こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

任意保険の更新について

6年前からトヨタのプリウスに乗り始め、ディーラーの奨める東京海上日動の任意保険(TAP)に加入しました。
それから毎年、ディーラーの奨めるまま保険を更新してきました。
4年前に一度追突事故で保険を使い、現在7F等級です。

一昨年に遠方に引越しまして、直接前のディーラーと話をすることが出来なくなりました。
そこで、地元のトヨタ店に車検などはしてもらったのですが、
昨年、保険の更新だけは前のディーラーにしてもらいました。
あと3カ月ほどで更新の時期なのですが、保険の内容をじっくりと見直したいと思っています。
そこで質問がいくつかあります。

1.代理店を通すことで保険にかかるコストは増しているのですか?

2.前のディーラーから今のディーラーに保険の代理店になってもらうのに費用はかかりますか?(どちらも同じトヨタ系列です)

3.代理店を通さず、直接ネットで東京海上日動との契約を更新することで、同じ更新内容でもコストを安くすることは可能ですか? 安くなるならどの程度安くなるのでしょうか。

4.代理店を通さず自分で更新した際、事故などがあれば、直接東京海上日動に電話することになると思うのですが(前に一度だけ事故した時はディーラーを通して連絡してもらってました)、不便なことはありますか?

以上です。ご回答いただければ幸いです。

投稿日時 - 2007-04-04 23:50:11

QNo.2894963

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

自動車保険に加入するときは保険会社より代理店選びの方がはるかに
重要ですよ。
一般の方はこのことに余り関心がなく、何処の保険会社が良いでしょうか
等の質問がよく見かけられます。
最大手の保険会社が一番良いなんて事もありません。
どこもそれほどの大差はありません。
あるのは代理店の差です。

単に知人・友人が代理店をしていたとか、車を購入したディーラー代理店
で加入したとか、最も悪いのは生保のおばちゃんに自動車保険もやっていますとか云われて、加入することです。

日本の代理店の8~9割はこういった手数料だけを稼ぐ副業代理店です。
代理店を経由する意味を考えて下さい。

損害保険は素人が扱えるような単純なものではありません。
複雑化した損害保険を扱えるのは熟練した経験豊かなプロ代理店です。
事故の時にも適切な助言もしてくれ、親身になって相談してもらえる
プロ代理店を選んで下さい。

アメリカではすべて保険はプロ代理店扱いで、日本のように顔だけで
小遣い稼ぎにやっているような副業代理店は存在しません。
かっては、アメリカでも副業代理店は存在しましたが、契約者からの
訴訟が相次ぎ、素人が手を出す職業ではないと皆手を引いたのです。

投稿日時 - 2007-04-05 09:05:13

お礼

プロ代理店ですか。
少なくとも今のディーラーを代理店にすることはやめようと思いますが、
プロの代理店というものがよくわからないので、東京海上日動に問い合わせてみます。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-06 22:41:46

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

皆さんから回答がありますので私は補足して回答します。

ネット契約でない限り、保険を「担当」する代理店は必要です。ですので「代理店を通さず自分で更新」はできないでしょう。
その代理店ですが保険専門のプロ代理店がベストです。でも簡単に見つけられないかも知れません。見つからなければご近所とかお知り合いなどで事故を経験された方に推薦してもらうのも一つの方法です。
どうしても見つからなければトヨタのディーラーがいいと思いますよ。保険会社でもディーラー担当部署があるくらいですからディーラーの保険取扱高はとても大きいのです。保険取扱高が大きいと多少の無理も効くかも知れません。

投稿日時 - 2007-04-06 18:34:52

お礼

参考になります。
とりあえずネット契約は今の保険会社は無理ですし、前回の事故の時は保険会社はよくしてくれたので、今のまま契約を続けたいと思っています。
保険会社に代理店について問い合わせてみた上で、プロ代理店があれば、
次回の契約更新時にそちらを通して契約いたします。
なければ、地元にトヨタを通すことにします。
アドバイス、ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-06 22:44:20

ANo.2

A1 代理店だからという理由でコストと表現できるものには、代理店手数料が上げられます。だからといってダイレクト系といわれるものよりも大きいのかというとそうではありません。そういった種類の商品はいわゆる広告宣伝費を大量に投入しています。どちらも契約者が負担する保険料の一部が充てられています。ダイレクト系が「安い」というのは別に理由があります。

A2 継続のタイミングであれば、特別な費用は発生しません。通常の更改時と同じです。等級もそのままです。ただ保険期間の途中で…というのであれば少々コストがかかったり契約者に不利に働くこともあります。

A3 A1と重複します。

あ4 特に不便なことはありません。事故処理についてはどこで契約しても保険会社の事故処理担当部署がそれに当たります。代理店は事故処理に関しては何の権限も与えられていません。立場的には一般の人と変わりありません。違うのはいろんな経験をつんで色ことや知識・ノウハウがあるといったことぐらいです。あとは質問者さんが代理店にないを望むのかというのとの兼ね合いになります。質問者さんが保険商品に対する知識、事故処理についての知識・ノウハウ、保険商品や保険会社をうまく使いこなすノウハウ等を持ち合わせているのなら、特に代理店経由でなくても不利益は無いでしょう。また逆にそういった点があまり充分でない代理店であれば、それはそちらの方が不利益なのかもしれません。代理店を使わないということは、その役割を自分の全責任において担うということです。

投稿日時 - 2007-04-05 06:45:50

お礼

ありがとうございます。
代理店が単に連絡役でしかないのに手数料がかかるのであれば、不必要だと考えました。
ただ、東京海上日動はネット契約が不可なので、継続のタイミングであれば、代理店の変更は可能のようなので、地元のディーラーに変更しようかと思います。

投稿日時 - 2007-04-06 22:38:48

ANo.1

まずはじめに個人的な主観で書きますので、気を悪くされる方がいましたらすみません。

代理店というのは保険を売って、手数料で収入をあげていますので、厳密のいうと代理店を通すことでコストはかかります。
しかし、これはお客様が負担するという考え方ではなくて、代理店の販売実績に基づいて、保険会社が代理店に販売手数料を支払うという形ですので、直接お客様がコストの負担をしているわけではありません。
もちろん、お客様から頂いた保険料を元に運用益を代理店に分配しているので、そういう意味ではお客様に負担をしてもらっているということになりますが。。。

ですから、代理店が変わったからといって、特別費用がかかるわけではありませんし、コストが増すわけではありません。

ネットで契約をすれば、インターネット割引というのが数千円適用されるかもしれません。これは保険会社によって違うと思います。

問題となるのは代理店がしっかりと役割を果たしているのかということです。
保険の商品知識をしっかりもって、お客様に接しているのかどうか?
いざ事故があったときに保険会社に任せきりにならないで、お客様と直接事故対応しているのかどうか?

正直なところ、ディーラーは車を売るのが本職ですから、保険のことについては知識も浅く、対応もいまいちだと思います。
何かあったときに親身に対応してくれるような感じでなければ、ネットでの契約でとくに不都合はないと思います。
そのかわり、ネットでの契約は自分である程度保険の知識がないと、いざというときに、こんなはずではなかった。。。なんてこともあります。

投稿日時 - 2007-04-05 00:54:03

補足

お礼を書いた後、東京海上のサイトを見てみたのですが、
ここはネットでの申し込みは取り扱っていないようです。
必ず代理店を通しての契約になりますので、
質問の3は取り下げます。
とりあえず、保険会社を変える予定はありません。

投稿日時 - 2007-04-05 01:36:22

お礼

ありがとうございます。
前に一度だけ事故を起こした時は、ディーラーは保険会社に連絡してくれただけでした。
保険に関しても、特に大した説明はなく、額などもこちらが決めました。

ディーラーの方自身は特に嫌いというわけではないのですが、
保険に関しては、商品説明はほとんどありませんでした。
今の代理店が保険会社に連絡を取るだけしかしないのであれば、自分で更新しようかと思います。

投稿日時 - 2007-04-05 01:14:46

あなたにオススメの質問