヶ年計画なども、情勢がうまくいってるときはいいとしても
自然現象や周りの情勢によって変化することに対処する方法がまずかった?

人間は切磋琢磨されて、よりよいものを生み出そうという気力がわく。
それに基づいて競争社会になってしまった資本主義経済ですから
一応の発展はみられるようになったのではないでしょうか?
当然、弊害も生み出されますが、資本主義は利益を追求していますから
それに対しても、フレキシブルに対応しようとしてきた・・・ということに
なってはいるのでしょうねぇ。(全部カバーできているとは思いませんが)

投稿日時 - 2002-05-21 22:45:29

お礼

なんだか難しいですよねー。
人が生きていく上で大事なことってやっぱり平等だとか、平和だとか言われますが、それってキレイゴトなのかも知れませんね。社会主義、共産主義は共に言っていることは素晴らしいにのに、なんだかお答え頂いたことを考えると平等じゃなくて実際は不平等なのかもしれないっておもいます。。
今日本って不景気で失業者がたくさんでてきてるのをみてると、なんだか資本主義って非人道的ってかんじで、社会主義とかだったらイイのかも思ってしまったんです。馬鹿ですよね。
言ってること分かりずらくてすみません。返事ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-05-23 17:22:03

ANo.3

はい、sayuri-711さんのおっしゃるとおりです。そもそも同じ体制を経済面から言ったのが共産主義、政治体制から言ったのが社会主義、同じもんを別の言葉で言ってるだけですね。
そして資本主義は当初マルクスが言ってたような欠点はかなり克服してきているのですが…。(それが社会主義よりも長持ちした理由でしょう。)たとえば、日本と旧社会主義の国とどっちが貧富の差が激しいと思いますか?
もっとも現在の資本主義もかなり病的になってるのも事実なのですよね。
例えば、アメリカ型資本主義が今現在、世界になにをもたらしているか…。かっこつけた識者がテロ事件で明らかになったものとかって騒いでるけど,そんなもん冷戦が終わったぐらいからわかりきってたことじゃねェかと思いますからねぇ。

投稿日時 - 2002-05-21 20:58:05

お礼

共産も社会主義も同じ意味なんですね。
ありがとう。

投稿日時 - 2002-05-23 17:11:06

ANo.2

fujishiroさんが社会主義と共産主義を政治体制と経済体制に区別してらっしゃいますが
もともと19世紀から社会主義と共産主義を同義の言葉として
マルクス主義の人々は使っていると思うのですがどうでしょうか。
屁理屈みたいでごめんなさい(+_+)
あとソビエト連邦が崩壊した現在ロシアは資本主義経済の国になっていますよ。
確かに社会主義・共産主義を標榜したソ連や東欧の国々は失敗したと言えるでしょう。
しかし発展していると言われる欧米や日本などの資本主義の国々でも
貧富の差が大きく広がり
社会的弱者を救済するといった理想的なことが十分に行われているとは
言いがたいと思います。
資本主義の国々においてもまだまだ解決すべき問題が山積していると思いますよ。

投稿日時 - 2002-05-21 19:52:33

お礼

現在のロシアが資本主義だったなんてしりませんでした。自分はなんて知恵足らずなんでしょうね。
返事ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-05-23 17:06:34

ANo.1

まず第一に社会主義というのは政治体制のことを指し,共産主義は経済体制のことを指します。
つまり、資本主義と共産主義、民主主義と社会主義で対比をする必要があるわけです。
資本主義というのは資本、要するにお金を使って個人や団体(企業)に投資し、利益をあげたら投資した人に還元する、ということを基本にします。これのメリットはお金を持ってる人がチャンスをものにすればさらにお金持ちになれる,ということです。デメリットはじゃあ、お金を持ってない人はどうすればいいの?ということです。
共産主義というのはこのデメリットを重視して、団体があげた利益は働いた人で全部わけましょう、ということです。これはデメリットを克服した変わりに、大きなチャンスもなくなりました。
民主主義というのは一人一人が平等な権利と義務を負うことを基本とした政治体制です。これにはかなりのバージョンがあり,一言では説明しづらいのですが、現在のほとんどは間接民主主義のことをさしています。つまり、代表者をえらんで、代表者が実際の政治を行うということです。
これに対し、社会主義は平等という点を個人の財産にまで及ぼしています。ほとんど共産主義を前提にした政治体制といって良いでしょう。
資本主義が発展した最大の理由は、民主主義がある程度のデメリットを自覚した点にあると思います。つまり、日本のように逆累進課税など、お金持ちからある程度お金を余分に取って貧乏人に分配することによってお金を持ってない人にも最低限の配慮をしたことです。
逆に社会・共産主義は結果平等を考えすぎて、働いても働かなくても同じ給料しかもらえなくなったのです。同じ給料なら働かないほうがいいですよね?
他にも資本主義は実際に言われていた欠点を次々解決し、逆に社会主義は利点が欠点に変わっていったりしてまぁ社会主義を壮大な実験だったと評する人までいます。

投稿日時 - 2002-05-21 17:20:04

お礼

とても詳しく教えていただいてありがとうございます。
なんだか社会主義や共産主義がメリットをデメリットにしてしまったことにはとても残念です。社会、共産の理念の方が平等でいい考えなのに、、、。

投稿日時 - 2002-05-21 18:17:18

あなたにオススメの質問