こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

20歳のとき、娘が両足共股関節臼蓋形成不全と診断されました

X線写真を見て、股関節専門医が「これは見事な形成不全だぁ」という位強い形成不全です。
「臼蓋(受け皿の部分)が、普通の3分の1しかありませんよ」「赤ちゃんのとき、分からなかったのですか?」とも言われました。
とても活発な子でしたし、足の痛みを訴えることもなかったので、腰が抜けるほどびっくりしました。
ところが、昨年、ひょんなことから娘の母子手帳の乳児検診の欄に
>S50年1月8日「股関節脱臼検査」1カ月後X線検査
>S50年2月12日「股関節脱臼検査」「異常なし」
との記録が残っていることに気づきました。
これ以外の記録はありません。
このとき、予定通りきちんとX線検査をしてくれていたら、娘は早期に治療を受けられたはず・・・。32歳の今、2度目の手術を勧められていますが、両足の手術&リハビリで3年かかると言われています。びっこをひくようになるかもとも。ちなみに独身で、彼氏もいません。

股関節臼蓋形成不全のサイトなどを見ると、オムツのあてかたや抱き方に気をつければ臼蓋形成不全のようなものは治るし、ビーメンビューゲルをつければ、亜脱臼では100%、完全脱臼でも90%は治るとあるので、3カ月の乳児検診で「大丈夫とはおもうけど、もしかしたら脱臼しているかもしれないから」とそのときの保健婦さんが判断して1カ月後X線を予定してくれたのに、実際に1ヵ月後に行くと別の保健婦さんがもう一度娘の足を曲げたり、伸ばしたりて「異常なし」とし、X線検査を取りやめたことが残念でなりません。

乳児検診は××保健所で受け、調べたのですが、××保健所では当時からレントゲンの設備があり、股関節脱臼の疑いのある乳児のX線検査を実施していました。

それとも、娘の股関節臼蓋形成不全は、その後の成長過程で起きたものと考えるべきものなのでしょうか?

投稿日時 - 2007-02-15 23:35:06

QNo.2756193

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

整形外科をしています。小児の整形外科も扱っている者です。
成人期で臼蓋形成不全を指摘され、治療中とのことですね。
大変なことと存じます。

現在は臼蓋形成不全だけですので、股関節脱臼のいわゆる完全脱臼が乳児期にあったとは考えられません。完全脱臼は治療しないと成人後も脱臼が残っているはずです。

それでは亜脱臼や臼蓋形成不全があったかどうかですが、こればかりは判りません。
というのも、股関節脱臼のお子さんを10から20年ほど追跡してレントゲンを撮っていますと、脱臼はほぼ確実に治るのですが、健側、すなわち、臼蓋形成不全のなかった側に、臼蓋形成不全が出現してくることがあるのです。これが出てくる時期は様々で、5歳頃から出現してくる子もいれば、10歳過ぎで出現してくる子もいます。
ですから、成人期に臼蓋形成不全があるからと言って、必ず幼児期に股関節に異常があったとは限らないのです。

以前、18歳で臼蓋形成不全と診断された方がおられたのですが、古いレントゲンが保管してあった病院でしたので、偶然にも乳児期に撮ったレントゲンが残っており、それを見たところ、臼蓋形成不全や亜脱臼は全くなく、健常な股関節でした。こういう例もあると言うことです。

あと、「リーメンビューゲルをつければ、亜脱臼では100%、完全脱臼でも90%は治る」とありますが、これは少し違います。リーメンビューゲルの治療では骨頭壊死という合併症が知られています。これは軽度なものも含めると、全体の10%以上の確率で起こると言うことが日本小児整形外科学会で報告されていました。亜脱臼といえども、リーメンビューゲルには合併症があることを知る必要があります。

ということで、どちらとも言えないわけです。
弘法大師は
「心暗きときは、即ち遭う所ことごとく禍なり
 眼明らかなるときは、則ち途に触れて皆宝なり」
と言っています。
臼蓋形成不全の治療は何かとおつらいと思いますが、今何に向かうべきかを考えましょう。

投稿日時 - 2007-02-17 02:05:39

お礼

丁寧で分かりやすいご回答、本当にありがとうございました。
よく理解できました。

>「心暗きときは、即ち遭う所ことごとく禍なり
 眼明らかなるときは、則ち途に触れて皆宝なり」
読んで涙が出ました・・・。座右の銘と致します。

>臼蓋形成不全の治療は何かとおつらいと思いますが、
できることなら、代わってやりたいですが、それもできず・・・。

>今何に向かうべきかを考えましょう。
そうですね。そう致します。

見も知らぬ者へ、本当にありがとうございます。感謝します。
このサイトは、ごく最近知りました。本当に助けられました。
このサイトにも感謝いたします。
ありがとう。

投稿日時 - 2007-02-17 09:51:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問