こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

飛び込み営業

みなさん、こんにちわ!!!
ばくは今週から飛び込み営業をしています。
なかなか難しいもので飛び込んでも会ってもらえない、話を聞いてもらえない事がほとんどです。
そこでみなさん、助けてください。
会ってもらうためにいい方法はありますか?
コツや何か興味を引くような言い回しなどあったら教えてほしいです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-04-04 22:07:21

QNo.2894616

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私は売り込まれる立場にいます。飛び込みがきますが、人により扱いが違うと思っています。

ここは、焦ってはいけません。
まず、相手の立場に立ちましょう。
面識のないあなたが、突然訪問するのです。
「面倒くさいなぁ」というのが本音です。
断わられて当たり前の気持ちでいてください。

運よく応接室に通され、あなたは感謝の気持ちと、相手の時間を考え、単刀直入に用件を切り出します。
同時になぜこの会社を訪問したのか? を、さりげなく訴えるのです。

飛び込み=売り込みです。
売り込む相手が魅力があるから飛び込むのです。
あなたは相手の会社のことを勉強していかなければなりません。
売り込む商品がその会社の何に役立つのか、ホームページが一番の情報源になります。
また、新製品のことや、新聞記事を良く読む事です。

それができれば、
「面白い奴だな。この商品は○○で使えるかもしれないな。一つ聞いてみよう」と気が変わる場合があります。

大切な事は、商品とともにあなたをアピールする事です。
1回では無理でも次回また訪問の約束を取ります。

投稿日時 - 2007-04-04 22:35:02

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

元・飛び込み営業です。
飛び込み以外にも、決まった営業先も持っていたのですが、
飛び込みは「だめでもともと」と割り切れるので、
営業先をサボって飛び込みしていたこともあります(笑)。

飛び込みで件数を稼ぐには、ご希望の回答ではないかと思いますが、「数打ちゃ当たる」です。
話も聞いて貰えない事が、本当に多いと思うので、「だめもと」と思えば、落ち込まずに済みます。
会って貰えたら、一般顧客への営業なら、難しい言葉は使わない。
言葉遣いは、タメぐち厳禁、語尾伸ばしや目下に見た言葉遣い厳禁。
相手が若そうでもお年寄りでも、常に「3~5才くらい上の先輩」をイメージして丁寧に目を見て話す。
目を見るときも、キツイ表情はNG。
業界ユーザー向けなら、しっかりした知識を持って話し、常に「下請けの立場」を忘れずに話をする。
そして、どちらにも大事な事は、こちらが話すよりは相手の話を聞く。聞き出す。尋ねて聞いていく。
相手が必要とするものを探り出してください。
時々、自分が逆の立場だったら?をシュミレーションして修正してみて下さい。

私は、ここまでは結構上手くできたのですが、
お客さんの必要なものと企業側が売りたい物、これは差が出ます。
ここを調整するのが下手で、お客に「押し売りだ!」と思われたり
上司に「売る気がないのか!」と叱られたりして、衝突ばかりでやめてしまったんですが・・・・。

ハードな仕事ですが、頑張って下さい。

投稿日時 - 2007-04-04 22:26:12

ANo.1

メリットを全面に出しましょう。慣れるまで大変でしょうけどがんばってください。飛びこみこそ営業の王道です。

投稿日時 - 2007-04-04 22:24:15

あなたにオススメの質問