こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

みなし相続に該当しますか?

相続税の申告にあたり、みなし相続財産と言う
項目がありますが、以下のものは該当するでしょうか。
(1)未支給年金
 (死亡後に払われる1回分の公的年金。
  遺族厚生年金、基礎年金ともにすでに
  指定口座に振り込まれています。)
(2)高齢者高額医療補助
 (1割負担の老人健康保険だったために
  4ヶ月遅れで自己負担限度額を除いた分が
  やはり指定口座に振り込まれます)
(3)介護保険高額サービス補助
 (要介護5だったために、1割負担のうち
  自己負担限度額を除いた分が
  やはり指定口座に振り込まれます)
(4)介護保険料の過払い分の返金。
(5)有料老人ホームの入所一時金返却金。
 (入所して半年でなくなったため)

あわせて、逆に以下のものは債務として申告して
よいのでしょうか。
(1)死亡後請求のあった医療費。
(2)死亡後請求のあった薬代。
(3)死亡後請求のあった老人ホーム費用。
(4)死亡後請求のあった国民健康保険料。

概算ですとかなりの相続税を支払わねばならず
きっちり申告したいので、ご教唆願います。

投稿日時 - 2007-02-27 15:26:30

QNo.2788412

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>概算ですとかなりの相続税を支払わねばならず

素朴な疑問です、相続税を納めるほどの遺産でしょうか?

普通の遺産ですと控除内がほとんど...。

控除額をかなり超過されておられるのでしょうか?

単純には

控除額=5000万円+1000万円×法定相続人

http://www.taxanswer.nta.go.jp/souzo32.htm

投稿日時 - 2007-02-27 15:40:24

補足

m-inoue様、ご回答ありがとう。
基礎控除を超えてしまい、かなりの額を納めねば
なりません。
不動産の小規模住宅等の軽減も考慮した上で
さらに相続税の申告が必要です。

上記にあげた項目は微々たるものですが
申告せねばならぬ以上は
きっちりと行い、思いを残したくなので質問しました。

投稿日時 - 2007-03-01 18:32:39

あなたにオススメの質問