こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

インドの核保有は?

記憶ではインドは核を保有している。
最近、核保有について議論が多いですが、インドはあまり話題になりません。
1.核保有に至る経緯
2.国際政治的な立場は
3.宗教の多い国だというイメージがありますが宗教性は?

投稿日時 - 2007-03-14 12:56:00

QNo.2832050

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 インドは1956年には原子炉を運転させる(これはアジア初)、65年にはプルトニウム再処理工場の完成など、平和利用の原子力開発に積極的でした。
 98年の実験の背景には「ヒンドゥ国家インドの栄光の実現」、つまり国力に見合った地位を得るため、詳しくは中国の核への抑止力や南アジアの指導的地位のためだそうです。
 インドは核拡散防止条約に加盟していないので、核開発を非難する国際法上の根拠がなく、また食料や資源がほぼ自給可能という極めて特異な国のため、経済制裁が意味をなさないという背景もあります。

より詳しくは
『軍事板常見問題』より
http://mltr.e-city.tv/index.html
「南アジアFAQ」から
http://mltr.e-city.tv/faq25.html
インドFAQ
http://mltr.e-city.tv/faq27.html
上記回答集にインドの核開発の流れと、現在それを取り巻く国際社会の思惑、また参考資料なども掲載されています。

投稿日時 - 2007-03-14 14:37:28

お礼

かいとうありがとうございます。

投稿日時 - 2007-03-14 18:05:21

ANo.3

1
第一~第三印パ戦争が大きく起因するでしょう。インドの初核実験が1974年なので直接起因は第三次印パ戦争でバングラディッシュ独立、そして独立後から続く印中国境紛争中に中国が1964年に核保有したことによってインドは窮地に立たされためだと考えられます。特に中国はソビエト連邦と対立したために核を続々と配備したため、インド政府はインド国境付近への配備もされたことを疑ったと思われます。
インドの核保有によって印パの均衡は破れ、パキスタンがインドに対して一方的に不利な状況に置かれてしまいました。これは4度目の全面戦争を食い止める面で大きく貢献しましたが、パキスタンを核開発へと走らせてしまい、その後1995年に中国とフランスが相次いで核実験を行い、1996年にCTBTは国連総会で採択されたのも関わらず、1998年5月にインドが地下核実験を強行、対抗したパキスタンは数日後に核実験を実施し、核保有国となりました。
2
やはり世界の警察を名乗るアメリカ(日本含め)が国防対策上インドを支持しているため世間的に核保有が暗黙の了承に至っているのが現状だと思います。しかし、中距離弾道弾(射程2000~6000km)アグニを保有するインドを中東、パキスタン、中国あたりは脅威と考えるのも当然でしょう。しかしパキスタン政府はアメリカ寄りなので印パ間での大規模な紛争は起き難い状況になりつつあると思います。
3
インドの人口に占める各宗教の割合はヒンドゥー教徒80.5%、イスラム教徒13.4%、キリスト教徒2.33%、仏教徒0.76%でヒンドゥー教の国ながらイスラム教徒の数ははインドネシアとパキスタンついで世界第三位です。
と言うもののインド北部とミャンマー付近に多く偏っていると思われるので、インド国内にイスラム教徒が多数いるため国家間の宗教紛争が起きないという考え方はナンセンスです。でも、多数派ヒンドゥー教徒の力が強いためにイスラム教徒との勢力争いで、イスラム教徒がヒンドゥー教の寺院を破壊したり、その逆にヒンドゥー教徒がイスラム教のモスクを破壊する事態も多々あります。その他にかなり少数ながらジャイナ教やシク教、ゾロアスター教、そしてカースト制の問題があり対外問題より国内問題に対処するほうに力が向いているの現状です。

投稿日時 - 2007-03-14 14:08:08

お礼

かいとうありがとうございます。

投稿日時 - 2007-03-14 18:04:53

ANo.2

1:対パキスタン 対中国という領土問題を含み、過去何度か実戦をやっている仮想敵国の存在。
旧ソ連とアメリカの冷戦構造と対パキスタンの関係は似ており、相手が持つんではないか?持ったぞ、というのでエスカレートしております。

2:パキスタンが親中なのに対して、親米。まぁこの辺はパキスタンとインドでは、あっちにいったりこっちに行ったりで、現在は親米。アメリカも世界戦略上、現在は主敵がテロリストおよびその支援国家としているので、黙認の立場。
【アメリカは合意の妥当性を「インドを(NPT体制から)孤立させたままにすることと、完全ではなくでも国際システムに関与させることのどちらがよいのか。」(毎日新聞より抜粋)】

3:インドは独立以来、国是として世俗国家を標榜しております。

投稿日時 - 2007-03-14 14:07:37

お礼

かいとうありがとうございます。

投稿日時 - 2007-03-14 18:04:24

ANo.1

インドは核保有をしています。
保有にいたる経緯は「カシミール紛争」が原因だったと思います。
インド・中国・パキスタンの3ヵ国でカシミール地方を自分の領土だと言って喧嘩をしています。
中国は元々、核を持っていましたが互いに主張がエスカレートしてインドとパキスタンも核を保有するに至りました。
国際的な立場で言えば中国・インドともに10億を超える人口を有しているため、重要な位置にいます。
したがって世界経済的にも影響力が出てきたようです。
インドは仏教の始祖国であるにも関わらず、現在はヒンズー教の国です。
人口11億人中、約10億人がヒンズー教だと言われています。そのほかにイスラム教徒も多いそうです。
現在はかなり緩和されたと言われますが、まだまだカースト(階級)制度が根強いく残っています。
このカーストが無くならない限り、世界的な信用は大きくならないでしょう。
更に、パキシタンはイスラム圏であるため宗教対立の側面もあるようです。
国民性は陽気な国で現在、教育も進んできているようでIT国としての地位も確立中です。
現在、安倍政権はインドとの関わりを重視していく方針を固めています。
インド・中国・パキスタンの中ではインドが少しマシな国と言うところでしょう。

投稿日時 - 2007-03-14 14:02:54

お礼

かいとうありがとうございます。

投稿日時 - 2007-03-14 18:03:21

あなたにオススメの質問