こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

霊は存在しないと思ってる方だけに質問

霊は存在しないと思ってる方だけに質問です。

私は理系の人間だからというわけではないのですが、霊というのは
存在しないと思います。というかいません。

この掲示板でもよく「霊のせいでしょうか?・・」なんて書き込み
があるとこぞって「わたしも同じ体験・・霊ですね・・」という
コメントされる方がいらっしゃって、結局質問者の不安を増長させてる
ような感じになってしまってます。

霊を信じてる人に、霊は存在しないと説得する方法ってありますか?
今回は申し訳ありませんが、存在しないと思ってる方に質問なので、
信じている方のコメントはご遠慮ください。

投稿日時 - 2007-03-10 04:04:13

QNo.2819154

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

27人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(26)

ANo.26

> 霊を信じてる人に、霊は存在しないと説得する方法ってありますか?

霊を信じている人の信念の度合い(強さ)によるでしょう。
凝り固まっている人に対しては、すでに多くのご回答にあるように、何を言ってもおそらく無駄でしょう。
ですが「みんながそう言ってるから」とトレンド程度に軽く考えている人(特に若い人)には、まだ望みがあります。

多くのご回答にあるように「霊は存在しない」を証明するのは大変だと私も思います。
それよりも「霊が存在すると仮定したら、こういう矛盾が起こる」の論法が良いのではないでしょうか。
例えば「その幽霊は死んだときの服装のままだった」という話に対して「人が幽霊になるのはよいとして、では服にも霊があるのか?」あるいは「死後あの世で服を調達したのか?」など(諸星大二郎作品より一部引用)。

私は、霊を信じるか否かの分岐点は、人間の意識が何によって生じるかと言うことに対する考え方に突き詰められると思います。
「意識は脳によって生じる(どうやって生じるかは現在は未解明だとしても)」という観点に立てば、死後脳活動が停止すれば意識は継続しようがないのは自明ですし、したがって霊など存在しえないわけです。
しかし「意識は別の次元にあって、たまたま人間の肉体に宿るだけ」という観点(科学が未発達だった大昔からあった古い古い観点)に未だに囚われ、そのあげくダマされる人がなんと多いことか!

もっとも、「死ぬことへの恐怖」「死後自分が存在しなくなるという不安」「愛する人が死後もどこかに存在していてほしいという願望」「因果応報への期待(殺された人が殺した相手にとりついて復讐する等)」……等々は時代や地域を問わず人間の根源的な想いですから、今後どんなに科学が発達してもどんな社会になろうとも「霊が存在してほしい」と願う人間の気持ちは変わらないのかも知れませんね。

下記の本が大変参考になると思います。ぜひご覧になって、霊を信じるしょーもない人々を論破してください。
安斉育郎「霊はあるか---科学の視点から」講談社ブルーバックスB-1382 (2002.9)

http://www.amazon.co.jp/%E9%9C%8A%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%8B%E2%80%95%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E8%A6%96%E7%82%B9%E3%81%8B%E3%82%89-%E5%AE%89%E6%96%8E-%E8%82%B2%E9%83%8E/dp/4062573822/ref=pd_bbs_sr_1/249-6008499-1996300?ie=UTF8&s=books&qid=1174484387&sr=8-1

上記の本の帯より→「霊がないなどと悲しいことを言わないでほしい。いま嫁にいじめられているので、死んだら化けて出たいのだから」――(ある老婆の言葉)

投稿日時 - 2007-03-21 23:07:34

ANo.25

こんにちは。
不存在の証明は「悪魔の証明」として有名な話なのは、前の方の回答にある通りです。

私の場合、霊云々の話に対抗する場合、次のような理論を持ち出しています。

人が死ぬと霊になるならば、古代から今日にいたるまで死んだ人全ての霊がいなければいけません。
あの世もこの世も霊で超満員になってしまいますね。

投稿日時 - 2007-03-20 22:37:05

ANo.24

もういくつも回答がついていますが、あえて書き込みます。

自分としては、たぶん、無理じゃないかと思います。

科学の方にしても、霊に似たようなものがありますよね。ダークマターとか、ダークエナジーとか。あれだって、もとはそれがなければ観測結果が説明できないけれども、他のモノ達との相互作用が弱すぎて観測できない、ような代物です。ダークマターに関しては、まぁ、ものすごく頭のよい人たちが、そういったものの候補を考えて、神業的技術を持って観測してみたりしているわけです。

ただ、どうしてダークマターが必要か、とわかるためには、ものすごい時間、労力をかけて勉強して、宇宙や物理の理解を広げる必要がありますよね。それで、いわゆる専門家の人たちは納得してダークマターが必要だ!となるわけです。

霊的現象の場合は、それを具体的に(科学の文脈で)観測しようとする天才がいない、というだけの違いかもしれませんが、それよりも、霊がいないと証明するための科学を、霊を信じる人が身につける努力をするわけがない、ということに尽きると思います。なんといっても、霊のせいにして、その存在を仮定しまえば簡単に納得できるのに、その仮定が不要であることを知るためには、結構勉強しないとわからないものですよ。結果だけぽんぽんだしても、誰も納得しませんしね。たとえば、ユークリッドの何番目の公理だか公準だかは不要で、それを要請しないときは云々、と、これって結構高度な内容になってきますよね。

ここまで科学の立場からモノを言ってきましたけど、霊が存在しないということを、根拠をあげて懇切丁寧に説明しても、相手が(霊が存在するという先入観があるひとが)理解、納得するとは思えませんね。オッカムのかみそりをきちんと理解しているレベルの人間なら、ひょっとしたら、霊の不存在を納得させられるかも知れませんが、そうでないいわゆる「ふつうの」(ちょっと語弊あるかもしれませんが、他に適切な言葉を思いつかないので)人たちは、納得させることができないと思います。

そもそも、霊のような、個々人の信じているもの、体験しているものに関しては、その体験が共有でいるとは限らないし、反証可能性があるのかどうかから怪しいですがね、、。つまり、科学で語りえないのではないか、ってことですが。

投稿日時 - 2007-03-15 16:25:55

ANo.23

「馬鹿につける薬なし」といったところではないでしょうか。

 ただ、その様な人は何かが起きたとき、「霊」が引き起こしたと主張するのでしょうから、物理学者の大槻先生のように、道理を用いて問題解決をしてさしあげれば、多少は目が覚めるかもしれませんね。
 
 

 霊が引き起こしたとされる問題に対する原因と結果について、さまざまな角度で問題解決するのが良いのではないでしょうか。
 

投稿日時 - 2007-03-14 12:04:16

ANo.22

方法はないです。

仮に、存在しない証拠を突きつけたとしても、「信者」の考えは変わりません。
「信者」は「霊がいるから信じている」のではなく、「霊を信じたいから信じている」のです。
霊が存在してようと存在してなかろうとどうでもいいのですから。

これは、EM菌やイオン水、ゲルマニウムにトルマリンなどのインチキ健康グッズ信者やマルチまがい商法信者に共通している特徴です。

やめさせようと証拠を示せば、(自分の信仰対象がインチキだと認めるのが怖くて)
顔を真っ赤にして殺気を抱きながら反論してくるだけです。

投稿日時 - 2007-03-11 18:51:36

ANo.21

では、霊を見る人を前にしたと想定して…

あなたに霊が見えることは認めましょう。
しかし、私には霊は見えません。
ここからどんな結論が導けるでしょうか。

まず、霊はいないと考えてみます。
すると、私が霊を見ない理由の説明がつきます。
また、その場合あなたは幻覚を見ていることになり、あなたは精神病です。
あなたが精神病なら話は簡単です。霊の問題ではないのですから、現代科学に基づいてあなたの症状を治療をすることができます。精神科に行くとよいでしょう。

次に、霊はいると考えてみます。
その場合、私が霊に苦しめられないのはなぜでしょう。
あなたの行いが悪いのが原因なのでしょうか。しかし私はとくによい行いをした覚えはありません。また、あなたよりよほど悪い行いをしている人を知っています(歴史上の悪人など)。するとこれは原因ではなさそうです。
霊は信じる人の元にしか現われないのでしょうか。それなら、あなたから霊を遠ざけるには霊に働きかけなくても、あなたが霊を信じなくなればよいでしょう。
これは気の持ちようの問題です。気の持ちようを変えるには何らかの宗教を信仰するのもよいですが、精神科のカウンセリングを受けても変えることができます。
えてして宗教よりカウンセリングの方が安価に済みます。私はこちらをお勧めします。

さて、霊がいるかいないかは分かりませんが、さしあたってあなたの抱える問題を解決するには精神科が有用だと思います。
宗教で霊の問題が解決することは良く聞く話ですが、精神科でも解決することができます。その場合、解決したのは「霊」ではなく「精神病」という扱いになってしまいますが、結果としてあなたが霊で悩まされなくなるのは同じです。
宗教も現代科学も多くの人が信じています。あなたはどちらかといえば宗教寄りのようですが、科学もいいものですよ。これを機会に信じてみてはどうでしょう。

投稿日時 - 2007-03-11 01:38:47

ANo.20

ハイ、他の方も答えておられるとおり「無理」です。「いないことを証明すればいい」なんて無茶苦茶なことを言う人もいらっしゃるようですけどね。これ、現実的に不可能な証明で「悪魔の証明」と言われます。不存在の証明は出来ないんです。

霊だの超能力だの言う人は、何よりも「信じたい」んです。そうやって自分以外のものに原因を押しつけられれば「楽になる」でしょ。まあ、別に「神様のせい」でもいいんですけど。自分で責任をとりたくないから、神だの霊だののせいにして「自分の責任から逃れる」。
判るでしょ。これではどんな証明を行っても、絶対説得できません。

だって「霊が存在しないなんて信じたくない」んですから!霊のせいって言われることで安心したいから、霊の存在を信じているんですよ。
宗教の仕組みです。

投稿日時 - 2007-03-10 23:38:36

ANo.19

霊は存在しないと説得する方法は、あなたが霊が存在しないと結論付けた根拠を示せば良いと思います。

投稿日時 - 2007-03-10 17:41:25

ANo.18

説得する方法はないとおもいます.
が,除霊などに大金を使い始めたら,禁治産者にするなど強制的に破産への道からすくってあげることができますが,これも肉親に限られます.

キリスト教を信じている人に,「一旦死んで生き返るなんてあり得ない」とか「処女から人が生まれることはない」っていってもキリスト教から改宗させることは出来ません.それとおなじ.

参考までに,「なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか 」という本を挙げておきます.
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%81%AB%E8%AA%98%E6%8B%90%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%BB-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC/dp/4150503133
信じている(この場合はエイリアンに誘拐されたと)人に,論理的な/妥当な別の真実を突きつけても無意味だということが書かれています.

投稿日時 - 2007-03-10 15:13:02

ANo.17

小さい頃から「不思議」な事件とはとんと縁がないので、「霊」が居るとおっしゃる方に「見せてくれ」と言いたいです。
「超能力」を持った方もおられるようですが、そういった方も「霊」だとは言われないようですしね。

投稿日時 - 2007-03-10 13:33:47

ANo.16

私も霊(いわゆる死者の現在の感情や身体)はないと思っている者です。
「魂がこもった作品」,とか,「死者のことを忘れない心」とかいうのはあるとは思います。

前置きは以上で,

> 「霊のせいでしょうか?・・」なんて

こういう意見を聞くときいつも思うのですが,
なぜ,
よりにもよって「霊」のせいにするのでしょうかね。
霊が存在するしないの前に,そこが理解できません。

その現象の原因は,
仮に科学的に説明できないとしたとしても,
「UFO」のせいかもしれない,「宇宙人」のせいかもしれない,
「超能力者」の超能力かもしれない…

霊が存在する存在しないの前に,
何の根拠もなく,自分の都合によって勝手に「霊」の責任にするのは,
「霊」にとっても気の毒だと思います。
実際には霊なんていないので,気の毒も何もありませんが,
もし私がその霊であるとしたら,
勝手に自分のせいにされるのはすごく腹が立つと思います。


> 霊を信じてる人に、霊は存在しないと説得する方法ってありますか?

わたしは,
だいたい上記のように説明しています。
ひょっとしたら超能力者や宇宙人のしわざかもしれないのに,
なにを根拠に「霊」のせいにするのでしょうか。
単なるあなたの「主観」「偏見」「決めつけ」でしょう。 と。

ちなみに私はいわゆるところの超能力者も信じていませんよ。

宇宙人はどこかの星に必ずいるとは思います(人の姿格好をしているかどうかまでは知りませんが。)

投稿日時 - 2007-03-10 11:24:17

ANo.15

科学的には存在しないけど、精神的には存在するから否定は出来ないね。

現象を観測出来ないから無いというしかないし、見える人の神経回路の中での現象だから他者は証明できない。
結局、水掛け論になると思います。

投稿日時 - 2007-03-10 11:20:10

ANo.14

No12です。その番組のサイトが残っていたのでご参考までに。

番組詳細はウィキペディアにもありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%91%BD%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81200X

参考URL:http://www.ntv.co.jp/FERC/

投稿日時 - 2007-03-10 11:08:43

ANo.13

説得しないほうがいい場合もありますよ。
霊ですねと言うことで、不安を増長させるよりもむしろ、安心させる場合のほうが多いからです。
霊のせい=自分のせいじゃない、と思うことで悩んでいることに対して気が楽になったり、
身近な人が亡くなって悲しいときに霊が来てくれたと思うことで悲しみが減ったりするからです。
悪いこと続きなのは自分のなにかがいけないのか、しかしなにが悪いのかわからない、いったいどうしたらいいのか不安でしょうがないといったときに、霊のせいだとすると、おはらいをするなど具体的な行動が示され、ひとまず前向きになれることも大きいです。

ただ、毎晩、閉めたはずの玄関の鍵が開くのは霊のせい、などと言っていては物騒なので、そういうときは調査して原因究明をしてあげたほうがよいと思います。(この例は、外的要因なので証明可能)

いっぽう、内的要因というか当人が幻聴や幻覚を見て霊だと言っているとしたら、それはその人の世界(脳内)では目の前にあなたがいるというのと同じくらい真実であり、他人がそれを否定することはできないと思います。
しかし他人に強引に主張してくるようならば、当人にとっては存在しても、他人にとってはその霊は存在しない(知覚不可能な)ことを説明してあげたほうがよいと思います。

投稿日時 - 2007-03-10 10:54:09

ANo.12

>「霊のせいでしょうか?」

数年前までそんな不思議な事象を科学的に解明するテレビ番組があったのでいつも見てました。
霊と思えることでも大抵は地磁気や機械から発する微弱な電磁波が脳に影響を与えて幻影を見せたりするんだそうです。心霊写真の解明もやってたはずです。

犬はなぜ主人の帰宅を予知できるのかとか、面白い番組だったんですけどね。ある日突然打ち切りになってがっかりしました。

もっともこれでは霊能者は商売あがったりでしょう。(笑)

投稿日時 - 2007-03-10 10:53:24

ANo.11

霊なるものは、単なる想像上の存在。
この世にドラゴンボールが存在するか否かと問うのと同じこと。
ドラゴンボールもサイヤ人も存在しないと同じく霊も存在しない。
この理屈だけで、霊の非存在の証明は十分。

ただ、必要十分な証明論理が全ての人を納得させるとは限らないでしょう。
人間、誰しも論理的な物の見方・考え方を身に付けて成長する訳ではありません。
人間、何人も老病死から無縁な存在であることはできません。
ですから、霊に関して正しく思考できない人もいて当然です。
ですから、心の弱さを克服できない人もいて当然です。

まあ、初代ハスキーの霊前には毎朝線香を上げています。
この程度であれば、心の持ちようの問題です。
が、霊視云々となると、ちと・・・。

と、私は思います。

投稿日時 - 2007-03-10 10:39:36

ANo.10

私は霊を信じませんが。精神診療士としての霊能者はありかなと思います。
宜保愛子とか、けっこう好きでした。

いると信じているのなら、好意的な方向に誘導するのも手です。どうせ、理系でもない限り、「信じたいものを信じる」だけなのですから。

投稿日時 - 2007-03-10 10:31:00

ANo.9

これは哲学近辺の分野ではないでしょうか?1つの答えはないように思われます。科学のように絶対基準を扱う分野ではないと思くて、相対的な基準によるものだと思うからです。脳科学が進展したら「霊がいない」のがわかるかというと、難しいのではないでしょうか。
存在しないと科学的に(理論的に)説明するのは難しいのではないかと思います。

投稿日時 - 2007-03-10 09:11:43

ANo.8

これだけ毎日のように殺人事件がおきているのに
殺された人が、霊になって犯人に復習した!って
いうニュースが無いのが不思議ですよね。

犯人がなぞの死を遂げた!なんて言うことになっ
たら信じますが。
霊になると復習とか出来ないのかな?なぞです。

投稿日時 - 2007-03-10 09:06:33

ANo.7

結論から先に
説得する方法はありません

科学は誰にも共通な事実から始まります
日が登って沈む
俺にも見える
霊は皆に共通の存在ではありません
そこに霊が立っている
俺には見えない
見える他人は見えない人を非難するでしょう

霊やこれに類似した事柄には結論があります
「こうであるぞよ夢々疑うことなかれ」
「その確率は非常に高い」
どちらの説得力が強いと思いますか
困っている人は結論を求めるのです
難病に苦しむ人は医者の助言よりも
「霊が祟っている、除霊をすれば必ず治る」これを信じるでしょう

投稿日時 - 2007-03-10 08:51:58

>霊を信じてる人に、霊は存在しないと説得する方法ってありますか?
存在しないと説得する方法はありません。ただし、アプローチの違いを説明することはできます。

科学的な目で見る人なら、まず「霊とは何か」という定義を必要とすると思います。
次に「霊は存在する」という仮説を立てた上で、客観的な霊の観測方法を研究し、その存在が実証できれば、科学的に霊の存在が認められます。

投稿日時 - 2007-03-10 07:41:08

ANo.5

こんにちは

まず「存在しないと思ってる方に質問なので」、ここの部分、微妙な立場です。不愉快に感じたら、お詫びします・・が、見てね。

で、回答をしてみると・・霊は存在しない。
仏教上は・・ですね。仏教の書籍の中で、"霊"という言葉は出てこない。必ず、49日以内に別の世界へ転生すると言われているからね。
よく"霊視すると・・"とか、あるけど、あれは単純に、相手のヨーガで言われる、アストラル、ただの幻影を見ているだけと思うのだけど。

ちなみに、私も幻影、幻聴を経験しているひとり。ただ、相手の霊視はできないが。で、いろんなものが、見えるが、いまだかつて、幽霊と思うものに、出会ったことが、ないですね。
(だから、微妙な立場なのです。)
以上

投稿日時 - 2007-03-10 07:21:40

ANo.4

■科学は証明することを追及する=証明できたものが存在する

■信仰は信じることを追及する=信じたものが存在する

つまり、信じない人には神も霊も存在しません。科学も証明できないことは存在しないものと同じことです。ただし科学の場合は"理論"というものがあって証明はできていないけど仮定することで存在しているかのような結果を出すこともあります。

しかし、科学といえどその大部分はまだまだ証明ができていないんです。宇宙なんか2割もわかっていないんですから。あの天才ホーキンス博士でさえ5次元、6次元世界を予言しほとんどが仮定の理論で語っています。こんな最高の科学者を信じる人はある意味信仰心が強いといえるでしょう。

超科学と霊の世界って紙一重じゃないでしょうか?霊も4次元に存在するっていいますし。

で、霊は心の世界(4次元)の存在ですので、信じない人には存在せず、信じる人には存在するという特殊な世界です。物質世界で霊の世界を語っても仕方ありません。数学を国語で解くようなものですから。

投稿日時 - 2007-03-10 05:32:09

ANo.3

「霊はいない」と私も思っていますが、霊らしきモノが見えたり、感じたり、霊がいると考えでもしない限り説明のつかない偶然などはあると思っています。
もちろんすべて幻覚・幻聴の類いですし、気のせいです。でも、見えたり聞こえたり感じられたりする体験はウソではありませんよね(捏造でない限りは)。どんなに霊の存在を否定したところで、天井の木目が顔に見えだしたら怖くて子供は泣くんです。
そのような、霊を信じているばっかりに不安を募らせている方を、質問者さんは霊の存在を否定することで安心させてあげたいのですよね。でも、その気持ちは霊の話に同調している方々も同じ、相手を安心させてあげたくてしていることなのですよ。そういう方々は、自分の「霊体験」を頭ごなしに(科学的に)否定されたことにより、よけいに不安を募らせてしまった経験があるのかもしれません。
霊の存在を否定して安心できる人と、肯定して安心できる人がいるのだろうと思います。実際に霊が見えたり感じられたりしている方にとっては、同じ体験をしている方々の話の方が「役に立つ」かもしれませんね。見えない人間からは不幸なように見えても。霊感商法に引っ張り込まれたら、確実に不幸ですけどね。
霊ではありませんが、私の母が病気で入院中に、薬の作用で幻覚を見て恐慌状態に陥ったことがありました。父は「そんなもんは気のせいだ!」と怒鳴りつけ、私は「俺には見えないけど、どんなものが見えるの?」と話しかけました。私と父は、お互いに相手の対処法が気に入らないのですが、母を安心させてあげたくてしたことなのです、どちらも。

投稿日時 - 2007-03-10 05:30:29

ANo.2

霊を存在しないと証明するのは悪魔の証明で無理ですので
逆に霊は存在すると言って
それは君が考えているのとは違って
人に影響を与えないし、あれもしない
これもしないと言えばよいのではないでしょうか
もしその人に「霊はそんなのじゃない」と言われたら
そのことを証明させればいいのです
「あなたには霊が見えないから」とかなんとか理由をつけてきたら
霊がいるかどうかはわからないけど
少なくとも私にとっては存在していないのと同じ
だからあなたにしか霊は存在していない
こんな感じでその人の頭の中にしか霊が存在しないことを
認めさせればいいのではないのでしょうか

ただ人の考えを変えることは容易ではありません
信じたい人は信じ、信じない人は信じないで
いいのではないのでしょうか
実生活に影響がでなければ

投稿日時 - 2007-03-10 05:18:34

ANo.1

無理だと思います。「神は存在するのか?」と同じような、永遠の課題ですね。

現在の科学では説明できない現象はたくさんあります。それらを「解明されていない科学」だと信じるか、それとも「霊」や「神」などもっと大きな力?が存在すると信じるか・・・。多くの方にとっては、霊や神のせいにしてしまったほうが楽に説明できるのだとおもいます。

私の友達で、キリスト教を信仰しているお医者さんがいます。彼女は「宇宙や生命の始りなどで、説明されていないことが多すぎる。神の仕業だと考えたほうがつじつまが合う」といいます。多分この友達は、それらが全て科学的に説明されるまで神の存在を信じて疑わないでしょう。

>霊を信じてる人に、霊は存在しないと説得する方法

霊が存在しない、という決定的証拠を見せることです。多分無理だと思いますが。

何かの存在を証明することは簡単です。見つけてくればいいだけのことですから。でも「無い」ということを証明するのは難しいんです。探し足りないだけかもしれないし、探し方が悪いだけかも知れませんからね。ですから、「無い」という決定的証拠なんてとうてい見つからないし、それが見つからない限りは説得できないでしょう。

私は、霊について怖がっている友達には、「霊はいない」というのではなく、「霊はいるかもしれない。でも、良い霊なんじゃないかな?」と言っています。霊を信じていても、怖がらなければ問題ないと思うので。

投稿日時 - 2007-03-10 04:37:00

お礼

そーですね、私も質問しながら難しいかなぁ・・とも思ってました。
今では解明されてるものでも、昔の人はわからなかったものがあります。
昔の人も何かわからないものを霊の仕業にして、ある意味安心したのかもしれません。
個人的には将来的に人間の脳の解明が進めば、説明できるのではないかと思いますが、
きっと随分先のことになるのでしょうね。 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-03-10 07:00:52

あなたにオススメの質問