こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

母を嫌いになってしまいそうです。

母は節約家なのですが、子供には不自由させないというのが親心と思うのですが・・・
私は長女ですが、学生かばんから振袖から、その他もろもろ、もらえるものは使いなさい!と、お古ばかりでした。
大学進学の時は、学費の心配はしなくていいと言ってくれたので、安心して大学に進んだのですが、
入ってから多額の奨学金を受けるように手続きをさせられ、今その返済で大変です・・・。
家計が苦しいのであれば、自分が勉強するんだからと納得もできるんですが、実家に帰省するたびに豪華な家電を買っていたり、そんな様子もないのにです。
母は私が国立大に行っていることを自慢していたので、自分の見栄のために大学進学を許したのでは?と思ってしまいました。
私は、朝と夜とバイトをして学業と両立して大学を卒業しました。
母が父には内緒で奨学金を借りたので(叔父に署名を頼みました)、父からは「なんでそんなに貯金がないのか?無駄遣いしてるからだ!」と、頑張って私が返済してることを知らず、私がしかられています。
それを見ても、母はしらんぷりです。
現在結婚しましたが、奨学金はまだまだ残っています。
本当は新婚旅行に行きたいところを、子供が欲しいので、奨学金の返済にまわしています。
私はお金がどうこうではなく、母は本当に私のことを愛しているのかということが寂しいんです。
これまでのことを振り返ると、生まれてきたからしょうがなく育てたという感じがしてならないんです・・・。
こんなことを思っている自分が親不孝な気がします。
自分の子供が愛せなくなるような気もしています。

投稿日時 - 2007-02-16 19:39:43

QNo.2758213

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

大人になるということは、
親の良い部分と悪い部分を
きちんと自分の中で整理できるように
なることだ、というのが
私の主人の口癖です。

主人は、奔放な両親に悩まされ、
上の兄弟ばかりが、お金をかけて育ててもらい(といっても2人兄弟ですが)、
幼い頃は女物のお下がりばかりを
着させられていたそうです。

20歳近くの頃、
研修で1年ほど、住み込みで働いている間、
主人に内緒で引っ越して実家を引き払ってしまった両親たちは、
研修を終えて帰ってくる主人に連絡もいれず、
主人が実家に着くと、もぬけのからで
驚いたそうです。

夜逃げでもしたのかと、慌てて確認してみたらば、
引越しをしていただけで、
新しい家にお前の部屋はないことだし、
実家に誰も住んでいないと傷むので
独りで住んでいて欲しいと頼まれ、
それ以来ずっと独り暮らしだったそうです。

あまりの待遇の悪さに、思い切り大喧嘩を
したことがあったそうですが、
あまり効き目はなかったといいます。

なんで、親を愛せないんだろう?と
自分ばかりを責めたそうですが、
悩みに悩んで、
独りの寂しい生活を経た末に、
『親だって、一人の人間だ。血が繋がっていると思うから、
冷静な判断ができなくなるんだな』という
答えにたどり着いたそうです。

親の欠点は欠点、良いところは良いところだと、
むしろ自分だけが
指摘できる立場にいるのだから、
その役を買って出ようと思ったそうです。

主人は、それが親を乗り越えることだと
言っていましたが、
それができるようになると
かえって親に対する恨みや愛されてなかったんだと思う寂しさも
つき物が落ちたみたいに気にならなく
なったそうです。

かえって、そういう両親でも
自分にしてくれたことがあったと、
小さい頃に、一緒に遊んだ些細な想い出や、
全然高価じゃないけど買ってくれたおもちゃなどがあったことを
いろいろ思い出せて、楽になれたようです。

育ててもらったのは恩だけど、
親にだって、間違うことはあるし、
それを指摘することが必ずしも
親不孝にはならないので、
自分の中でケリを付けて、
自分の子どもにだけは同じ事を
繰り返さないようにしてやりたいとのことです。

主人の話を聞いたときに、
涙してしまった私だったのですが、
彼の話があなたのお役に立てばと思い
書き込みました。

投稿日時 - 2007-02-16 20:18:21

お礼

moke_sodaさんありがとうございます。
私も、なぜ親子なのに・・・という思いで、母を責めたり、自分を責めたりの繰り返しでした。
私には弟がいますが、弟が病弱なことを理由に、両親と離れて伯母の実家で幼少時代を過ごしました。
弟は可愛いいけど、私はどうでもいいんだと思っていました。
でも、親も一人の人間なんですよね。
両親はその時にこうするしかないと判断しただけで、
それが私にはちょっと寂しかっただけ。
それをわかって欲しかっただけなのだとわかりました。
ご主人様はとても心の優しい方ですね。
私もそんな風に思えたらいいなと思いました。

投稿日時 - 2007-02-17 02:51:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私は、わりと裕福な家庭に育って、大学に入ってもバイトはしないでいました。 なので、学業とバイトと両立し、卒業もしてkumaさんはすばらしいと思います。 
私は、今仕事をして自分で稼げるようになっていますが、数年前に父が亡くなり、母も入院生活が2年間続き、まだ30代ですが、経済的な部分でも助けてあげなくてはいけない状況になりました。
親がして助けてくれることが当たり前と思っていた自分が、甘かったと思うし、もっといろいろな経験をされている方は、若いうちか自立して、自分の幸せをつかめると思います。
奨学金のことは、お父さんに話した方がよいと思います。
家族なのだから、助けてくれると思います。
まして、新しい家庭をもって、やりくりや自分の人生の計画が、お金の返済によって、いろいろなタイミングを逃してしまったりすると、後で
後悔するかもしれないと思います。
きちんと、話せばきっと伝わると思います。

投稿日時 - 2007-02-28 00:42:12

お礼

すみません、気付かなくて遅くなりました。
コメントありがとうございます。
moca7さんの言葉、とても嬉しかったです。
こんなことで両親を憎んでしまうなんて、本当にはずかしいです・・・
奨学金を返して、自分の糧となる経験をしたと思いたいと思います。
そして、自分の子供を育てる時に役立てます。
お母様良くなるといいですね。

投稿日時 - 2007-03-05 22:11:08

結果あなたがしてきた事は素晴らしいですよ。

学業とバイトを両立して国立大を卒業、結婚しても
無駄遣いをせずきちんと返済、新婚生活に心を砕いている・・。
見栄っ張りの甘やかされたボンボンに育てるのは簡単ですが、
自立した1人の人間を巣立たせるのは難しいことです。

ただ、その分寂しい思いをされたんでしょうね。
きっとお母さんは、あなたへの愛情が無いのではなく、
自分の好きな事を優先させたかったのでしょうね。
お父さんが知らないのなら、学費も自分が買いたい物に
消えていたのでしょうか?
何かがむなしかったのでしょうか・・?

子育てって、しょうがないから・・くらいの気持ちでは
出来ない事が沢山あります。
子供を甘やかすのもスパルタで行くのも個人の考え方
次第で変わってしまいますが、どちらにしても母は1人の
人間でしかないわけですから、片寄りは出てきます。

ただ、子供って何時かは親を親としてではなく、1人の
人間として見つめなければいけない時が来るんだと思います。
甘えや、親なんだから・・という固定観念を捨て、相手を
1人の人間として考えると、きっと、あ~、この人もただの
人間なんだな~と思えますよ。
誰も完璧じゃないし、そんなに頑張る事なんてそうそう
出来ないですから。

それから、お母さんがあなたにしてきた事は、多分あなたなら
うまくやってくれるとか、あなたなら大丈夫だから・・と言った
考えがあっての事じゃないかなと思います。
あなたがしっかりしている分、あなたに甘えているんです。

そんなあなたなら、今後どんな状況になっても家族を愛する
強さがすでに備わっていると思いますよ。
お子さんなら尚更です。
自分を見せる事も時には大事ですよ。
我慢ばかりせずに、時々息抜きすればお母さんの事ばかり
考えなくて済むと思います。

自分の人生を生きてください。

投稿日時 - 2007-02-16 20:36:09

お礼

hana-maryさん、ありがとうございます。
私はこうなりたくない!と思えば思うほど、母に似てくる自分がイヤで・・・。
私もこんな風に子供に思われる母親になるかもしれないと思ったからです。
私は「理想のお母さん」というものがあって、それに母を近づけたくて、あら探しばかりしていたように思います。
キライなところもたくさんあるけど、母にもいいところもたくさんあります。
完璧な人間はいないですよね。
自分に子供ができて、母の気持ちがわかる時がくるかもしれません。
私もそうして、母親として成長していくのかなぁと考えるようにします。
読んでいて、涙がでるほど嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-17 02:35:40

ANo.1

良い経験をされたな~
というのが正直な感想です。

でも、そんな気持ちでいるのなら
奨学金のことをお父さんに話したらどうですか?
それから今の気持ちを両親揃ったところでお話ししましょう。

なかには「ここまで育ててやったんだから」とか「育てるのにかかったお金返せ」
なんて言う親だっています。
義務教育&高校を親が出してくれ生活もさせてもらえたんですよね?
大学の費用を奨学金で・・・というのもめずらしい話ではありません。

子供に敢えて苦労させるのも親心だと思いますよ。

投稿日時 - 2007-02-16 20:00:16

お礼

nikobuさんありがとうございます。
母は、プライドの高い父の顔色を伺って、生活しています。
ある意味、上手に父をコントロールしてくれているのですが、
そのために、私達も父に口止めされることがよくあります。
なので、奨学金のことは口がさけても言えません・・・。
私は家族なのだから、言い合いになってもいいんじゃないかと、ウソをつくことのほうがイヤなのですが、母の考えは違います。
面倒なことはキライなんです。
だから、父から私が責められてもしらんぷりなんでしょうね・・・
母の愛情はそれまでか・・・と思ってしまいますが、
おっしゃるとおり、ここまで大きくしてもらったのは確かです。
でも、母本人から「ここまで大きくしてやったんだから」と言われると、
寂しかった思い出がよみがえって、不満ばかりが口をついて出てしまいます。
まだまだ自分が母に甘えたい子供なんだと実感してしまいます。
私も本当の意味で大人にならないといけないのだと思います。
良い経験をした。そう思えるようにしたいです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-17 03:13:18

あなたにオススメの質問