こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人事業主の確定申告でのマンション購入の処理について

青色申告をしている個人事業主(法人化していません)です。
昨年、1500万にて中古マンションを現金で購入しました。

そのマンションの面積にして1/4を仕事場として使用しています。

購入価格の1/4を経費にできたらいいのですが、
この場合、複式簿記ではどのように処理すればいいのでしょうか?

また、購入金額以外でマンション購入の際にかかったお金
(仲介手数料他)や現在払っているマンションの管理・修繕積立金
も1/4を経費に計上できるのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃれば、どうかご教示ください。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2007-03-01 18:42:17

QNo.2794408

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>購入価格の1/4を経費にできたらいいのですが…

そのまま経費にできるわけではありません。
耐用年数で割った減価償却費だけが経費となります。
耐用年数は、建物の構造により異なりますが、鉄筋コンクリート造りの住宅なら 47年です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2100.htm

>複式簿記ではどのように処理すればいいのでしょうか…

買った日に、
【建物 3,750,000円/現金 3,750,000円】
年末に、
【減価償却費 70,000円(ぐらい?)/建物 70,000円(?)】

>仲介手数料他)や現在払っているマンションの管理・修繕積立金…

おおむねけっこうですが、修繕積立金は、資産に含めよと言われる可能性があります。
建前としては、実際に修繕をして貯まったお金を取り崩したときにはじめて経費です。

あと、固定資産税も経費になりますよ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

投稿日時 - 2007-03-01 20:47:11

お礼

非常に分かりやすい回答をしていただき、
どうも有り難うございました。
減価償却になるとは・・・全く考えてませんでした。

本当に助かりました!

投稿日時 - 2007-03-01 21:57:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問