こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ハウスメーカーで建てかえ新築の場合、解体撤去を別業者では問題ありますか!?

既存の実家を解体撤去し、現地に建てかえのため、いくつかのハウスメーカーの見積もりを検討し、いよいよ、○○ハウスと契約直前の打ち合わせとなるところです。
このメーカーの既存建物の解体撤去の見積もり額は170万ですが、他のメーカーに見積もり額130万円(メーカーは専門業者に請けさせる)のものがあります。
40万の節約のため、解体撤去業者は、別の専門業者に請け負わせるまずいでしょうか!?
打ち合わせで、「発注者の責任で、別契約で他業者にされてもよいが、おすすめできない。」と営業から説明されると……後々を考えると、やはりそうかなと思うのですが。

投稿日時 - 2007-03-24 02:03:45

QNo.2860182

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 当然ハウスメーカーの営業は、自分の所に入るマージンがなくなるので分離発注を勧めはしないでしょう。ややこしい話がかんできて、一日でも契約が伸びていくことにも相当神経をすりへらすでしょうし。
 また、分離発注は期日までに解体業者が解体してくれないと、工事の段取りに誤差が出るため、懸念しているのかもしれません。また解体時のガラなどを、きちんと処分してもらえるかも、ハウスメーカーにとっては不安でしょう。
 
 分離発注の場合、HMと解体業者の工事の段取り調整を施主がしっかりやる必要があります。その点が面倒でなく、解体業者、HM双方が信用できるのであれば、分離発注でもよいとは思います。
 くれぐれも分離発注の場合は、段取りはHMと解体業者の間で勝手にやってくれるなどとは思わない方が良いです。2つの業者はあくまで施主と別々に契約をするためです。

 分離発注の場合、ローンが一体では無くなるはずのなので、現金で解体業者に発注されるのでしょうか。
 でしたら、解体後に土地の現状を見せてから、ハウスメーカーの契約をした方が良いと思います。その時点であれば、見積もりの金額を上げるようなことはしないと思います。また、先に解体するのですから、2業者間の段取りの必要もなくなります。
 HMと同時に契約をしておくと、解体の仕方が悪いと難癖をつけて費用を追加してくるかもしれません。2業者間の連絡調整も必要になります。

 私は水回りと、それ以外を分離発注しました。壁の補強一つとってもどちらがするあちらがすると結構手間でした。安くはなりましたが。

投稿日時 - 2007-03-24 02:43:56

お礼

早速のご回答ありがとうございました。
「段取り調整を施主がしっかりやる必要が」あるのですね!!
う~ん、家内は節約できるところは…と言ってはいますが、面倒な様ですネ。

投稿日時 - 2007-03-24 16:09:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

参考までですが、解体工事を素人さんが頼むのであれば一度あなたの市町村の環境センターに解体費を聞いてみるのも良いかも知れません。
又、解体のときはあなたは行かないほうがいいと思います。もし行くのでしたらアスベスト専用の防護マスク(30~40年後中皮腫になる可能性があり喫煙者の場合禁煙者の3~4倍かかる可能性があります)をしてください。
昔の家は必ずアスベスト(カラーベスト・サイティングなど)をかなり使っています。もしそのような材料が使われている場合解体には石綿主任従事者の表示があるか又、その従事者の人が付きっ切りになっているか(解体工事作業中離れてはいけない規則となっています)もしなっていない場合違法となります。
ハウスメーカーはどこか分かりませんが、当方も3社ほど出入りしていますが、儲け主義なのでよく考えて頼む方がいいと思います。
大手ほど営業や広告費なども入っているのですから・・・・。
当方の家は良い工務店を探し余分な関係ない費用を省かせました。
大手ばかり信用するのも考え物です。
家も分かりやすく言えばブランド品と同じで名前で高いのですから。
安く考えられるのは業者が叩かれているのですから見えないところは良くチェックしてくださいね。約半分の手間になったんですから同じまったく仕事は出来ないと思っている方が良いかも知れません。
最後に私の想像ですけどね・・・・・

投稿日時 - 2007-03-24 21:41:29

お礼

ご回答ありがとうございます。
「大手ほど営業や広告費なども入っている」とのこと、色々なHMに当たってみると確かに、そう思います。

投稿日時 - 2007-03-26 00:00:13

ANo.2

その40万は 質問者が 業者間の調整を行う手間と解体の見積から落ちている建築のために必要なだめ工事分と解釈するのが よろしいでしょう

業者間の調整は、土日に片手間でできるなど考えると痛い目にあいますよ

解体後更地にしてから、建設の見積ならば 上記の問題はほとんど無くなりますが 解体終了から基礎工事着手に 最低でも半月はかかります(質問者が見積を検討すればさらに長引きます)

かけられる手間と保有の知識・技術と低減できる費用との兼ね合いです
 

投稿日時 - 2007-03-24 06:29:08

お礼

ご回答ありがとうございます。
業者間の調整費用が計上されているのですね!!
ふ~う、エネルギーがいるみたいですネ!!

投稿日時 - 2007-03-24 16:12:37

あなたにオススメの質問