こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカで暴行をうけました

現在、アメリカのカリフォルニア州で部屋を借りて滞在しているのですが、つい先ほど同居人のルームメイトに暴行を受けました。警察を巻き込む事態になりました。

二人がかりで床に押さえつけられ、その中の一人に思い切り頭、胴部、足を殴られました。顔、右肘、左足に、胴部にあざができ、頭がしびれるような感覚が残っています。

ちょうどいま病院から帰ってきたのですが、CTスキャンという検査をしてもらったところ、異常はみられない、とのことでした。

このトラブルは口論から始まったのですが、その場には大家(女性)、私自身(男)と、ルームメイトA(ミャンマー人:男)とルームメイトB(ドイツ人:男)という、その家をシェアしているメンバーが全員いる中で起こりました。

元はと言うと、インターネットの回線で私の個人で使用しているワイヤレスルータがもうひとつのルータのスピードを遅くしているということで、その家の持ち主が「取り外してくれ、いやでもそれは私が決めることだ」、と言ってきました。

ルータを取り外した後、どのようにネットの速度が落ちたのかを、その大家に尋ねていたところ、ルームメイトAが、「She is a lady. You cannot arm her over.」 (彼女は女だから、力でものをいうのはだめだ)というようなこと言い割り入ってきました。

そこで、彼に、「なぜそのように大げさな言い方をしてあたかも、私が彼女を腕力で言いくるめようとしているようなシチュエーションを作ろうとしているのか」( Why are you trying to create a situation like she is physically being harmed?)、と問うと、無視して他の人間に、「Let's watch this movie (ダウンロードした映画をみようぜ)」といって話をそらしました。

そこで、もう一度私は同じ質問をしたところ、彼が目の前に近寄ってきて(20cmぐらい)、「Do you want this?」とにらみつけ挑発してきました。ですので私は、「What I want is the explanation of why you said like I'm physically opressing her.」 と言いました。

そして、彼は「It's a figure of speech,」、と言い私の胸に彼の胸をあてて通り過ぎようとしたので、私も彼の胸を押し返したところ、彼は私の胸倉をつかみ、力いっぱい押してきました。

ですので、私は彼のその腕をつかみ離れさせようと、彼を力がかかっている方向へ投げようとしたところ、お互いバランスを崩しもつれ合いになりました。

彼が、「Hold him、B!」、といったあと、もう一人のルームメイトBが私を床に押さえつけました。そして、その後ルームメイトAが、大家に「Call the police!」、といい、大家は警察を呼びました。

警察が来る間に、そのルームメイトAは、「I don't care if you die or not, don't move. If you move I have to hit you badly」、といい、こちらが動けないのと、大家が電話でこちらにいないことをいいことに、私の頭、左足、胴体、をひどくうちつけました。

しばらくして、警察が来て、二人がかりで押さえつけられていた状態から開放され、簡単な事情聴取をされました。警察はその場にいた3人の説明と、私の説明を別に聞き、「This is redicurous, we cannot stay here over night. You have to think about to leave this hosue.」 といって、ろくにこちらの言い分も聞かずに帰っていきました。

その後大家から、「いつでていくのか」、というようなことを聞かれ、「すぐには決められない。」、と答えました。私はそれからすぐ病院にいき、検査しましたが、異常なしと言われましたがいまだに頭がしびれるような感覚が残っています。

ここで理解できないのが、精神的にも肉体的にも私が被害にあったにもかかわらず、問題を起こしたすべての責任が私にあるような認識のされかたです。なんか、最初から彼らがぐるになって、こういう結果になるようにもっていこうとしていたのではないかとさえ思えます。

いままだ納得がいかないのですが、この状態で私は我慢するしかないのですか?

投稿日時 - 2007-03-27 21:41:03

QNo.2871276

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Three Days Eviction Noticeを貰ったそうですが、その場合貴方が自発的に出て行くつもりがあるのなら、過去3日分の家賃は払わないとか、Security Depositを全額その場で貰うとかなどを事前に交渉する方法があります。また、自発的に出て行くつもりがないなら、次の家賃を払う振りをしたほうがよいでしょう。即ち、払う用意と能力があることを示しておけば、後で家賃を払わなかったなどと難癖を付けられなくてすみます。 その後、居座ってしまえばいいのです。そうすると、Unlawful Detainerという裁判を起こされるでしょう。、そのとき、Tenants Rights Advocateという弁護士を雇って法に行けばいいとおもいます。裁判がありますが、今回の状態が賃貸契約に違反しているかどうかは、契約内容にもよります。ほとんどの場合、弁護士同士で和解して、その時点で、自発的に出るという結果になるとおもいます。仮にその時点で出るということになっても、Security Depositと同額分だけ居座っていたなら、それでOKとすべきです。何故こうするかというと、カリフォルニアではまずほとんどの場合、家主はSecurity Depositを全額返しません。それなんらその分居座るほうが得なのです。まず、自発的にでるのか、戦う(居座る)のか自分で決めてください。決められなければ、この時点ですでに弁護士に話をすべきです。

弁護士をだれにするかという問題ですが、アメリカにいる日本人の多くは、”裁判弁護士は白人が有利だ。白人でなければ勝てない”と信じていると思います。実際、小職もそのように面と向かって言われたことがあります。確かに、判事の多くは白人であり、明らかに白人弁護士に有利と思われる、納得のいかない判決、判断を下す場合もあります。これも実体験からです。反対に、有色人種の判事の前では得したなと感じる場合もあります。よって、白人の方が有利というのは、あながち間違いではありません。反対に、小職の依頼人の中には、”アメリカ人の弁護士に相談したけど、詳細、ニュアンスがわかってもらえない”といって、苦情をいう人もいます。文化的な、「行間を読む」ことができないからでしょう。さらに、白人弁護士で、”日本語が理解できます”という宣伝文句を出している人たちも何人かいます。彼らの多くは、挨拶程度しかできません。秘書が日本人で、弁護士との面談はその秘書を介して行うというケースも多いのです。話を判ってもらえるほうがいいのか、裁判に有利だと思われる白人がいいのか、難しいですね。ただ、前にものべましたが、この民事案件、ほとんどの弁護士が受けてくれないようなきがします。参考にしていただければ幸いです。

投稿日時 - 2007-03-29 01:03:44

お礼

>、後で家賃を払わなかったなどと難癖を付けられなくてすみます。 その後、居座ってしまえばいいのです。そうすると、Unlawful Detainerという裁判を起こされるでしょう。、そのとき、Tenants Rights Advocateという弁護士を雇って法に行けばいいとおもいます。

まさにまったく同じことを、今日電話で話した弁護士さんに言われました。

>ほとんどの弁護士が受けてくれないようなきがします。

今日電話した限りではほとんどがだめでした。

一軒だけ、Tenants Rights Advocateの専門の方から、「居座って、問題が起こり警察を読んだら電話ください。」、という風に言われました。

今回に限っては、首筋の張りや節々の痛みも大分とよくなったので、これはこれでいい経験だったということにしたいと思います。

投稿日時 - 2007-03-29 19:40:15

ANo.15

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.14

相手の言い分に関係なく、生涯の敵をつくってもよい覚悟で、裁判を介して相手をコテンパンに打ちのめしたい場合、米国在住延べ20年弱の経験から言えば、アメリカでは特に弁護士を活用することになるかと思います。殺人を犯しても弁護士次第で正当防衛として無罪になるのがアメリカです。但し、完全な必勝方法がないことだけは知って下さい。ある文化では原因が先祖の喧嘩であっても末代まで戦い続けることが、事実とは関係なく、正義と名誉であると定義しています。中東周辺では紀元前から現在まで戦い続けています。今回だけ勝つ(主に金銭的勝訴)方法としては、警察を含む関係者から人種差別を受けたという主観も含めて、覚えている状況を全て書面にし、診断書や治療歴、写真等とともに、成功報酬で裁判に挑む弁護士に依頼することが賢明かもしれません。成功報酬ですので、倫理観や人間性は別として、状況から勝てると判断すれば、やり始めるとあの手この手で勝つまで頑張るはずです。また、それでも負けることは少なくありませんので、高い勝率を確保すべく成功報酬での訴訟に経験年数が15年前後あり、扱い件数100以上で勝訴率が5割以上の弁護士を選ぶことを私見としてお奨めします。敗訴しても成功報酬ですので金銭的損失は最小限に抑えられることと、勝つための努力をしたという過程に対するそれなりの満足感は得られるかと思います。勝った場合は弁護士にもよるでしょうが、大抵の場合は獲得賠償金額の4割前後が弁護士費用となるはずです。いずれにせよ、わたしがお奨めするのは No. 12 で述べた誠実な和解です。仲直りではなく、敵をつくらない和解です。一方的に屈辱を受けた相手と直ぐに和解することは非常に難しいと察します。良い弁護士を見つけ相談して下さい。

投稿日時 - 2007-03-28 23:05:26

お礼

今日数十件電話しましたが、どこもネガティブな答えばかりでした。

ただ、テナントに関してはいくつかアドバイスをもらったのですが、「居座ってしまって、私物を差し押さえられた時点で私が警察を呼び、裁判所にいき、暴行を受けたいきさつをそこで裁判官に話すことができる。しかし、リスクとしてここで負けた場合、私のクレジットレポートに履歴として残り、後々不自由な目にあう恐れがある。」、とのことです。

今、荷物を片付けていたのですが、キッチンにある私の炊飯器を見て、嬉しがっていたルームメイトAのことを思い出したりしていると、なんだかどうでもよくなってきました。

投稿日時 - 2007-03-29 19:27:58

ANo.13

弁護士は母国語英語、強硬な性格、をおすすめします。
現在の住居に住み続けるのが目的ではなく、不当な集団暴行を受けたことに対する正義と、受けた肉体的傷害ならびに精神的傷害に対する損害賠償を取ることが目的と推察します。 いつ出て行くかは、弁護士と相談して決めればよいでしょう。 人間関係など、もう終わっています。 彼ら3人は、一生あなたの敵です。 仲直りなど有り得ません。 和解は、和解金と引き換えに訴訟を取り下げる時だけです。
警察は、あなたを子供扱いしていますので、弁護士に刑事事件として取り扱うように申し入れてもらうのが良いでしょう。担当者が取り合わない場合は、取り合って貰えないのは人種差別であると強く感じると、その上司に対して、これも弁護士を通じて申し入れをするのが良いでしょう。 弁護士が動き出せば、扱いが全く変わります。

投稿日時 - 2007-03-28 19:36:03

お礼

今日、手当たり次第電話をしたのですが、ダメでした。その中の一人でDomestic Violence の専門の方が言うには、「警察を呼んだほうが勝ち。」、という定説のようなものがあるのだそうです。Personal Injuryの専門の弁護士は、レポートが出ず、警察も私の言っていることを信用してくれないのであれば、勝ち目はない、ということです。

また、違う方からは、裁判所に彼らが私にこれ異常近づかせない命令を申請すること、また、ここでアドバイスを下さった方も言われていますが、$7500までの損害賠償は弁護人なしで自分で申請できる、のだそうです。

アドバイスありがとうございました。とりあえず、今滞在している場所から出ようと思います。

投稿日時 - 2007-03-29 19:18:39

ANo.12

身の安全や財産、権利の保全を考慮すると、弁護士を介して対応することが得策でしょう。その際、あなたの主張を証明し得る事実の確保が大切です。状況からすれば打撲等に関する診断書が客観的証拠として一番役にたつはずです。一方、裁判で勝訴し、賠償金や慰謝料等を得られたとしても、全てが解決するとは思えません。勝訴しても敗訴しても、訴えられた相手からは恨まれ、今後の人生で何があるかわかりません。決して泣き寝入りを薦めているのではありませんが、身の安全を気にせずそこに住み続けることは到底できないでしょうし、どこへ引越したとしても、彼らと一生戦い続ける覚悟が必要になるのではないでしょうか。損得勘定での判断も必要でしょうが、同時に和解を求めるのが賢い選択だと感じます。この際の和解は今後も住み続けるのが目的ではなく、お互いできる限り良い気持ちで別れるのが目的です。新しい人生に敵は少ない方が得なはずです。裁判をする、しないに関わらず、大家と一番憎まれていそうな相手に対して個別に、理由はともかくこのような状況になったことを悔やみ、できることならこうならなかったことを心から願っていることをシンプルかつ誠実に伝えることです。和解が目的ですから決して相手の非を責めないことが大切です。手紙でもよいと思います。裁判については引越に関わる経費や治療代の実費については経済的、信条的にどうしも無視できないことから、弁護士に対応を任していると告げるのがよいかと思います。コミュニケーション次第で大きく人生が変わります。多くの不幸は一方通行のコミュニケーションによる誤解が原因のようです。敵をつくって得は何もありません。現状がどう展開しているかはわかりませんが、少しでも和解できるチャンスがあることを願っています。ちなみに裁判の大多数が和解で決着しています。

投稿日時 - 2007-03-28 14:45:11

お礼

>状況からすれば打撲等に関する診断書が客観的証拠として一番役にたつはずです。

あざがずいぶんよくなったのですが、打たれた直後のあざを携帯の写真に取っていますが役に立ちますでしょうか?日付を証明することは可能でしょうか?

>損得勘定での判断も必要でしょうが、同時に和解を求めるのが賢い選択だと感じます。

いまのままでは、私が一方的に損をしています。むこうから謝罪があれば気は少しは治まりますが、ルームメイトは家から離れてどこかに滞在し、大家からは出て行くよう通告を受けています。

>裁判をする、しないに関わらず、大家と一番憎まれていそうな相手に対して個別に、理由はともかくこのような状況になったことを悔やみ、できることならこうならなかったことを心から願っていることをシンプルかつ誠実に伝えることです。

一方的に、辱めをうけながら、こちらから誠意を示すのでしょうか?私にはもう少し時間が必要です。

>裁判については引越に関わる経費や治療代の実費については経済的、信条的にどうしも無視できないことから、弁護士に対応を任していると告げるのがよいかと思います

ありがとうございます。

>敵をつくって得は何もありません。

アドバイスありがとうございます。

投稿日時 - 2007-03-28 16:46:45

ANo.11

No.10の中で誤字がありましたので、訂正します。申し訳ありません。
映画 --英語
障害 --傷害

投稿日時 - 2007-03-28 14:22:07

お礼

わざわざありがとうございます。No.9?ですね。

投稿日時 - 2007-03-28 16:36:24

ANo.10

アメリカNYに5年以上住んでいます。
警察が取り合わないのは誰も大怪我をしていないからでしょう。
残念ですが、この国では相当な怪我をしていない限り取り合ってくれません。誰の見方をしているわけでもなく、事件性のないものにはかかわらないのが彼らの流儀です。

大家とはどんなコントラクトを結びましたか?
元来そこにあるものに手を加える事を禁じている場合もしくはそう理解できる内容のことが記載されているときは、契約違反になるので気をつけてください。
兎に角、コントラクトを見返して、自分自身が違反をしていないようでしたら、大家はあなたを急には追い出すことができません。
我が家のコントラクトは3ヶ月前ノーティスです。

しかし、気になるのは同居している住人です。
ご存知の通り、この国では自分の身は自分で守らねばなりません。
あなたの怪我は大変気の毒ですが、これ以上の何かが起こらぬうちにそこから出て行ったほうが良いと思います。

それと補足ですが、この国は自動車事故で全く自分に非がなくても全てを保険会社がその被害を補填してくれません。
こんなお国柄なので、誰に非があるか・・・を問うのはやめたほうがいいと思います。そういうシチュエイションに自分が巻き込まれないように私はここで生活しています。

投稿日時 - 2007-03-28 14:05:32

補足

>大家とはどんなコントラクトを結びましたか?

部屋においてあった書類がなぜか見つかりません。紫色のフォルダにはさんでPCのモニターの横においてあったのですが・・。うーん、これにはなんとも恥ずかしい限りです。

投稿日時 - 2007-03-29 19:44:57

お礼

>誰の見方をしているわけでもなく、事件性のないものにはかかわらないのが彼らの流儀です。

確かにそのような感じです。

>大家とはどんなコントラクトを結びましたか?

これから書類を探します。

>誰に非があるか・・・を問うのはやめたほうがいいと思います。

うーん。いまのままでは、なぐらただけなので気持ちがおさまりません。

投稿日時 - 2007-03-28 16:33:12

ANo.9

カリフォルニアで弁護士をしております。No8の方のアドバイスはかなり適切だとおもいます。 一軒家をシェアーしておられるようですが、多分書面での契約はないのかもしれませんね。口頭であっても契約にもとずいてその場に住んでいるのですから、テナントとしての法的権利はあります。 定期間のリースを結んでいない限り、Month To Month Tenanncyといって、一ヶ月の通知で解約を言い渡されても文句は言えません。したがって、大家が一ヶ月通知を出したならば、その期間が終わった時点で家を出て行くことになります。 

暴行についてですが、民事と刑事の二つのを別々に考えてください。刑事事件は、検察が告訴しない限り裁判になりません。もちろん貴方が、刑事告訴したいということはできますが(Pressing Chargesと言います)最終的には不起訴ということになる可能性が大きいでしょう。ただのケンカとして処分されてしまうと思います。

民事的には、Small Claims Courtの話がでていますが、ここで提訴するか、Superior Courtで提訴することができます。 Small Claims Courtでは弁護士を帯同できませんので、貴方が映画に自信がない場合不利でしょう。 Superior Courtでは自分で行うこともできます(Pro Perといいます)し、弁護士を雇うこともできます。別のアドバイスにありましたが、Personal Injury弁護士に話をしてみるのも良いかと思います。但し、多くのPI弁護士は貴方のような件を受けないのではないかと思います。まず、勝ち目がないと判断する場合が多いと思います。 もし引き受けてもらっても、貴方以外に中立な証人がいないというところに問題があるかもしれません。ようするに、相手と貴方の主張で、どちらに信憑性があるかという点が争点になります。もちろん、双方の証人の数だけで決まるわけではありませんが、不利であろうと思います。  貴方に一点プラスになるところがあります。それは、この大家が自分の持ち家であれば、火災保険に入っていると思います。そうすれば、この火災保険にはLiability Insuranceというのが自動的についているので、訴訟に勝てば保険会社が賠償金を払ってくれます。すくなくとも、勝てばその賠償金を集金できる可能性があるのです。また、保険会社は貴方の要求金額が横暴でないかぎり、裁判の途中で和解をする可能性もあります。また、障害の場合、懲罰的賠償金(Punitive Damages)というのも要求できるので、これが和解を促進させることもあります。弁護士に任せるのが一番でしょう。

それから、最後に誰かが、「アメリカには司法書士の権限とすこし拡大したような、事務弁護士制度がある」というアドバイスをしていますが、すくなくともカリフォルニアにはこのようなセミ弁護士のような職種はありません。いい加減なアドバイスは聞かないようにされるとよいと思います。 

投稿日時 - 2007-03-28 13:57:41

補足

訂正です
>#6の回答者様のお礼欄に、

#6の回答者様のお礼欄に書いたのですが、

投稿日時 - 2007-03-28 16:57:15

お礼

#6の回答者様のお礼欄に、先ほどThree Day Notice to Quite という紙を手渡されました。ちょうど、今日28日がレントの支払日なのですが、この場合どうなるのでしょうか?セキュリティデポジット、引越し代、3日分のこの家での滞在費、などは大家と話し合うことになるのでしょうか?

とにかく大家側としては、私に出て行ってほしいようです。

>ただのケンカとして処分されてしまうと思います。

今そのような状況なのですが、ポリスレポートがイシューされに状況で刑事裁判に持っていくことは可能なのでしょうか?今日(厳密には昨日の日付ですが)話したオフィサーは、もし私が刑事訴訟を起こした場合、彼らも私が彼らを殴ったという理由で私を起訴するだろう、といわれました。

私は何もしてません。床に押さえつけられて逃れるために足をのばしたのがあたったのかもしれませんがそれが彼らに危害を加えたとは到底思えません。

>もちろん、双方の証人の数だけで決まるわけではありませんが、不利であろうと思います。

そうなのですか。

>弁護士に任せるのが一番でしょう。

アメリカ人の弁護士か、もしくは日系の弁護士かどちらのほうがよいのでしょうか?私の英語は、やはり話すと日本人のアクセントがでて時々理解してもらえないことがあります。

投稿日時 - 2007-03-28 16:29:17

ANo.8

私は現在アメリカCAに住んでいます。
以前私もハウスシェアをしていたので、その時の経験なども踏まえて少し書かせていただきます。
まず、どういう契約内容で今の場所に住まわれていますか?
ハウスシェアの場合、細々とした決め事があります。例えば今回の大きな問題になっている、インターネットのルーターにしても、事前に大家及びルームメートからの許可はとりましたか?基本的に家賃を払って、部屋を借りているので勝手に設置してもいいと思われるかもしれませんが、ハウスシェアのエチケットとして、まず確認をとらないといけません。もし、していなければ相手から文句がでる可能性があります。あと、ルーターを使っていて、ルームメートが契約しているサーバーを使っているのであれば、それも問題にされることがあります。部屋を契約する際に基本的にインターネット、ケーブルのシェアなどを話し合う必要があるのですが、しましたか?それによって、訴訟を起こした時点で有利になるかどうかもかわってきます。
また、部屋をでていけ。と言われたことに対しても、全て契約内容に沿って行われるのが通常なので、確認してみてください。デポジットも払っていると思うので、途中で相手の都合で退去する場合、デポジット全額及び引越し代などを相手(大家)に請求できるはずです。
ハウスシェアはとても難しいですが、入居前に細かいことを確認していないとあとで痛い目にあうのは自分です。
あと、アメリカではスモールクレームといった、50万円以下の訴訟ができます。その場合は、弁護士をたてなくてもOKなので、自分で訴えることができます。そのフォームは州のWebからダウンロードできたはずです。
もう一度、自分が入居した際の契約内容を見直してみてください。
お役にたてたかわかりませんが。もし質問があれば出来る限りでお答えします。

投稿日時 - 2007-03-28 13:33:50

補足

>どういう契約内容で今の場所に住まわれていますか?

部屋においてあった書類が見つかりませんでした。うーん、おかしい。本当に恥ずかしい限りです。

その紙は契約書というよりも、ルームシェアでの簡単な決まりごとの覚書のようなもので、キッチンに使用後のお皿などを夜残さないこと、とか、ごみ捨てや掃除のロールとかです。

書類にサインして互いのものをキープする、というものではなかったのですが、そこには私が入居した日付などが記載されていました。

投稿日時 - 2007-03-29 19:53:07

お礼

>どういう契約内容で今の場所に住まわれていますか?

簡単な契約書ともいえないような、覚書き程度の書類にサインをした、という形です。現在その紙が手元にないので、見つけ次第こちらに書き込みをさせていただきます。

>インターネットのルーターにしても、事前に大家及びルームメートからの許可はとりましたか?

とっていないです。しかし、ほかのもので、炊飯器をリビングルームに、水道水をフィルターさせるピッチなどを冷蔵庫に入れていましたが、まったく問題はありませんでした。また、ルームメイトAが暫くの間、彼のノートパソコンをルータの傍に置きっぱなしにして常時稼動させていたので、てっきりそういうことをしてOKなのだと思っていました。また、それを置いた時点では何も文句を言われませんでした。

>部屋を契約する際に基本的にインターネット、ケーブルのシェアなどを話し合う必要があるのですが、しましたか?

インターネットはDSLでワイヤレスルータがあるから使っていい、ということを言われています。契約書のようなものがありますので、改めてこちらにその内容を書き込ませていただきます。


>デポジットも払っていると思うので、途中で相手の都合で退去する場合、デポジット全額及び引越し代などを相手(大家)に請求できるはずです。

引越し代も請求できるのでしょうか?契約書にはかかれていなかったと思います。改めて内容をこちらにかきこませていただきます。

投稿日時 - 2007-03-28 16:11:24

ANo.7

以下アドバイスします。

1.電話帳Yellow Pageで、Attorney、Lawyerのページを見て、近くの住所で、Personal Injury、Free Consultation と書いてある広告を見つけ、電話してアポイントを取り、相談に行く。

2.この手の弁護士は、成功報酬で働くのが普通で、報酬は相手からもらう損害賠償金の30%-40%が相場なので、それを確認し、気に入ったら、契約を結ぶ。

3.弁護士と相談し、多分、警察に暴行の被害届を出すと共に、傷害に関しての損害賠償の民事訴訟を起こすことになる。 弁護士が交渉をすることになるが、おそらく、まず三人をバラバラに訴えて、びびらせ、一番暴行に加担しなかった人間(普通は一番びびっている)から、お前はあんまりひどいことをしなかったのに他の2人と一緒に被告になっていてかわいそうだから、本当のことを証言するなら、お前に対する民事訴訟をまず取り下げてあげてもいいよ、場合によっては、傷害のほうの被害届からもお前を除外してあげてもいいよ。 それとも、ほかの2人をかばって、一緒に被告席で戦うかい? というような感じで、まず1人を切り崩す。 次は、その証言を基に、「あいつは、本当のことを言って、難を逃れた。 お前は、もう1人と戦い続けるのか? この事件で人生に汚点がついたら、かばっているもう1人が、面倒みてくれるのか? 実はお前が主犯だと、もう1人が言い出したら、どうする?」と言う具合に、最終的にターゲットにする人間を除いて、また1人切り崩す。 実は「ぐる」の絆は滅茶苦茶弱いのです。 また、この連中が市民権も永住権も持ってなくてVISAで滞在しているなら、「有罪になったら、米国から国外追放かも知れないな。」(あくまでも断定しない、可能性のことだけをいう。)と言ってあげるのも、お勧めです。 作戦はいくらでもあります。

とにかく、成功報酬で働いてくれる弁護士を見つけて相談することをお勧めします。

投稿日時 - 2007-03-28 13:01:11

補足

>多分、警察に暴行の被害届を出すと共に

現時点で、この件に関して警察はレポートしない、という結果が返ってきました。

投稿日時 - 2007-03-28 16:44:40

お礼

大変参考になります。弁護士を探すことにします。

日本語を話せる弁護士の方がよいでしょうか?

それとも、ネイティブランゲージが英語の弁護士の方がよいでしょうか?

投稿日時 - 2007-03-28 15:50:35

ANo.6

アメリカに38年半住んでいる者です。 私のプロフィールを見ていただければお分かりとなりますが警察とかなり密着した仕事をしているので、私なりに書かせてくださいね。

まず、出て行ってくれといわれても「追い出せる権利は相手には無い」という事を知って置いてください。 そして、賃貸契約を読み直すこと。 そして、その中で追い出せる状況が書いてあるはずです。 そのどこにも当てはまる事が無ければ出て行く必要はありません。 (今のところ住むところはそこにあるのです)

そして、民事ではなく刑事として、暴行犠牲者としての手続きをすることです。 手続きだけはしておく、と言う事です。

金銭的に問題のない状況であれば出て行くことのほうが楽かもしれません。 しかし、出て行け、と脅しているような表現ですので、「いつ出て行くのか」と聞いているわけです。 いつ出て行くのか、というのは質問であって脅迫ではないわけです。 ですから、自分では出て行く気はあっても、その質問にはI have no intention of moving out.と言う表現をして出て行く気はない、とはっきり言っておく事です。 今日にでもまた聞かれたら。

家主には家主としての弱みがあるのです。 貴方には賃貸住居人という権利があるのです。 いつ出て行くのかを言えば、その権利を破棄すると言う事になります。

貴方がいるから他の人は帰ってきたくない、と言うのは貴方の住む権利を取り去る理由にはならないはずです。

刑事訴訟をするわけですから、あざが消える前に病院に戻り証拠写真を撮ってもらうことです。 として、撮った日の日付をはっきり証明してもらいます。

日本大使館への報告も忘れないで置いてください。

どうせ出て行くのであれば、負け犬のごとく出て行くのではなく、商社として貴方の意識で出て行く準備をしなくてはならないと言うことなのです。

警察は喧嘩としてみることが一番簡単なのです。 しかし、複数による暴力と言う事であれば、刑事違反が成り立ちます。 そして、それに勝てば後は民事訴訟として多くの弁護士は喜んでこのケースを受け持ってくれるでしょう。

他の皆さんがおっしゃっている機関を使って刑法違反に持っていくことをお勧めします。

と書いた後に、

いつまでも感情的にこのことを論じたり、同情を求めていたり、また「悪口」としか解釈できないような言葉遣いは慎まなくてはなりません。 感情的に事を運んでいては勝てる状況にいても勝てません。 あくまでも自分は被害者だと言う事だけでいいのです。

いまは、出て行く気持ちは無い、とはっきり大家に伝える事は必要です。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

投稿日時 - 2007-03-28 12:47:49

補足

Three Day Notice の内容なのですが、The reson this notice is being served is:で述べられている項目で、erratic 、offensive の内容が具体的にどのようなものなのか、問いただしたほうがいいでしょうか?Refuses to abide by the rules にあたっては何をもってして言っているのかこちらにはまったくわかりません。

なんだかもう、私が住んでいる人全員に危害を与えているようなことになっています。めちゃくちゃです。

投稿日時 - 2007-03-28 15:56:49

お礼

ちょうど今、大家からEvictionのNoticeを受け取りました。

まず、私から大家に書いた内容は以下のとおりです。

I was not able to find the place at this moment. If you really need me to move out this house, please give me the exact date. Otherwide, I would pay the rent for the next month and keep my personal properties in the room.

以下、大家から手渡された内容です。

Three Day Notice To Quit

To Tenant(s) and All Person(s) IN Posession

You are hereby nitified that the tenancy under which you occupy the premises shall end threee(3) days after the date of service of copy of this notice upon you, and you are required to quit and deliver up possesion of the premises to the undersigned on or before that date.

If you fail to do so, legal proceedings will be unstitued against you for possession of the premises, for forfeiture of the rental agreement and for such monetary damages as may be alowd by low. The premises herein referred to which you hold an/or occupied by you are:

Address: 現在の住所
City: State: CA zip:
County of:

The reason this notice is being served is:

(私の名前) has repeatedly displayed erratic and offensive behavior against myself and the other roommates. He refuses to abide by the rules I had set for this hosusehold and for the term to rent a room in my house. In the internet if the peace and safety of myself and the other roommates, I isse this 3-day eviction notice against <私の名前>.

>刑事訴訟をするわけですから、あざが消える前に病院に戻り証拠写真を撮ってもらうことです。 として、撮った日の日付をはっきり証明してもらいます。

あざがずいぶんとよくなり消えかかったものがほとんどなのですが、どうしたものでしょうか?昨日自分の携帯でスナップしたものはあるのですが、それでも役に立ちますでしょうか?

>警察は喧嘩としてみることが一番簡単なのです。 

現時点では警察は、何もなかったかのようにことを収めています。レポートがかかれませんでした。この状態を覆すことは、提案してくださった機関を通して可能なのでしょうか?

投稿日時 - 2007-03-28 15:41:12

ANo.5

泣き寝入りだけはしないで下さい。

暴行を受けたという被害届を出して訴えればよいと思います。おっしゃる通り被害者なのですから。
正当な理由無く転居を強いられたことも問題にすべきで、転居に掛かった費用等を請求することもできるでしょう。

(すいません、ココから下は私の想像です・・・)
その時全員が揃っていて、全員が敵に回ったというシチュエーションに、何かヘンなものを感じるのは私だけでしょうか?
もしかしたら大家か誰かが自分の都合や理由で、一番後から入ってきたあなたを機会があったら追い出そうとして、グルになっていたということはないですか?
ルータのことにしても、挑発してきたことにしても、やはり裏があるような気がしてなりません。いちゃもんのような文句をつけて言うことを聞かなかったら皆で追い出そうぜ、みたいな話が3人の間でついていたとか。機会を狙っていたかもしれません。あなたが暴れたわけでも暴力を振るったわけでもないのに、すぐ警察を呼ぶ手際の良さも不自然です。
あなたを殴ったやつを訴えましょう。大家も。
(大家が他の二人に協力を頼んだかもしれません。またこうしたトラブルに人種差別意識が根底にあることもあります。)

その家は早く出た方がいいのは間違いありません。怪我をしないうちに。

あとは回答者NO.1さんのおススメどおり、警察・弁護士さんなどプロの助けを借りるべきです。
無料で相談に乗ってくれるところもあるはずです。

私が通った大学には、公的機関であるHELP LINE(24時間受付・犯罪の被害者になった場合相談できる・コンフィデンシャル)の番号があちこちに張り紙してありました。
ネットでコンタクト先を調べられると思います。相談して下さい。味方になってくれる人を作らなければ。

頑張ってくださいね。

投稿日時 - 2007-03-28 10:53:14

お礼

>暴行を受けたという被害届を出して

ちょうどいま、警察官とはなしたのですが、 Mutual Combatの場合、レポートが作れない、とのことですが、この場合泣き寝入りするしか荷のでしょうか?

>その時全員が揃っていて、全員が敵に回ったというシチュエーションに、何かヘンなものを感じるのは私だけでしょうか?

私としても、めちゃくちゃ変です。大家は、その後、I've never called the police といって彼女が被害者のようなことをほかの人間に言っていました。

>いちゃもんのような文句をつけて言うことを聞かなかったら皆で追い出そうぜ、みたいな話が3人の間でついていたとか。機会を狙っていたかもしれません。

まさかとは思いますが、そうなのでしょうか。そんなことは考えたくないです。

>人種差別意識

人種差別についてですが、大家も南アメリカから来たラテン系で、ミャンマー人のルームメイトAもハイスクール時にこちらに来たようで、ルームメイトBは2年ほど前、ドイツからきたようなので、全員マイノリティです。

>相談して下さい。味方になってくれる人を作らなければ。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-03-28 12:22:54

ANo.4

補足をいただきましたので、私なりの考えを申し上げます。

まずやはり、あなたの態度が、彼らには不愉快だったのではないでしょうか。彼らは彼らなりに、大家の人も含め、うまくいっている関係だったのでしょう。そういう観点からすると、あなたはその家にはそぐわない人で、出て行ってほしいという気持ちが、今回の事件に至ったのではないでしょうか。
幸い、大きな外傷はなかったようなので、おそらく警察の人の認識も「ちょっとした友人同士のケンカ」というところで、しかも外国人同士ということで、事件とは考えていないと思われます。

ルータの件でも、あなたは理論的な検証を求めているようですが、彼らからすると、とにかくルータが置かれる前まではこんなことはなかったのに、どうして人に迷惑をかけておいて理屈をあれこれ言うんだ、という気持ちだっただろうと思います。
あなたが間違っていたとまでは言いませんが、人を不愉快にするあるいは相手の気持ちを推し量らない対応だったのではないでしょうか。

このような関係になった以上、たとえ法的に居住する権利があっても、そこに住んでいては毎日ケンカ腰で生活しなければならないでしょうから、早く別の家を探すことをお勧めします。
訴訟自体は、早急に事態を解決してくれるものではありません。引っ越してから、特に理由もなく引越しをさせられたということで、その費用を請求する訴訟を起こしてもいいかもしれません。
(もし、訴訟を起こすつもりなら、なぜ出て行かなければいけないかについて、文書をもらっておいたほうがいいでしょう)

また、暴行の訴訟についても、私は詳細な費用まではわかりません。しかし、アメリカでは日本の司法書士にもう少し権限を拡張した、事務弁護士の制度があり、民事的な内容についても幅広く扱っているので、簡単に費用だけならそういうところで聞けるでしょう。

「なぜ出て行かなくてはいけないのか」ということについて「義務はあるか」ということになると、州ごとに居住者保護の法律は違うので、私はなんとも言えません。ただ、物事は法的にのみ決められているわけではありません。
大家の人も含めた居住者と折り合えない以上、少数の異端者は出て行くほかないと思います。

長々と、あまり親切でもないことばかり申し上げ、すみませんでした。
このことにあまり拘泥せず、新しい生活を始められること、お祈りしています。

投稿日時 - 2007-03-28 08:32:51

お礼

>おそらく警察の人の認識も「ちょっとした友人同士のケンカ」というところで、しかも外国人同士ということで、事件とは考えていないと思われます。

仰られるとおりで、レポートは書かれない、とのことです。

>彼らからすると、とにかくルータが置かれる前まではこんなことはなかったのに、どうして人に迷惑をかけておいて理屈をあれこれ言うんだ、という気持ちだっただろうと思います。

そのとき私はLinuxをネットワークインストールしていたので、ルームメイトBのダウンロードのスピードが落ちたのはそれが原因だと私は見ているのですが、彼らはルータが原因だと言うことにしたいようです。

というのも、最近私のPCの挙動がおかしく、ファイアーウォールのログがストップしたり、ネットに接続できなくなったりしていたので、ルータをつけてパケットのログを見ていたところ、不振なアクセスが自分のPCからたくさんの海外のIPアドレスに送られていました。そして、OSをリストアしたところ、その不振なパケットはなくなりました。

こういう理由で、自分のルータを使用する必要があったのですが、理解してもらえなかったようです。


>人を不愉快にするあるいは相手の気持ちを推し量らない対応だったのではないでしょうか。

それが仮にあったとしても、人を床に押し付けて後ろから後頭部を思い切り殴るようなことがあっていいのでしょうか?

>早く別の家を探すことをお勧めします。

とりあえずホテルに行きますが、今夜中にいつ出て行くか教えてくれ、といわれているのですが、今もうこちら8PMです。どうしたらよいでしょうか?

>州ごとに居住者保護の法律は違

現在の滞在地はカリフォルニアです。

>大家の人も含めた居住者と折り合えない以上、少数の異端者は出て行くほかないと思います。

日本人は確かにアメリカでは異端者だと思います。

>このことにあまり拘泥せず、新しい生活を始められること、お祈りしています。

オフィサーにも同じようなことを言われましたが、なんだか言いくるめられているような感じがします。

投稿日時 - 2007-03-28 12:11:15

ANo.3

No.1です。私が書いたのは刑事(detective)のことです。警察官(officer)ではありません。

「先に手を出したのは誰か」ということになろうかと思います。

アメリカの弁護士は比較的安いです。弁護士にもよりますが、会うだけ(consultation)なら50ドルとか100ドルとか。電話をしてアポをとって話しを聞いてもらってもいいのではないですか?アメリカの弁護士はとてもフレンドリーで、「善良な市民の見方」という感じです。

一つ有利なのはあなたが外国人であること。こちらが外国人で相手がアメリカ人で、人種差別に引っ掛けたばあい、こちらがかなり有利となります。

アパートを追い出されるかどうか、もしそれが人種差別なら、一億円単位で賠償金が取れる可能性があります。

気をつけたいところは、何をするにしても法律によって粛々と事務処理されることだろうと思います。アパートにしても、その契約書が非常に大切になります。納得が行くかどうかは別問題です。弁護士がどれほど有能であっても、弁護士に法律を変える力はありません。

投稿日時 - 2007-03-28 08:20:09

お礼

>「先に手を出したのは誰か」ということになろうかと思います。

先に手を出したのはむこうです。

>No.1です。私が書いたのは刑事(detective)のことです。警察官(officer)ではありません。

ちょうど今、近くのステーションに行ってオフィサーと話をしてきました。結果は、Mutual Combatでは、犯罪のレポートは作れない。」、とのことでレポートは書けない、とのことです。

個室で昨日とは違うオフィサーに話を聞いてもらったのですが、どうも、昨日のオフィサーから前もって話を聞いていたようで、「彼らは、大家(女性)を守るために、私を床に押し付けた。」、と言っています。

また、私の話を聞いた後で、大家を含め彼らに電話をして話をしてもらった結果、ルームメイトBは私を床に押し付けたのは、私が噛もうとしたから、ルームメイトAが私の頭を打ち付けたのは、私が彼をけったからだ。」、とあることないことをでっち上げた情報をオフィサーは信じたようで、最後に、「In my interpritation, you are the aggressor. They are not mad at you at this moment. Just the they cannot come back home if your are there because they dont' wan't to be around you.」

もう、めちゃくちゃです。彼らが私に対してもう怒っていない、といっていますが、状況把握の前提が、私が彼らを怒らせるような問題を起こした事になっています。

帰る前に、病院の治療代を保険に提出するために、incident historyのコピーをもらって帰ってきました。

投稿日時 - 2007-03-28 11:50:26

ANo.2

我慢できないのなら、訴えるしかないでしょう。
幸い警察官が直後に来てくれているし、暴行のあとの診療記録も残っているので、勝訴する可能性もあります。

ただ、実際にこの件だけだったのかどうか、少し気になります。
あなたと、同居人の人たちの会話は、非常に噛み合っていないように思いますが、これまでの関係はどうだったのでしょうか?
あなたがその家に住むようになったのは、同居人の人たちより早かったのでしょうか遅かったのでしょうか?

明らかに人間関係として、うまくいってないように思うので、何か背景事情があるのではないかなと思うのです。
たとえば、あなたはワイヤレスルータをはずす際に、理詰めの説明を何度も求めているようですが、ふだんからこういう態度だったのではないでしょうか?
何事も白黒はっきりさせるというのは、学校などでは尊重されることですが、一般的な人間関係では「小うるさい」と思われることもあります。日本ほどではなくても、アメリカでもお互いに相手の気持ちを汲み取って、逃げ場のないようなことを言って問い詰めたりはしないようにする配慮はみんなしています。

もし人間関係が、このときまでは何の問題もなかったということなら、私の見当違いですので、ご容赦いただきたいのですが、どうしてこんなことになったのか、普段の彼らの自分への態度がどうだったのかも、冷静に考えてみていいように思うのですが。

もちろん、訴訟を起こすことは、こういう人間関係とは別のことなので、とにかく気が済まないということなら、訴えるといいでしょう。

投稿日時 - 2007-03-27 22:18:49

補足

ちょうど、今大家から置手紙があり、「今夜中に、新しい場所が決まったどうか、いつ出て行くのかを知らせてほしい。」ということが書いてありました。

なんだか、一方的なのですがこういうものなのでしょうか?この場合、私のみに出て行く義務があるのでしょうか?

投稿日時 - 2007-03-28 06:45:07

お礼

>幸い警察官が直後に来てくれているし、暴行のあとの診療記録も残っているので、勝訴する可能性もあります。

ということは、勝訴できる可能性はかなり低いということでしょうか?昨晩、警察からも言われましたがこの状況では、目撃者3人対私一人なのでたとえ裁判をしても私が付利だ、というようなことを言っていました。

私の認識といたしましては、加担者三人で私が被害者です。

>あなたと、同居人の人たちの会話は、非常に噛み合っていないように思いますが、これまでの関係はどうだったのでしょうか?

そうですね。特にとりわけ親しいわけでもなく、一緒にどこかにでかけるような仲ではありませんでした。この問題になったルータを設置した後あたりからどうも彼らはフラストレーションがたまりだしたような感じでした。

これは、リビングルームから聞こえる話声のトーンとかでなんとなくわかります。また、ルームメイトAが妙に親しげに接ってきはじめたのもこのルータを置いたころからで、事件が起こるまでに1週間ぐらいあります。

ルータを置いた直後は大家からも何も文句をいわれませんでしたが、ちょうどおとといから、ルームメイトBが、勝手に私のルータの電源をオフにしたりし始め、私は特にこちらからそのことについて、彼に話をすることはありませんでした。

ただ、最初に彼がルータの電源を抜いたとき、私がルータをチェックしに行くと、「回線がとぎれたからお前のルータをオフにした。」と言い、実際にルータをもう一度オンにして、彼のPCの接続を試してもらったところ何も問題はなく、しかし、「シグナルのアンテナが上下している。スピードが遅くなった。」といっていました。

私は、「ただそれだけでは、スピードが遅くなったことの検証になっていない。私のルータはスピードとは関係ない。」という旨を伝えました。


>あなたがその家に住むようになったのは、同居人の人たちより早かったのでしょうか遅かったのでしょうか?

同居人たちの方が早かったです。

>もちろん、訴訟を起こすことは、こういう人間関係とは別のことなので、とにかく気が済まないということなら、訴えるといいでしょう。

訴えることになると、時間と費用はどれくらいを見ておけばよいのでしょうか?

投稿日時 - 2007-03-28 06:42:36

ANo.1

そのような場合の対処は地元警察署がやってくれます。まず警察へ行き、状況を説明し、加害者を名指しすればいいのです。警察では別室で調書を取ってくれます。で、刑事さんはそれぞれの加害者に電話し、警察への出頭を求め、おのおの別の調書を取ります。その上であなたが彼らを告訴するかどうか、刑事さんと相談の上決めます。まだ弁護士は雇う段階ではないようですし、さし当たって刑事さんが対応してくれます。

ご存知の通りアメリカは法律のものすごく厳しいところですが、その分、特に感情的になることもありません。捜査は法律に則って粛々と行われます。

投稿日時 - 2007-03-27 22:09:20

お礼

問題がおこった時点で、警察が家に来て簡単な事情聴取をしていますが、それとは別に警察に赴く、ということでしょうか?その時は警察も他の三人に言いくるめられているような感じで、こちらの言うことをほとんど聞いてくれませんでした。

昨晩の出来事から、一睡して少し時間がたちましたが、よく状況整理して考え直してみたものの、やはり納得がいきません。

投稿日時 - 2007-03-28 06:20:26

あなたにオススメの質問