こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告 給与の収入金額で躓きました・・・

お世話になります。

主人は4箇所からの給与所得を得ております。(源泉徴収票が4枚)

収入の柱となる主たる職場からの源泉徴収票には、「給与所得控除後の金額」ならびに「所得控除の額の合計額」の欄に記入があります。
おそらく年末調整が行われたのだと理解しています。

そこで質問です。
収入金額には、年末調整が行われたであろう給与の収入金額も含めなければならないのでしょうか?

説明書には年末調整をされなかった給与の収入金額は含めなくてもよいように受け取れます。

しかし、さまざまな控除とともに税額を計算しますと、年末調整が行われただろう給与の収入金額を含めると余分に税金を支払うことになり、含めなければ還付される計算になります。

初めての確定申告ということもあり、かなりの違いに戸惑っております。

回答をよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-02-16 17:53:37

QNo.2757958

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

年末調整に関係なく、全ての収入を合計して下さい。

日本の所得税は累進課税といって、課税所得が増えると税率が0%→10%→20%→30%→・・・と上昇して行きます。ただし、税率10%から20%の所得額に上がっても、所得全体に20%がかかるわけではなく、あるところまでは10%で、それを越えた分だけが20%の税率になります。

したがって、個別収入ごとに税額を計算すると収入が(恐らく)低いので低い税率が適用されています。しかし、合計すると高い税率が適用されることになり、その差額分の税金を追加納入することになります。

投稿日時 - 2007-02-16 18:13:30

お礼

早速の回答、ありがとうございます。
年末調整に関係なく、すべての収入になるんですね。
所得税は追加納入することになりそうです。

投稿日時 - 2007-02-16 18:21:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問