こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

掛仕入の仕訳

掛仕入での仕訳についてなんですが、
納品時に納品書と請求書が一緒の取引先Aと納品時は納品書だけ、
請求書は〆日以降に送付する取引先Bがあります。

A社の場合は納品時に<仕入/買掛金>
支払い時に<買掛金/現金預金>なんですが、

B社の場合は納品時<仕入/買掛金>
請求書到着日<買掛金/未払金>
支払い時<未払金/現金預金>とするのが一般的ですか?

それとも納品時<仕入/買掛金>
請求書到着日<仕訳なし>
支払日<買掛金/現金預金>
または
納品時<仕訳なし>
請求書到着日<仕入/買掛金>
支払日<買掛金/現金預金>
上記のどちらかが一般的でしょうか?
どの仕訳でも同じことですが、同じ境遇の会社の方はどう処理していますか?

投稿日時 - 2007-03-11 02:13:54

QNo.2822025

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

商品仕入(等の主たる営業取引)により発生した未払金のことを特別に買掛金というわけで、請求書が来る、来ないにかかわらず買掛金とすべきです。
請求書が来た時点で買掛金から未払金に振替えるというのは決して正しい処理ではありません。

投稿日時 - 2007-03-11 10:16:29

お礼

ありがとうございました。
納品時と支払い時に仕訳しようと思います。

投稿日時 - 2007-03-11 19:25:58

ANo.2

未払金は商品取引以外で用いられる勘定科目です。
例えば、備品を月末払いで買った時
備品/未払金 とします。
ですので、掛け仕入れの場合は使いません。

仕訳は#1さんのでいいと思います。

投稿日時 - 2007-03-11 08:51:51

補足

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-03-11 19:24:23

ANo.1

掛仕入の場合(買掛)で未払金に振替仕訳をするというのは聞いたことがありません。(私の経験不足だったらすいません)

自社で決めた支払い条件、もしくは取引先(仕入先)ごとに取り決めた支払い条件の締め日を基準に仕訳処理をすればよいのではないでしょうか。
例えば:支払条件が月末締め/翌月末支払 の取引先から2月5日に仕入(納品)された場合
納品時に請求書がついていても2月末で仕訳処理をすればよいのではないでしょうか。
仕訳は…
【仕入したとき】
2月28日 仕入/買掛金
【支払期日到来・支払ったとき】
3月31日 買掛金/現金預金

会社によって納品日に仕訳処理をする場合もあると思います。
過去の会社ではそういうこともありました。

ただ、請求書が届いたら未払金に振替えるというのはしなくてもいいと思うのですが。
そういう会社もあるのだとしたら私の知識不足です。
すみません。

投稿日時 - 2007-03-11 03:14:49

お礼

ありがとうございました。
請求書到着日<買掛金/未払金>はやっぱり変ですよね。

投稿日時 - 2007-03-11 19:24:11

あなたにオススメの質問