こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

この事故での過失割合は?

1週間前に私→バイク、相手→軽自動車で正面衝突の事故を起こしてしまいました。
事故時の状況ですが、
道幅が車1台分しかない道路で先の見通しが全くきかないカーブにさしかかり、
カーブの半分くらいの所で前方から軽自動車が来ているのが見え、
ブレーキをかけたけど間に合わずそのまま正面衝突してしまいました。
私はバイクから放り出され、腰と右ひざの打撲及び頚椎捻挫の怪我を負いました(人身事故扱いで届け出済み。相手に怪我はありません)
警察の方も今回の事故はお互いが気をつけていれば防げた事故なのでお互いに非があると言われ、
私もそうだと思い、おそらく50:50くらいの過失割合になるだろうと思って後の対応は保険屋さんに全て任せました。
ところが昨日私の方の保険屋さんから電話があり、
相手が保険屋に直接電話をしてきて過失0を主張してきたというのです。
相手の言い分は自分はカーブの手前で停止していたところに突っ込まれたので自分には非がない、と言うのです。
実際にはぶつかる瞬間まで相手の車が動いていたのは間違いありません。
現場には相手の車のブレーキ痕もありました(警察も確認してます)
それにもし本当に停まっている所に突っ込めばバイクは車のすぐ前に倒れるはずですが、
実際には衝突した地点より2~3メートル後方に跳ね飛ばされていました(これも警察が確認してます)
明らかに走っていたのに停まっていたと主張する相手に対してどうすれば過失を認めさせることができるでしょう?
当方の保険屋も対応を協議中みたいなんですが、おそらく時間がかかると言っていました。
私としてはあくまでも過失0を主張するなら裁判も辞さない覚悟です。
どうかアドバイスをお願いいたします。

投稿日時 - 2007-04-05 07:06:17

QNo.2895452

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>私としてはあくまでも過失0を主張するなら裁判も辞さない覚悟です。
そんなに心配することでもないと思います。直前停止は止まったうちには入りません。勿論100:0なんて考えられません。
相手の保険屋も契約者を説得する努力をすると思います。この点は保険屋に任せておけば良いでしょう。
過失相殺適用は、たちまち物損についてですね。
人身部分については、自賠責120万までは過失相殺関係なく100%補償されます。
治療が長引くようであれば、始めから、治療は必ず健保でかかり治療費を安く抑えることです。治療費を安く抑えればその分他の補償枠を有効に使え、また120万ないに収まる効果もあります。
人身傷害加入があればいづれにしても100%補償されます。
加入保険屋と相談されながら、対応すれば多少長引く懸念はありますが、良い方向に行くと思いますよ。

裁判うんぬんは早計です。今後の推移をしばらくは見守る態度で良いと思いますね。

投稿日時 - 2007-04-05 09:35:40

お礼

ありがとうございます。
当方の保険屋さんも相手方の保険屋さんも過失割合は100:0ということは絶対にないので、
ある程度双方が納得できるような線で話を進めようとしていたみたいですが、
相手方が双方の保険屋の話を全く聞き入れず、
保険屋が払わなければ直接私の家までお金を請求に来ると言っているらしいです。
とりあえず弁護士を立てることになるので大丈夫だとは思いますが、
かなり長引きそうな感じです。
私としては保険屋さんに全てを任せて経過を見守っています。

投稿日時 - 2007-04-07 10:37:31

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

今回の事故は人身事故ですので慌てることはありません。
相手方は刑事処分として地方検察庁に送検されます。
もちろん不起訴処分とされる可能性が十分にあります。
しかし、ここまで行けば貴方は刑事記録を手に入れることが出来ます。
まず、担当警察署に行き、送致番号と送致年月日を確認します。
担当地方検察庁に出向き、上記番号と年月日を伝え、刑事記録の閲覧を申し込みます。
不起訴処分であれば実況見分調書を、起訴されて確定していれば実況見分調書、供述調書等を入手できます。
この刑事記録で過失割合を判定します。
相手の動きは実況見分調書を見れば解ります。
裁判も辞さない覚悟であれば、暫くは言いたい事を言わせておきましょう。
貴方の主張が事実と認定されれば、加害者としての不誠実な対応として増額を請求して下さい。
理由として、嘘の証言を保険会社にした為、事実を突き止める為に大変な苦労を要した、精神的に追い詰められた等理由は幾らでもあります。
頑張ってください。

投稿日時 - 2007-04-05 08:56:40

お礼

ありがとうございます。
なるほど、検察庁で実況見分調書を入手することができるのですね。
下の方のお礼にも書きましたが、
当方の保険屋さんが弁護士を立てると言ってきたので、
おそらくこの刑事記録を入手して話を進めると思います。
とにかくデタラメな事ばかり言っているので、
慰謝料の増額は当然請求するつもりです。

投稿日時 - 2007-04-07 10:31:37

裁判をするほどの御つもりなら弁護士さんと、
相談された方が早いと思います「弁護士会など」
こういった事故に過失が0なんて無いと思います。
相手は現場検証でもカーブの手前で停車していたて言っているんですか?
事故現場はカーブの半分いったところでしょう、
そこで停車していたて言っているんだったら
相手は自分で違反を認めているんではないですか。「カーブでは駐停車禁止では」
示談は焦らず、冷静に時間を掛ければよいのでは。
ユックリと怪我の治療を時間を掛けてしましょう「半年、一年、二年でも」

投稿日時 - 2007-04-05 07:43:20

お礼

ありがとうございます。
今回の事故は相手が悪かったようで、
もう滅茶苦茶にデタラメな事を言ってごねているので、
当方の保険屋さんが弁護士をたてると言っていました。
私自身は怪我の治療に専念したいと思います。

投稿日時 - 2007-04-07 10:27:41

ANo.1

違う内容の事故ですが、私(バイク)対相手(車)の右直事故を経験しています。私が直進です。事故の内容によってこのパターンは何対何と言うのができているそうで、私の場合は2:8(私が2)と言われました。ところが相手が4:6(私が4)を主張してきて同じように協議となりましたが、相手の保険屋さんもこちらの言い分を理解してくれていました。理解と言うよりもパターンで決まっているので、とにかく自分の客を納得させなければならないので時間をくれと言ってきました。結局1年位掛かりましたが2:8で決着がつきました。
裁判ともなると何かと大変です。相手の保険屋さんがどう言っているのかをまず確認して、こちらの言い分と同じであればしばらく任せた方がよいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-04-05 07:28:39

お礼

アドバイスありがとうございます。
保険屋さんに聞くと、今回の過失割合は当方がバイクのため6:4で相手側に過失が多いと言っていました。
とりあえず全て保険屋さんにお任せしていますが、
解決までにはかなり長引きそうです。

投稿日時 - 2007-04-07 10:24:54

あなたにオススメの質問