こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

税金の計算方法

先物でめでたく差益が出た場合確定申告しなければなりませんが、その場合、必要経費はどこまで認められるのでしょう?
たとえば情報収集のための費用や、携帯で取引したときの携帯代は費用として認められますか?

そして、たとえば全部引いた後の収入が300万とかだった場合、税金は幾らくらいになるのでしょう?

生命保険や社会保険、高額な医療費が控除対象なのは知っています。
又、専業主婦で会社員の主人の扶養になっていますが、扶養からはずれるのもあきらめています。

投稿日時 - 2007-03-15 15:05:07

QNo.2835373

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>携帯で取引したときの携帯代は費用として認められますか?

「必要経費」とは、「委託手数料」と「委託手数料に係わる消費税」等、その取引に直接要した費用が該当します。しかし、その範囲については、具体的な基準がありませんので、所轄の税務署にご相談下さい。

利益となった場合には、国税(所得税)15%+地方税(個人住民税)5%=計20%の申告分離課税の課税対象所得となり、確定申告による納税義務が生じます。

参考URL:http://www.hokushinshohin.co.jp/d/faq/tax.htm

投稿日時 - 2007-03-15 15:18:11

お礼

回答ありがとうございます。
株取引との通算もできないんですね。ちょっと驚きました。

投稿日時 - 2007-03-19 13:26:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問