こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

DVDはどれ位のキズまでなら再生は可能?

30枚入りとか50枚入りなどの録画用DVDにはケースがついていないので別売りの24ポケット位あるフォルダーなどに収容しているのですが、出し入れしていると少なからず細かい傷が結構付いてしまいます。

どれ位のキズならばDVDの再生や録画に支障は出ないものなんでしょうか?

投稿日時 - 2007-02-17 23:51:47

QNo.2761686

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

既に回答にありますように、機器の持つ再生能力の影響を大きく受けます。

また傷の付き方(方向)にも左右されます。
一般に放射方向の傷には強く円周方向の傷には弱いです。
ディスクの盤面を拭くときなど、内側から外側へ向けて拭くように指導されているのはこれが原因です。

細かな傷の場合はほぼ影響を受けないのですがこれが無数にあると問題になる場合があります。
最近は家庭用のディスクの傷修復機や傷に強いことを謳うディスクもありますから、そういった
ものを活用されるのも手かもしれません。

投稿日時 - 2007-02-18 00:32:33

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ほこりや傷がつくことは前提で規格が作られているため、ある程度の傷は読み込む上で問題はありません。
『ある程度』は、機器によります。
また、DVDのメーカーによっては予め傷が付いてしまっているレベルの物もありますのでご注意を。

『鋭利な刃物などで故意につけたような深い傷。
 熱によって変形してしまったもの。
 割れ。ひび。裏まで貫通している傷。』
は、読み込めません(というか修復が出来ません)。

投稿日時 - 2007-02-18 00:14:12

ANo.1

再生ドライブ側の許容範囲の広さはドライブ毎によって大きく異なるので、読み取れなくなるまでというのが回答になってしまいます。

投稿日時 - 2007-02-17 23:55:11

あなたにオススメの質問