こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

腎臓移植の万波医師の行為はどう思いますか?

タイトル通りです。

私の中では、賛否がはっきりしません。
患者さんの立場を考えると、藁をもつかむ気持ちだったのだろうし
しかし、病気の腎臓?
う~ん・・やはり、リスクがあることを医者が・・?

皆さんのお考えを聞いてみたいです。

投稿日時 - 2007-02-20 09:07:46

QNo.2768184

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

連続ですみません。
追加させてください。

透析患者の平均寿命は10年です。
現在、日本の透析の水準は大幅に上がっていて、20年、30年は当たり前になっています。

移植はゴールではありません。
所詮他人の臓器が体に入っているのですから、免疫を抑制する薬を飲み続けたり、場合によっては食事の制限も残ります。
免疫が抑制されていますので、感染症にもかかりやすくなります。
私も1度移植をしています。
移植して半年、たった1回病院からの外出しただけで、あっという間に拒絶反応を起こし、腎臓はだめになりました。

それでも移植をするのか?
透析のままで行くのか?
あとは患者の選択です。

だからといって、取らなくていい腎臓を取るのはやはり反対ですが・・・。

投稿日時 - 2007-02-20 22:32:57

お礼

続きがありました。(^^)
補足回答、ありがとうございます。

そうなんですか・・。
>移植はゴールではありません。

重い言葉です。
やはり実際の声は大きなものが有りますね。
普段、イメージでしか知らなかった腎不全の患者さんの事に目を向けるようになった事だけでも
私的には得るものがありました。

確かにtanuponsさんがおっしゃっていたように、
私などは移植さえすればまた健常者となれるのなら、先に述べた知人に移植を薦めたい気持ちに駆られていました。
今回の事件を知ったからです。
そのリスクは全然知らなかったです。
リスクは透析を続ける事より、低いのだと思っていました。

やはりそういった事からも、万波医師は行き過ぎだったと思わざるを得ない気持ちになりました・・。

勉強になりました。

投稿日時 - 2007-02-20 23:20:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

こんばんは。

まだ締め切られていないようなので、透析患者から一言。

私も、どちらかといえば反対です。
本当に取る必要があったのか?病気の転移はないと言い切れるのか?何より患者にきちんとした説明があったのか?
万波医師の行動は不可解です。
しかし、透析患者がそれをさせてしまった、とも言えますので、内心は複雑です。

私は透析をはじめて9年になります。
夜間に週3回4時間の透析をして、昼間はほぼフルタイムで仕事をし、休みの日にはコンサートへ行ったり、ミュージカルを見たりと遊び回ってます。
透析でもきちんと自己管理すれば普通の人とかわらない生活ができるんです。

「透析は怖い」
「透析はつらい」
「透析するくらいならガンになっても・・・」
「透析するくらいならお金払ってでも・・・・」
万波医師の行為は、透析に対する必要以上の恐怖感を植え付けた。
そのことが、社会復帰を目指す多くの透析患者への壁となって立ちはだかるかもしれません。
だとしたら、それこそが万波医師の一番の罪だと思います。

投稿日時 - 2007-02-20 22:21:15

お礼

回答ありがとうございます。

実際の患者さんの生の声は大変参考になります。
なるほど・・・透析も付き合い方で元気に暮らせる場合もあるのですね!
(でも、そうでない方もいらっしゃるかも知れませんので、患者さんの現実を知らない私がそのお言葉を安易に受け止める事は避けさせていただきますね。)

しかし何より、
>「透析は怖い」
「透析はつらい」
「透析するくらいならガンになっても・・・」
「透析するくらいならお金払ってでも・・・・」
万波医師の行為は、透析に対する必要以上の恐怖感を植え付けた。
そのことが、社会復帰を目指す多くの透析患者への壁となって立ちはだかるかもしれません。
だとしたら、それこそが万波医師の一番の罪だと思います。

この言葉はハッとしました。
万波医師の行動が、患者さんたちの未来に一石を投じるようなものであったならば・・
と思いましたが、逆にマイナスに働く事もありえますね・・。

やはり、自分の行動が正しいと信じてい、それが認められる環境であったとしても、
人の生に関わる問題であるならば暴走してはいけませんね。
影響は自分達の周りだけではなく及ぶのだから・・・。

投稿日時 - 2007-02-20 23:08:23

ANo.5

簡単です。
例えば腎移植をしなければ半年しか命が持たない。
病気腎であっても、移植すれば2年は生きられる。
とすれば、患者さんにとってはたとえ病気腎であっても
当然腎移植を希望するでしょう。
反対と言っているのは、患者さんの切実な現実を見ていない
証拠です。
医師の使命は患者さんの命・生命をいかにして生き長らえるように
するか、です。

投稿日時 - 2007-02-20 22:10:33

お礼

回答ありがとうございます。

おっしゃる事はもっともです。
でも、ここでは腎移植の賛否についてではなく、
万波医師の行為が全てにおいて問題はなかったか・・・
という点です。

移植する腎臓を売買してよいのか。
病気腎を移植する事は(患者の気持ちではなく医学的に)本当に問題ないのか。
その事はレシピエント、ドナーとも納得していたのか。
万波医師の行為に行き過ぎな点はなかったのか。
等々の今世間で問題となっている事を皆さんはどう思うのか・・と。

投稿日時 - 2007-02-20 22:52:53

ANo.4

摘出した病気腎を移植に使用することは全面的に賛成です。もちろん患者に腎臓の状態を全て説明してからの話ですが。それいがいの全ての点で万波の行為には反対です。まずとる必要のない腎臓を取るな。つぎにだれをレシピエントにするか勝手に決めるな。腎臓癌以外、使える腎臓を摘出する必要はないはずです。彼の行為は単なる傷害罪です。

投稿日時 - 2007-02-20 18:20:39

お礼

回答ありがとうございます。

その通りですね。
う~ん・・・
日本臓器移植ネットワークなるものがあるのですから、
自分の病院にきた患者だけを優先しているようでは
納得いかないですよね。

彼は腎移植の権威とになり、マッドサイエンスティックになってしまったかのように思えます。
ただの金銭の授受だけではない、何かを感じます。
その先には助けられた患者さんがいるので、まだ救いはあるのですが。

ちょっと言いすぎですね。^^;

投稿日時 - 2007-02-20 20:35:07

ANo.3

 まず、結果的にドナーになってしまった側からすると、問題あり。と言わざるを得ません。
 腎臓の摘出が本当に必要だったのか?
 このことがひっかかります。
 又、他人に移植出来るのなら本人に戻す事も出来たのでは?とも思います。
 まあ、免疫抑制の問題で戻せない可能性も大きいんでしょうけどね。

 でも、透析は本当に大変です。
 数年後の癌の危険よりも、最悪数年でも透析が無い方が良い。と思う患者の気持ちもわからなくも有りません。
 納得して移植してもらった患者側が問題だと思わないのであれば、自己責任で構わないのではないかと思います。

投稿日時 - 2007-02-20 14:24:09

お礼

回答ありがとうございます。

私もそこが気になったところです。
いくら腎臓はひとつあればよい、と言っても、取らなくて良いものをとってしまったのではないか・・・。
神の手とまで言われる医師がする事に誰も是非は問えなかったのでしょうか?

万波医師の志は(それが本当ならば)素晴らしいのですが、
やはり強引ですよね。

投稿日時 - 2007-02-20 20:26:15

ANo.2

本当にドナーの腎臓は摘出しか方法はなかったんだろうか、まず移植を念頭に置いての摘出ではないか。本当に100パーセント摘出しか方法は無いと言い切れるんだろうか。

レシピエントの患者のためか、売名か、お金か、何の理由があっても犯罪だと考えます。

投稿日時 - 2007-02-20 13:24:37

お礼

回答ありがとうございます。

万波医師の問題はそこなんですよね。
楽になって涙する患者さんは確かにいらっしゃるのですが、
ではドナーはどうだったのか・・と。
って言うか、ご本人達はドナーになる事を知っていたのでしょうか?

また、事の発端である事件は臓器売買の何ものでもないですよね。
やはり彼は一線を越えてしまった医師なのかもしれません・・。

投稿日時 - 2007-02-20 20:16:06

ANo.1

 患者さんへの説明が足りなかったのは良くないことだと思いますが、病理医の先生の中には、問題はない、とされている先生もおられるので、単純に反対することもできないと思います。移植しても、ガンが転移することは無いことを示す論文も欧米では出されているようです。患者さんに対して、わかりやすい説明は絶対に必要です。情報を公開し、開かれた医療現場を築きあげ、少しでも多くの患者さんが助かるようになればよいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-02-20 11:00:26

お礼

回答ありがとうございます。

そうですね。
最近身近に透析を受け始めた方がいて・・。
仕事もままならなく、生活に困窮しています。
腎臓を患って、透析を受ければいいと言う事ではないんですよね。
この問題によって、患者さんたちがもっと救われる方向に
医療の問題も倫理的な部分も、法的な部分も変わってくれることを期待します。

投稿日時 - 2007-02-20 20:06:52

あなたにオススメの質問